ホーム > 技法解説 > PERT/CPM > PERT(その10)まとめ及び用語の意味

PERT/CPM」の技法解説記事


PERT(その10)まとめ及び用語の意味

10. まとめ及び用語の意味

 大きなプロジェクトをより精緻にスケジューリング管理する場合には、MS-ProjectやExcelを活用すればよいと考えます。小さな、短期的なプロジェクトでは、PERTの基本的ルールを加味したバーチャートまたはガントチャートで十分なようです。以上述べてきたPERTで使われる用語を整理すると次のようになります。
 
表10.1 PERT用語
 
PERT

PERT/CPM」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(かすや しげる) / 専門家A / ぷろえんじにあ

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。
【自分史&想い】埼玉県川越生れ、神奈川在住、質実剛健の風土育ち。子供の頃の夢は自動車の開発でしたが、オイルショックで方向転換し、井深大氏最後のプロジェクトに参画できました。感動製品開発のソニースピリッツは直伝。先輩のノウハウをベンチマークしながら、体系的仕事のやり方、技術者育成法を学びました。品質… 続きを読む


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら