【特集】国内製造業のSDGs取り組み事例

最近ニュースやラジオなどで耳にする機会が増えた「SDGs」。

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、持続可能な世界を実現するため、2030年までに達成する国際的な開発目標のことを指します。内容は17の目標とゴールを達成するためのターゲット169項目から構成され、飢餓や貧困、教育、地球環境などの問題解決を目指し「地球上の誰一人として取り残さない」ことをうたっています。

これらを背景とした「このままではいけない」という世界の共通意識がSDGsの採択とその推進という行動にも表れています。そうした中、企業はSDGsが指し示す方向性はビジネスの指針としても無視できないととらえ、事業の差別化や社会貢献など具体的な活動を始めています。

今特集では、国内製造業のSDGs取り組み例を毎月掲載していきます。