ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > ブレーンライティング、紙に書いて行うブレーンストーミングとは

アイデア発想法」の技法解説記事



ブレーンライティング、紙に書いて行うブレーンストーミングとは

ブレーンライティングシート

 ブレーンライティングは紙に書いて行うブレーンストーミングです。 西ドイツの経営コンサルタントであるホリゲル氏が考案しました。

 ブレーンライティング法は635法ともいわれ、 6人が5分のうちに3つのアイデアを出していきます。

 右図のような3列6段、18枠のシートにアイデアを書きます。

  

ブレーンライティングのフロー

 1人18個のアイデアが出るので、6人ですと108個のアイデアとなります。 30分くらいの短時間で100個以上のアイデアが出る方法です。

 

全体のフローを右に示します。

 

 

 まず、1段目の願望を出します。 商品開発の場合、お客様の願望を叶えるのが、 商品開発のヒントですので、ここは5分ではなく、 10~20分くらいかけて決めましょう。

ブレーンライティング手順1

 

 6人全員が願望が書き終わったら、メンバーで見せ合い、 どんな願望が出ているか確認します。

 そして同じような願望があったら、異なる願望に変えます。 異なる願望に変えた方が、違って視点でのアイデア発想ができるからです。

 1段目が書き終えたら、タイムキーパーが5分を計測します。 3分、4分、4分半、10秒前とカウントをすると、 メンバーにわかりやすいと思います。 

 2段目、5分、3段目、5分と続き、6段目まで行います。 2段目の5分は長く感じますが、5段目、6段目となると 前のアイデアを確認するだけで時間がかかり時間が短く感じます。

ブレーンライティング手順2

 とっさのひらめきを大切にするために、時間厳守で進めていきます。

ブレーンライティング手順3

ブレーンライティングのポイントは、

① 前の人のアイデアをよく読みます

② 最初のアイデアの趣旨を生かしてアイデアを育ててゆきます

③ 絶対に空白のままで,隣に回さないこと

④ 単に時間を延ばすのはよくありません

⑤ 短時間で集中して,とっさの「ひらめき」からアイデアを出します

⑥ 最初の1行は,一連のアイデアの種になります。 時間を少し多めにとってじっくり考えましょう。

 

 実は、6人いなくてもこの方法は使えます。4人の場合ですと、3列4段、12個のアイデアが出ます。 合計48のアイデアが出ます。

 6人で出したアイデアを「いいね」と思ったアイデアに☆印を付けて、 人気投票をすると、アイデアの絞り込みができます。3個以上☆が付くと過半数の支持、 ☆4個で6割、☆5個で8割の支持があることになります。

 1時間もあれば、2回周りできるので200個以上のアイデアが出てきます。 短時間に集中してアイデアを出したい方にお勧めです。

 是非挑戦してみて下さい。



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な検証(アンケート調査)を行います。企画の方向付けを決める顧客… 続きを読む

アイデア発想法」の他の技法解説記事
  • 創造的変革はCREATEが条件

    1.CREATEの条件  私は創造的革新のポイントを「創造」の英語の動詞「CREATE」の6つの頭文字で説明しています。   ①Change Agent・・・・変革者  ②Reason・・・・・・・・・・理由  ③Environment・・・・…

  • 何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その3)

     前回のその2に続いて解説します。   3.新商品開発を進めるための方法(S2D) (2)10年後の未来素案の作成  ブラッシュアップしたシステムを、10年後に展開することを想定して商品・システムの姿を考えます。できるだけ理想的な状…

  • 情報収集の3原則とは

    1.情報収集の3原則は「規・即・集」  創造とは「課題を情報の結合により新しい解決をはかる事」と定義できます。我々は解決のために各種の情報を獲得しようとするわけですが、情報はさまざまな媒体、あらゆる場面から入ってきます。情報そのものには、何ら規格…

  • アイデア発想法、シネクティクス法の進め方

    1.潜在意識を利用する  シネクティクスという言葉は、「異なった一見関係のないものを結びつける」といった意味のギリシャ語からの造語です。  創始者のウィリアム・ゴードンははアメリカの代表的シンクタンク、アーサー・D・リトル社で新商品開発のプロセ…

Closed Q&A
アイデア発想法」の活用事例
  • 価値創造の鍵を握るアナログ知

    1.アナログ知を高めるとは  最近公文式教室のCMをテレビで見かけます。公文式教室は50年以上の歴史があり、現在は日本にとどまらず48の国・地域で学習指導を行い、KUMONとして知られています。今回は、学習塾として有名なKUMONを題材に取り…

  • しつこく繰り返して、発見や発明を生んだ事例1-噴射式復水器、蓄音機-

    1.蒸気の性質を科学的に調べ続け、実用に耐える蒸気機関を完成させた、イギリスの科学者ジェームズ・ワット    産業革命を推進する原動力となった蒸気機関。その実用化に成功したのは、イギリスの技術者ジェームズ・ワットです。蒸気の力を利用したポンプと…

  • 化学分野でのアイデア発想事例(元素と発酵)

    1.知人の科学者が話した「ある気体」の正体を見抜いて、化学元素を発見 フランスの化学者 アントワーヌ・ローラン・ド・ラヴォアジエ  1774年秋のこと、ラヴォアジエは邸宅にイギリスから来た化学者プリーストリを招いて歓迎の宴をひらきました。その席…

  • 屋内外で発見したことからの発想事例1 -蛍光紙、牛の解体-

    1.暗い部屋の片隅で蛍光紙が発光しているのを見て、X線を発見した、ドイツの物理学者 ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン  X線の発見は、現代物理学の出発点となる画期的な出来事です。発見したドイツの物理学者レントゲンの名にちなみ、X線は今でも…


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら