ホーム > 書評トップ > 「実践SQC虎の巻」日本規格協会名古屋QC教育研究会編

書評

「実践SQC虎の巻」日本規格協会名古屋QC教育研究会編

「実践SQC虎の巻」日本規格協会名古屋QC教育研究会編
投稿日 2013/04/03

名古屋地区は輸送機器大手が軒を連ねている事もあり、以前よりSQC
(統計的品質管理)が盛んなところです。日本規格協会名古屋QC教育
研究会が編集した本書も、自動車関連企業の執筆陣が並んでいます。
SQCの教育は、ややもすると統計的な意味や機械的な適用法に終わって
しまいがちで、それでは本当の解決につながらない事も多いものです。
本書では50件もの例題の解説に比重を置き、ヒストグラム、管理図から
多変量解析まで、実践データに基づいて解説してくれます。
第1章のビギナー編でも、統計式がばんばん出てきますので、基礎的な教育
を一通り受けた中級者向けと言えそうです。