仕事のプロセスを改善ストーリー(SRストーリー)で可視化

更新日

投稿日

 仕事のプロセス(やり方)は、各個人や企業によって多種多様です。そのためチームや組織で課題を共有化するためには、工夫が必要です。たとえば、チームや組織内での共通言語化や可視化が有効な方策になります。そこで、F社で長年活用されてきたシンプルな可視化手法として、改善ストーリー(SRストーリー)を紹介します。Sはシステム(System)のことで、仕組みや仕事のプロセス(やり方)のことです。Rは結果(Result)のことです。図1のように、仕事のプロセス(やり方)を、過去、現在、将来と時系列に分けて、各々のプロセス(やり方)で、結果と問題点を整理します。これは、TRIZでいう仕事の進化トレンドと言ってもいいでしょう。

 S・Rストーリーの記述ポイントを次のように整理します。

①何をどうしたいのか出来る限り数値で表現する(R2→R3目標)

②R2をもたらしている今のやり方をS2として整理する

③R2がR3目標になれない原因をS2の中に見出し、その原因をつぶす対策を考えS3とする

④実施後の予測結果をR3とする

⑤自分の仕事の説明を兼ねて、過去のやり方と結果(S1/R1)も合わせて説明する

 QCストーリーと呼ばれる仕事のプロセス(やり方)の改善ステップは、次のようになっていました。①テーマの選定⇒②現状把握⇒③目標設定⇒④要因分析⇒⑤対策立案⇒⑥対策実施⇒⑦効果確認⇒⑧歯止め。これを、時系列にシンプルに...

 仕事のプロセス(やり方)は、各個人や企業によって多種多様です。そのためチームや組織で課題を共有化するためには、工夫が必要です。たとえば、チームや組織内での共通言語化や可視化が有効な方策になります。そこで、F社で長年活用されてきたシンプルな可視化手法として、改善ストーリー(SRストーリー)を紹介します。Sはシステム(System)のことで、仕組みや仕事のプロセス(やり方)のことです。Rは結果(Result)のことです。図1のように、仕事のプロセス(やり方)を、過去、現在、将来と時系列に分けて、各々のプロセス(やり方)で、結果と問題点を整理します。これは、TRIZでいう仕事の進化トレンドと言ってもいいでしょう。

 S・Rストーリーの記述ポイントを次のように整理します。

①何をどうしたいのか出来る限り数値で表現する(R2→R3目標)

②R2をもたらしている今のやり方をS2として整理する

③R2がR3目標になれない原因をS2の中に見出し、その原因をつぶす対策を考えS3とする

④実施後の予測結果をR3とする

⑤自分の仕事の説明を兼ねて、過去のやり方と結果(S1/R1)も合わせて説明する

 QCストーリーと呼ばれる仕事のプロセス(やり方)の改善ステップは、次のようになっていました。①テーマの選定⇒②現状把握⇒③目標設定⇒④要因分析⇒⑤対策立案⇒⑥対策実施⇒⑦効果確認⇒⑧歯止め。これを、時系列にシンプルに整理しなおしたものがSRストーリーです。TRIZの9画面法は、この中のシステム部分の3画面を抜粋したものと言っても良いでしょう。9画面法のように、下位システムと上位システムも整理すれば、より高度な課題解決ツールとしても使えることになります。 

SRストーリー 図1 SRストーリー体系図

   続きを読むには・・・


この記事の著者

粕谷 茂

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため差別化技術、自律人財を創出。 特に神奈川県中小企業には、企業の未病改善(KIP)活用で4回無料コンサルを実施中。

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため差別化技術、自律人財を創出。 特に神奈川県中小企業には、企業の未病改善(KIP)活用で4回無料コンサルを...


「技術マネジメント総合」の他のキーワード解説記事

もっと見る
設計部門と組織政治の影響 【連載記事紹介】セミナーのご紹介  

  設計部門と組織政治の影響、連載記事が無料でお読みいただけます!   ◆設計部門と製造部門 製造部門における設備投資は、設備稼働に...

  設計部門と組織政治の影響、連載記事が無料でお読みいただけます!   ◆設計部門と製造部門 製造部門における設備投資は、設備稼働に...


いずれの企業にも達成がむずかしい 普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その50)

        「強みを未来志向で設定する」の解説、今回は第4要件の「いずれの企業にも達成がむずかしい」を解...

        「強みを未来志向で設定する」の解説、今回は第4要件の「いずれの企業にも達成がむずかしい」を解...


在宅勤務のリスク共有 新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その71)

1、1on1:対面による進捗報告や雑談の場が激減  2020年、新型コロナウィルス感染が拡大する中、否応無しに通勤を伴う対面業務からテレワークによる...

1、1on1:対面による進捗報告や雑談の場が激減  2020年、新型コロナウィルス感染が拡大する中、否応無しに通勤を伴う対面業務からテレワークによる...


「技術マネジメント総合」の活用事例

もっと見る
システム設計6 プロジェクト管理の仕組み (その38)

◆システム設計は仮説と検証の繰り返し     前回は、システム(ここでは製品も含めてシステムと呼ぶことにします)に必要とされる要件を漏れなく...

◆システム設計は仮説と検証の繰り返し     前回は、システム(ここでは製品も含めてシステムと呼ぶことにします)に必要とされる要件を漏れなく...


手段としてのオープンイノベーション

【ものづくり企業のR&Dと経営機能 記事目次】 管理力より技術力を磨け 技術プラットフォームの重要性 手段としてのオープンイノベーション...

【ものづくり企業のR&Dと経営機能 記事目次】 管理力より技術力を磨け 技術プラットフォームの重要性 手段としてのオープンイノベーション...


開発工数メトリクス1 プロジェクト管理の仕組み (その21)

 前回のプロジェクト管理の仕組み (その20)に続いて解説します。    進捗管理のための基本メトリクスセットについての解説を続けています。...

 前回のプロジェクト管理の仕組み (その20)に続いて解説します。    進捗管理のための基本メトリクスセットについての解説を続けています。...