「人財教育」とは

人材教育の必要性はいつの時代も疑いの余地がありません。 人的資源は、経営理念-経営戦略-人事戦略という上位事項からのブレークダウンで管理され、人材採用、人材育成、人材活用、人材評価・処遇という4要素の中で、バランスとタイミング良く効果的に計画し、実施します。 企業内の教育形態はOJT、Off-JTと自己啓発に分類され、それぞれの特徴を活かし、一人一人の能力を高めることで企業の財産となります。


「人財教育」のキーワード解説記事

もっと見る
なぜ品質か~元品質嫌いが語る4つの学習転機~

   今でこそ私は品質を軸としたあらゆる産業現場の改善・改革活動を支援しているわけですが、前回の記事で、元“品質嫌い”だった時の...

   今でこそ私は品質を軸としたあらゆる産業現場の改善・改革活動を支援しているわけですが、前回の記事で、元“品質嫌い”だった時の...


普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その81) 内発的動機付け

 エドワード・デシの4段階理論に基づき、外発的動機付けから内発的動機付けを誘引する4つの段階を解説しています。今回は、その80の続きです。 1、最初...

 エドワード・デシの4段階理論に基づき、外発的動機付けから内発的動機付けを誘引する4つの段階を解説しています。今回は、その80の続きです。 1、最初...


製造業の現場の業務効率化のために~ECRSの原則~

 2020年4月、いよいよ中小企業にも「働き方改革関連法案」が適用されました。限られたリソースで今と同じ、あるいは今以上の成果を出していくため、業務効...

 2020年4月、いよいよ中小企業にも「働き方改革関連法案」が適用されました。限られたリソースで今と同じ、あるいは今以上の成果を出していくため、業務効...


「人財教育」の活用事例

もっと見る
SDGs事例 ~ SDGs理念の下、企業と住民が地域課題解決に向け連携

    最近ニュースやラジオなどで耳にする機会が増えた「SDGs」。SDGs(Sustainable Development ...

    最近ニュースやラジオなどで耳にする機会が増えた「SDGs」。SDGs(Sustainable Development ...


コンプライアンス意識を持とう:職場のマネジメント

  ◆ 物流監督者の心掛け  今回は、物流監督者が職場をマネジメントする際に取るべき態度や行動についてお話します。なぜなら、その態度や行...

  ◆ 物流監督者の心掛け  今回は、物流監督者が職場をマネジメントする際に取るべき態度や行動についてお話します。なぜなら、その態度や行...


リーダーに必要な素養:マネジメント能力とは

 【目次】 ◆ マネジメントと問い合わせ対応は異なります  1、問い合わせの事例  2、オペレーションの一部になっているのはマネジメントではない...

 【目次】 ◆ マネジメントと問い合わせ対応は異なります  1、問い合わせの事例  2、オペレーションの一部になっているのはマネジメントではない...