ガントチャートの例(F企業の太陽光発電設置プロジェクト)

プロジェクトの概要は、以下の通りでした。

  ①プロジェクト開始日:平成22年4月1日

  ②プロジェクト終了日:平成22年6月30日

  ③業務内容:設計(自社)、製作(外部発注)、設置工事(自社)

  ④対象家屋:90m2×1戸、45m2×2戸、30m2×1戸の合計4戸

  ⑤条件:完了日確保のためにA宅とB・C・D宅の2班体制

 この工程をガントチャートとして下表に示します。ここで。▽がマイルストーンです。表中に5月中旬の各作業の進捗を一点鎖線で表示しました。A宅は1週間進んでいますが、B宅は遅れ、CD宅は工程通りであることがわかります。

図1

図1.ガントチャート/マイルトーンの例

                       


この記事の著者

パネライのシン  

サービスマネジメントによるプロジェクトマネジメントを得意としています。

建設部門の技術士であるが、サービスマネジメントの重要性を認識し、技術士経営工学部門を取得した。サービスマネジメントによるプロジェクトマネジメントを得意としている。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「PERT/CPM」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「パネライのシン  」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン