ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > ギリギリまで作らない、運ばない、仕入れない (その1)

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


ギリギリまで作らない、運ばない、仕入れない (その1)

1.高度成長期は商品力で競争していた

 私は1954年生まれの61歳。高度成長から中成長への切替わり時に社会人になりました。私の先輩は高度成長期を経験し、私の20年後輩は低成長しか経験していません。高度成長期はつくれば売れた時代です。あるいはつくっても、いつかは売れた時代でした。特に商品力(性能、デザイン、価格、斬新さなど)があれば、売れていました。だからものづくり(サプライヤー)企業は多品種を準備していました。
 
 バイヤー企業も品揃えを増やす事で、顧客を呼び込み品揃えの中から選択してもらう事業構造です。この時代はつくって売る時代、メーカーから販売までの流れを示したのが図1です。私はこれをSCM鳥瞰図と言います。(図で見ると左から右に押し出す流れです)
 
     
SCM
図1.SCM鳥瞰図 
 

2.バブルがはじけて低成長、まさか高度成長期の構造のままではないですよね?

 今は経済が低成長ですが、口コミなどで売れ始めると2倍、3倍どころか2乗、3乗の売上になる事もあります。この時に欠品するとネガテイブなレビューされネットからは忘れられます。そして数カ月もしないうちに類似商品が出てきて、いつもの価格競争です。
 
 ネット時代は個別化要求時代で、多様化のように商品を並べても選択するよりは、自分だけのオーダーメイドを要求します。消費者と「ものづくり企業」が直接会話(そうは言ってもネット上ですが)して、「つくる、運ぶ、仕入れる」の構造です。
 
 この個別化の要求に対応した商品に、人気が出ると爆発することもあります。一般の商品も高度成長時の押し出すスタイル(Push)から、ひきつけるスタイル(Pull)へと構造が変わってきています。ものづくり企業は消費者の要求に合わせて企画し、売れ行きの兆候に合わせてつくり始めます。もちろんその前に素材や部品が必要になりますので、消費者の売れ行き兆候をみて行動を起こします。これが今の時代のつくり方です。
 
 運び方も一緒です。運べと言う受発注があって運ぶのではなく、欠品の前に運べばよいのです。仕入れも一緒です。在庫が少なくなったので仕入れるのではなく、商品販売の事前の兆候が見れるので、欠品になる前に仕入れれば良いのです。これを私は「ぎりぎりまでつくらない、運ばない、仕入れない」と言っています。
 
 SCMはサプライチェーンマネジメントですが、行動基準が良く分からないので、「ぎりぎりまでつくらない、運ばない、仕入れない」を行動基準とするように提言しています。図2のような、Pull スタイルの場合は、消費者の購買兆候を見ながら、つくる人、運ぶ人、仕入れる人が一斉に行動を起こします。もちろんそのタイミングはそれぞれ違うと思います。
 
  
SCM
図2.Pullスタイル
 

3.高度成長期は指示があってアクション(つくる、運ぶ、仕入れる)を起こす。

 経済が低成長でネット社会の今は、販売の兆候を見て、つくる人、運ぶ人、仕入れる人が一斉にアクションを起こす。サプライチェーン同士の競争の幕開けです。商品力だけでは事業に勝てない、サプライチェーンが競争差別化の大きな要素になってきました。私はこのチェーンの差別化を決める要素が次の4つだと見ています。
 
(1)チェーンの強さ(供給対応力、多くても少なくても供給する)
(2)チェーンの速さ(新商品の供給、情報伝達の速さ)
(3)チェーンの安さ(関連する企業数が少ない事)
(4)チェーンの鮮度(在庫の少なさ、捕獲してから供給まで)
 
 図3のように、1つのサプライチェーンにはメインのプレイヤー(指示、モニタリング、判定)が一般的には3人です。しかしその下にはアクション(つくる、運ぶ、仕入れる)をする人(企業)が数千、数万います。もしこのうちの1か所でチェーンが切れたらその場で終わりです。戦う土俵にもあげてもらえません。レッドカード、退場です。チェーンが切れた企業は代わりの企業と交代です、そうしなければチェーンそのものの存続が難しくなります。
 
 
scm
図3.サプライチェーン
 
 これが今の戦いです。仮にチェーンが切れるまで行かなくても、チェーンが弱ければ(上記の4項目が劣るという意味)徐々に衰退する事になるでしょう。今は消費者が同じ商品でも、一部このように変更したいなどの要求に対して対応できる店舗(サイト)で購入し、どこで受け取るのか、支払いはどうするのか、消費者が決めます。チェーンはそれに合わせて行動しなければなりません。
 
 このような行動が昔の行動成長の時の事業構造だったり、業務処理プロセスだと生き残れないでしょうし、チェーンの仲間にも入れてもらえなくなるでしょう。私はこれらの「ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない」の具体的判断と行動を連載して解説します。次回は、その2です。
 

サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「細木  和茂 」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(ほそき かずしげ ) / 専門家A / 株式会社BBF(Business Brain For U)

SCM時代は、私のモットー「ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない ものづくり」を推進する事で儲けさせます、成長させます。
成長している企業には攻めのSCMをつくります。ネット事業のように急激な変化も対応できる体制をつくります。赤字事業や赤字企業の立て直しは工場、センターを集約します。 30年近く経営コンサルティングをしています。ご支援した企業は日本・韓国を合わせて200社を超えます。ご支援したテーマはすべて物流・ロ… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら