ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > ブレーンライティング、紙に書いて行うブレーンストーミングとは

アイデア発想法」の技法解説記事


ブレーンライティング、紙に書いて行うブレーンストーミングとは

ブレーンライティングシート

 ブレーンライティングは紙に書いて行うブレーンストーミングです。 西ドイツの経営コンサルタントであるホリゲル氏が考案しました。

 ブレーンライティング法は635法ともいわれ、 6人が5分のうちに3つのアイデアを出していきます。

 右図のような3列6段、18枠のシートにアイデアを書きます。

  

ブレーンライティングのフロー

 1人18個のアイデアが出るので、6人ですと108個のアイデアとなります。 30分くらいの短時間で100個以上のアイデアが出る方法です。

 

全体のフローを右に示します。

 

 

 まず、1段目の願望を出します。 商品開発の場合、お客様の願望を叶えるのが、 商品開発のヒントですので、ここは5分ではなく、 10~20分くらいかけて決めましょう。

ブレーンライティング手順1

 

 6人全員が願望が書き終わったら、メンバーで見せ合い、 どんな願望が出ているか確認します。

 そして同じような願望があったら、異なる願望に変えます。 異なる願望に変えた方が、違って視点でのアイデア発想ができるからです。

 1段目が書き終えたら、タイムキーパーが5分を計測します。 3分、4分、4分半、10秒前とカウントをすると、 メンバーにわかりやすいと思います。 

 2段目、5分、3段目、5分と続き、6段目まで行います。 2段目の5分は長く感じますが、5段目、6段目となると 前のアイデアを確認するだけで時間がかかり時間が短く感じます。

ブレーンライティング手順2

 とっさのひらめきを大切にするために、時間厳守で進めていきます。

ブレーンライティング手順3

ブレーンライティングのポイントは、

① 前の人のアイデアをよく読みます

② 最初のアイデアの趣旨を生かしてアイデアを育ててゆきます

③ 絶対に空白のままで,隣に回さないこと

④ 単に時間を延ばすのはよくありません

⑤ 短時間で集中して,とっさの「ひらめき」からアイデアを出します

⑥ 最初の1行は,一連のアイデアの種になります。 時間を少し多めにとってじっくり考えましょう。

 

 実は、6人いなくてもこの方法は使えます。4人の場合ですと、3列4段、12個のアイデアが出ます。 合計48のアイデアが出ます。

 6人で出したアイデアを「いいね」と思ったアイデアに☆印を付けて、 人気投票をすると、アイデアの絞り込みができます。3個以上☆が付くと過半数の支持、 ☆4個で6割、☆5個で8割の支持があることになります。

 1時間もあれば、2回周りできるので200個以上のアイデアが出てきます。 短時間に集中してアイデアを出したい方にお勧めです。

 是非挑戦してみて下さい。


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いしかわ ともお) / 専門家A / 有限会社企画システムコンサルティング

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。
商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な検証(アンケート調査)を行います。企画の方向付けを決める顧客… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら