「人財教育」とは

人材教育の必要性はいつの時代も疑いの余地がありません。 人的資源は、経営理念-経営戦略-人事戦略という上位事項からのブレークダウンで管理され、人材採用、人材育成、人材活用、人材評価・処遇という4要素の中で、バランスとタイミング良く効果的に計画し、実施します。 企業内の教育形態はOJT、Off-JTと自己啓発に分類され、それぞれの特徴を活かし、一人一人の能力を高めることで企業の財産となります。


「人財教育」のキーワード解説記事

もっと見る
社長と社員のコミュニケーション術(その4)性格・気質の違い

 前回の社長と社員のコミュニケーション術(その3)では、 ビジネスに対する価値観の違いを解説しました。今回のその4では、性格・気質の違いを解説します。心理学で…

 前回の社長と社員のコミュニケーション術(その3)では、 ビジネスに対する価値観の違いを解説しました。今回のその4では、性格・気質の違いを解説します。心理学で…


教育研修の進め方(その1)教育制度を見直す必要

 効果的な人材育成をしようと思うのであれば、長期的な視点で計画的に教育をしなければなりません。そこで重要になってくるのがいわゆる“教育体系&rdq…

 効果的な人材育成をしようと思うのであれば、長期的な視点で計画的に教育をしなければなりません。そこで重要になってくるのがいわゆる“教育体系&rdq…


技術系ビジネスリーダーの養成 (その1)

 製造業は技術ベースのビジネスを行っており、その技術を深く理解する技術者が製品開発・事業開発において中心的な役割を担う場面は多い。既存事業の技術開発課題への対…

 製造業は技術ベースのビジネスを行っており、その技術を深く理解する技術者が製品開発・事業開発において中心的な役割を担う場面は多い。既存事業の技術開発課題への対…

「人財教育」の活用事例

もっと見る
伝えることの難しさ

1. 自分では当たり前でも、相手にとっては当たり前ではないことだらけ  人前で話をする機会が増えましたが、その都度、話すこと、伝えることの難しさを感じま…

1. 自分では当たり前でも、相手にとっては当たり前ではないことだらけ  人前で話をする機会が増えましたが、その都度、話すこと、伝えることの難しさを感じま…


伸びる金型メーカーの秘訣 (その20)人材の課題

 今回、取り上げる金型メーカーは、I 精機株式会社です。同社は、高い職人技術で、金型製作から試作板金、部品加工まで幅広く手がけてきましたが、今後はその職人技術…

 今回、取り上げる金型メーカーは、I 精機株式会社です。同社は、高い職人技術で、金型製作から試作板金、部品加工まで幅広く手がけてきましたが、今後はその職人技術…


『わかりにくい案内図』から学ぶこと

1. 案内図の表示が上下逆さま  弊社は埼玉県所沢市にあります。昨年の夏頃、所沢駅西口の駅前の交差点に写真①のような案内板が設置されました。この案内は「…

1. 案内図の表示が上下逆さま  弊社は埼玉県所沢市にあります。昨年の夏頃、所沢駅西口の駅前の交差点に写真①のような案内板が設置されました。この案内は「…