パラメータ設計 【連載記事紹介】

パラメータ設計

 

パラメータ設計の連載記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載紹介の一覧へ戻る

◆こんな方におすすめ!=市場で発生する不具合を設計段階で未然に防止したい=

パラメータ設計は、製品開発のフロントローディングであり、製造段階のコスト削減や、市場へ出てからのクレームをゼロにする極めて有効な手段です。パラメータ設計では、作ってからノイズに強いかどうか試験するのではなく、最初にノイズに強い設計にするのです。

 
 品質工学
パラメータ設計の目的を正しく理解する、参照

 

◆品質工学の力を借りる

ばらつきの対処方法として公差や、機械設備の管理を厳しくする、ばらつきの少ない部品を購入する、加工や検査の工程を追加する、ばらつきを補正する機構を追加するなどがよく行われますが、コストがかかり現実的ではありません。では、コストがかからない方法はあるでしょうか。様々なばらつきに対して、影響を受けにくい設計をコストを掛けずに行おうとする場合、それには「品質工学」の力を借りることになります。

次の連載で ものづくりドットコム登録専門家の濱田氏が詳しく紹介しています。

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

【パラメータ設計、記事一覧】

1.パラメータ設計の目的を正しく理解する

2.コストを掛けずに良いものを作るには

3.パラメータ設計の目的とは

4.ロバストではない、これまでのものづくり

5.コストがかからない方法とは

 

【執筆者紹介】

濱田さん

 


「パラメータ設計(ロバスト設計)」の他のキーワード解説記事

もっと見る
コストを掛けずに良いものを作るには

 安い刃物を買うとすぐ切れなくなってしいます。また安い電池を買うとすぐに放電してしまいます。「安いものは品質が悪い」「品質が良いものは価格が高い」と言われ...

 安い刃物を買うとすぐ切れなくなってしいます。また安い電池を買うとすぐに放電してしまいます。「安いものは品質が悪い」「品質が良いものは価格が高い」と言われ...


パラメータ設計における制御因子間の交互作用とは

1. 複雑に絡み合う交互作用    パラメータ設計においては、制御因子間に交互作用があるまま実験を行なうと、実験結果の精度が悪くなり、再現性...

1. 複雑に絡み合う交互作用    パラメータ設計においては、制御因子間に交互作用があるまま実験を行なうと、実験結果の精度が悪くなり、再現性...


品質工学による技術開発(その2)技術開発活動の全体像

    1. 技術開発活動でのロバストパラメータ設計の位置づけ 前回の(その1)ロバストパラメータ設計では,製品設計段階で活用さ...

    1. 技術開発活動でのロバストパラメータ設計の位置づけ 前回の(その1)ロバストパラメータ設計では,製品設計段階で活用さ...


「パラメータ設計(ロバスト設計)」の活用事例

もっと見る
半導体製造プロセスにおけるパラメータ設計とT法の併用による超効率的条件最適化

これは2010年の品質工学研究発表大会で、東芝の岡川宏之さんが発表した「半導体製造プロセスにおけるT法活用による超効率的プロセス条件最適化」を要約したもの...

これは2010年の品質工学研究発表大会で、東芝の岡川宏之さんが発表した「半導体製造プロセスにおけるT法活用による超効率的プロセス条件最適化」を要約したもの...


表面処理薬品開発におけるQFD,TRIZ事例

 これは、2013年9月に開催された第9回日本TRIZシンポジウムで、メルテックス株式会社の田嶋和貴さんが発表した「表面処理薬品開発におけるQFD,TRI...

 これは、2013年9月に開催された第9回日本TRIZシンポジウムで、メルテックス株式会社の田嶋和貴さんが発表した「表面処理薬品開発におけるQFD,TRI...


ファクシミリの紙送り時間と安定性を劇的に改善したキャノンの事例

 これは1997年の品質工学研究発表大会で、キャノン(株)の高橋貢司さんが発表した「リタードローラを用いた用紙送り機構の安定性設計」を、要約掲載したもので...

 これは1997年の品質工学研究発表大会で、キャノン(株)の高橋貢司さんが発表した「リタードローラを用いた用紙送り機構の安定性設計」を、要約掲載したもので...