「QC7つ道具」とは

QC7つ道具とは、数あるものづくり技法の中でもまず思い浮かびます。 '50年代から活発化したQC活動の流れの中で、誰でもやさしく理解できるツールを体系化するために、弁慶の7つ道具になぞらえて'60年代末頃からQC7つ道具と呼ばれるようになりました。 パレート図、特性要因図、グラフ、チェックシート、ヒストグラム、散布図、管理図の7つです。グラフの代わりに層別が入ることもあります。 


「QC7つ道具」のキーワード解説記事

もっと見る
QC7つ道具を効果的に使うコツとは

 “QC7つ道具”は、かつてQCサークル活動とともに日本全国に普及し、日本のものづくりを支えてきました。普及元である日科技連のホーム頁には “QC手法の内...

 “QC7つ道具”は、かつてQCサークル活動とともに日本全国に普及し、日本のものづくりを支えてきました。普及元である日科技連のホーム頁には “QC手法の内...


IPI法・・・マクロの目とミクロの目で革新を実現

 IPIとは、Integrated Process Innovation(統合型プロセス革新法)の頭文字であり、筆者が海外と国内で長年に亘ってものづくりの...

 IPIとは、Integrated Process Innovation(統合型プロセス革新法)の頭文字であり、筆者が海外と国内で長年に亘ってものづくりの...


カイゼンとイノベーション

 IPIはIntegrated Process Innovationインテグレイテッド・プロセス・イノベーションとして筆者が海外と国内で長年に亘ってものづ...

 IPIはIntegrated Process Innovationインテグレイテッド・プロセス・イノベーションとして筆者が海外と国内で長年に亘ってものづ...


「QC7つ道具」の活用事例

もっと見る
経営戦略をやさしく実践し、成果をあげる

 カイゼンもイノベーションも会社経営に必要なものですがより重要なのは経営戦略です。戦略というとカッコいいので‘○○戦略’“◎◎戦略”とよく言いますが、皆さ...

 カイゼンもイノベーションも会社経営に必要なものですがより重要なのは経営戦略です。戦略というとカッコいいので‘○○戦略’“◎◎戦略”とよく言いますが、皆さ...