品質工学の動特性における安定性評価について(その1)

品質工学


この記事の著者

対馬 恭吾

パラメータ設計、特に化学系においては制御因子間の交互作用が複雑に絡み合っている場合が多く、実験結果の精度を悪くする要因になっています。その交互作用を生じさせない実験の組立て方について指導いたします。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「品質工学(タグチメソッド)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「対馬 恭吾」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン