「人財教育」とは

人材教育の必要性はいつの時代も疑いの余地がありません。 人的資源は、経営理念-経営戦略-人事戦略という上位事項からのブレークダウンで管理され、人材採用、人材育成、人材活用、人材評価・処遇という4要素の中で、バランスとタイミング良く効果的に計画し、実施します。 企業内の教育形態はOJT、Off-JTと自己啓発に分類され、それぞれの特徴を活かし、一人一人の能力を高めることで企業の財産となります。


「人財教育」のキーワード解説記事

もっと見る
社長と社員のコミュニケーション術(その4)性格・気質の違い

 前回の社長と社員のコミュニケーション術(その3)では、 ビジネスに対する価値観の違いを解説しました。今回のその4では、性格・気質の違いを解説します。心理学で…

 前回の社長と社員のコミュニケーション術(その3)では、 ビジネスに対する価値観の違いを解説しました。今回のその4では、性格・気質の違いを解説します。心理学で…


教育研修の進め方(その1)教育制度を見直す必要

 効果的な人材育成をしようと思うのであれば、長期的な視点で計画的に教育をしなければなりません。そこで重要になってくるのがいわゆる“教育体系&rdq…

 効果的な人材育成をしようと思うのであれば、長期的な視点で計画的に教育をしなければなりません。そこで重要になってくるのがいわゆる“教育体系&rdq…


技術系ビジネスリーダーの養成 (その1)

 製造業は技術ベースのビジネスを行っており、その技術を深く理解する技術者が製品開発・事業開発において中心的な役割を担う場面は多い。既存事業の技術開発課題への対…

 製造業は技術ベースのビジネスを行っており、その技術を深く理解する技術者が製品開発・事業開発において中心的な役割を担う場面は多い。既存事業の技術開発課題への対…

「人財教育」の活用事例

もっと見る
技術系以外の分野は、どう学べば良いか

      今回は、すそ野が広い技術系以外の分野をどう系統づけて学べば良いのかを解説します。     私は、技術士(情報工学部…

      今回は、すそ野が広い技術系以外の分野をどう系統づけて学べば良いのかを解説します。     私は、技術士(情報工学部…


技術系リーダーとして身に付けておくべきスキルとは

        企業の成長のためには、従来の事業の延長線上に留まることなく、積極的に新製品や新規事業の創出、また新市場へ進出することが求められます。その…

        企業の成長のためには、従来の事業の延長線上に留まることなく、積極的に新製品や新規事業の創出、また新市場へ進出することが求められます。その…


擦り合わせ型開発 基本の仕組み (その2)「気づき」の仕組み

1. 気づきとは  今回は、擦り合わせ型開発に必要なもう一つの仕組みである「気づき」について解説したいと思います。前回、技術者自らが現場で起きている…

1. 気づきとは  今回は、擦り合わせ型開発に必要なもう一つの仕組みである「気づき」について解説したいと思います。前回、技術者自らが現場で起きている…