「SQC」とは

SQCとは、QC七つ道具、実験計画法、回帰分析、多変量解析などの統計的方法や抜取検査、サンプリングなどです。 戦後の日本製造業を強くしたのは、デミング博士がこれらを持ち込み、教育指導したためです。経験や勘に頼るのではなく、事実とデータに基づいた管理を重視する点が特徴です。


「SQC」のキーワード解説記事

もっと見る
品質管理の第一歩 、ばらつきを意識する

 今回は、『 ばらつきを意識する事が品質管理の第一歩 』と言うことの解説です。同一条件で同一手順を繰り返しているつもりでも、同じ結果が再現しない事は良くあるこ…

 今回は、『 ばらつきを意識する事が品質管理の第一歩 』と言うことの解説です。同一条件で同一手順を繰り返しているつもりでも、同じ結果が再現しない事は良くあるこ…


ベイズ統計論

◆ ベイズ統計論 ( 降水確率70%の意味 )  欧米諸国と違いバケーションという考えが浸透して無い日本は正月、GW、お盆が長期休暇が取れるチャンスですが、…

◆ ベイズ統計論 ( 降水確率70%の意味 )  欧米諸国と違いバケーションという考えが浸透して無い日本は正月、GW、お盆が長期休暇が取れるチャンスですが、…


層別比較に便利なグラフ

 層別比較に便利なツールとしては、『箱ひげ図』があります。箱ひげ図は少数データの扱いも容易で作成も簡便なので便利ですが、分布の中心が中央値で、分布の幅がパーセ…

 層別比較に便利なツールとしては、『箱ひげ図』があります。箱ひげ図は少数データの扱いも容易で作成も簡便なので便利ですが、分布の中心が中央値で、分布の幅がパーセ…

「SQC」の活用事例

もっと見る
ビックデータ時代と米国大統領戦

 ビックデータ時代を考える事例として、今回の第45代米国大統領選挙を見てみます。第45代の米国大統領に、ドナルド・トランプ氏が決まりましたが、トランプ氏当選は…

 ビックデータ時代を考える事例として、今回の第45代米国大統領選挙を見てみます。第45代の米国大統領に、ドナルド・トランプ氏が決まりましたが、トランプ氏当選は…


信頼できる結果を得るために統計的手法の活用を

昔の事になりますが、配属された職場の先輩の下である実験を手伝いました。先輩は図1のような計画をたてました。2つの量的因子A、Bの効果を確認する実験でした。 …

昔の事になりますが、配属された職場の先輩の下である実験を手伝いました。先輩は図1のような計画をたてました。2つの量的因子A、Bの効果を確認する実験でした。 …


DPMOとは何か

 DPMOとはDefects Per Million Opportunityのイニシャルを取ったものです。DPMOを百万個当りの欠陥数(製品百万個当りの不適合…

 DPMOとはDefects Per Million Opportunityのイニシャルを取ったものです。DPMOを百万個当りの欠陥数(製品百万個当りの不適合…