CS経営とは 【連載記事紹介】

 
  技術マネジメント

CS経営の連載が無料でお読みいただけます!

 

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

◆「コストダウン」がもたらす惨事

商品・サービスのコモディティ化によって引き起こされるのは、主として「低価格化」という問題です。顧客が各社の製品・サービスを比較した際「いずれも大差ない」と感じたならば「大幅に安い」ということが購入の唯一の動機になります。つまり、企業は、安易に値段を下げざるを得ない状況に陥るのです。

そして、1社が値段を下げると、他社もすぐに追随し、熾烈な値引き合戦が展開されることになります。この場合、勝敗は明らかで、資金力が豊富な企業が最後に残るという筋書きになるのです。

さらには、その値引き合戦の過程で、さまざまなコストダウンが断行され、本来、削ってはならない投資、すなわち「人材育成」「ソフト開発」「安全性」などもコストダウンの対象となつてしまうのです。これがボクシングでいうところのボディブローとなり、じわじわと企業の業績にマイナスの影響を与え続け、顧客を失う。その結果、次に挙げるような企業の思惑とは異なる「悪魔のサイクル」が回り始めることになります。

(1) コストを下げて、品質の低下を招く
(2) スピードアップを図って、物事を雑に処理する
(3) 効率化を図り、付加価値を喪失する

反対に、次に掲げる顧客の要求を満たす努力をした企業は、顧客の支持を受け、好業績を手にすることになります。

(1) コストを下げて、品質を向上させる
(2) スピードアップを図り、なおかつ、物事にきめ細かく対応する
(3) 効率化を図り、高付加価値を創造する

これこそが、好業績企業が有する「女神のサイクル」のノウハウです。そもそもノウハウとは、「公開しても簡単に真似ができないモノ・コト」であり「ノウハウだから公開できない」というのは嘘で、簡単に真似できるような要素をノウハウといってしまう例が多いように思います。

CS経営の神髄について、武田 哲男 著 『なぜ、あの企業の「顧客満足」は、すごいのか(PHP研究所発行)』から筆者自らが連載で解説しています。

 

【CS経営とは 全75回の連載記事から注目記事】

 

 

 

【関連の解説記事】

◆顧客の声から顧客の価値へ 【連載紹介】

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

 


「サービスマネジメント一般」の他のキーワード解説記事

もっと見る
顧客の声から顧客の価値へ(その1) ボイス・オブ・カスタマー

【顧客の声から顧客の価値へ、連載記事へのリンク】  ボイス・オブ・カスタマー  目的やゴールを達成するためのプロセス &nb...

【顧客の声から顧客の価値へ、連載記事へのリンク】  ボイス・オブ・カスタマー  目的やゴールを達成するためのプロセス &nb...


CS経営(その28)高付加価値サービスの創造とは

◆なぜ、あの企業の「顧客満足」はすごいのか       2. 企業の垣根を越えた「付加価値創造」: 穴吹興産株式会社グループ企業 (3)...

◆なぜ、あの企業の「顧客満足」はすごいのか       2. 企業の垣根を越えた「付加価値創造」: 穴吹興産株式会社グループ企業 (3)...


CS経営(その72) プロジェクトリーダーの心得とは

       ◆プロジェクトリーダーの心得:革新と融合、全ては顧客満足のために 2. リーダーは顧客満足、おもてなしの体現者たれ (1)...

       ◆プロジェクトリーダーの心得:革新と融合、全ては顧客満足のために 2. リーダーは顧客満足、おもてなしの体現者たれ (1)...


「サービスマネジメント一般」の活用事例

もっと見る
お客様の満足を得る(その1) 顧客満足度ゼロとは

◆ 物流の顧客満足度を知る  物流はあらゆる経済活動と関わりさまざまなお客様に貢献しています。では関係するお客様に対して満足のいく物流サービスを提供...

◆ 物流の顧客満足度を知る  物流はあらゆる経済活動と関わりさまざまなお客様に貢献しています。では関係するお客様に対して満足のいく物流サービスを提供...


お客様の満足を得る(その2) 当たり前だけでは顧客満足は得られない

◆ 物流の顧客満足度を知る  物流の顧客満足の観点では一般消費者からは幸か不幸かそれほどの期待値を抱かれているとはいえないのではないでしょうか。何故...

◆ 物流の顧客満足度を知る  物流の顧客満足の観点では一般消費者からは幸か不幸かそれほどの期待値を抱かれているとはいえないのではないでしょうか。何故...