水素エネルギー社会 【連載記事紹介】 

QC

 

水素エネルギー社会の連載記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

◆燃料電池自動車:FCVの高圧水素タンク

東レが炭素繊維(CF)の生産割合を航空機用途から燃料電池自動車:FCVの高圧水素タンク用へ変える計画のようです。

 

ボーイング787は機体の大半がCFRPであり、主要部位を三菱重工、川崎重工、スバル等の日本のメーカーが製造しています。当然、東レの炭素繊維も大量に使われてきたところです。しかし2020年は、新型コロナウイルス蔓延(まんえん)の影響で航空機需要が大幅に落ち込み、東レにとって大打撃かと思っていた矢先、FCVの高圧水素タンク用へのシフトの発表がありました。

 

トヨタは、FCVの新型MIRAIのための高圧水素タンク製造工場を同社の下山工場に設置しました。下山工場はエンジン工場でしたが、その工場をスクラップして、FCV車用のタンク工場を造ったわけです。東レのFCV高圧水素タンク用へのシフトの決断はごく当然のことでしょう。

 

下記の連載では、水素エネルギー社会が何かを具体的に解説しています。

 

◆水素エネルギー社会 連載記事一覧

水素エネルギー社会は、ものづくりドットコム 登録専門家の高原 忠良氏が長年の実践と検証から構築した連載解説記事です。

 

1. 燃料電池自動車開発

2. 船舶の次世代エネルギー源

3. 燃料電池自動車開発競争

4. 東レ ~ FCV用CF増産、航空機からシフト

5. 炭素繊維の地域ごとにおける消費用途の差

6. 水素協議会

7. JR東日本、水素燃料車両の開発・試験

8. ドイツの燃料電池鉄道車両とは

9. 低炭素社会とは

10. 水素の安全性 1

11. 水素の安全性 2

12. 水素社会への潮流

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 


「環境マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
海流発電とは

  日本は海に囲まれて近海を黒潮が流れ、海峡では潮の干満で海流が出入りします。この地理的条件から海流発電の実用化は早いのではないかと考えら...

  日本は海に囲まれて近海を黒潮が流れ、海峡では潮の干満で海流が出入りします。この地理的条件から海流発電の実用化は早いのではないかと考えら...


波力発電とは

  海には発電に利用できる海洋エネルギーが存在していますが、風によって引き起こされる波浪を利用する発電方法の波力発電は、現在開発途上にあり...

  海には発電に利用できる海洋エネルギーが存在していますが、風によって引き起こされる波浪を利用する発電方法の波力発電は、現在開発途上にあり...


地熱発電とは

  火山列島と呼ばれる日本には、地下深部に膨大なマグマのエネルギーが眠っています。地熱発電はこのエネルギーを蒸気という形で利用するもので、...

  火山列島と呼ばれる日本には、地下深部に膨大なマグマのエネルギーが眠っています。地熱発電はこのエネルギーを蒸気という形で利用するもので、...


「環境マネジメント」の活用事例

もっと見る
COP21 パリ協定: 新環境経営 (その44)

   新環境経営への取組みについての話題を提供するに当たり、経済成長に邁進してきた中で発生した公害の歴史、CSRの取組の変遷、環境マネジメントシステム、...

   新環境経営への取組みについての話題を提供するに当たり、経済成長に邁進してきた中で発生した公害の歴史、CSRの取組の変遷、環境マネジメントシステム、...


【SDGs取り組み事例】環境非配慮型プラスチック50%削減を目指して  株式会社シャトレーゼ

自然の恵み活かし、持続可能な地域活性に取り組む 株式会社シャトレーゼ(山梨県甲府市) 目次 1.国内外700店舗で菓子を販売2.自然と共生する菓...

自然の恵み活かし、持続可能な地域活性に取り組む 株式会社シャトレーゼ(山梨県甲府市) 目次 1.国内外700店舗で菓子を販売2.自然と共生する菓...


水素社会の実現に向けた課題

        「水素社会」という言葉があります。これは、「水素エネルギーの活用を実現した社会」という意味です。水素社会の実現は、エネルギー問題を解...

        「水素社会」という言葉があります。これは、「水素エネルギーの活用を実現した社会」という意味です。水素社会の実現は、エネルギー問題を解...