物流品質管理 (その2) 物流監督者は本業に徹せよ

 
 
SCM
物流作業者の役割は標準作業通りの仕事をすることです。一方で物流監督者の役割は標準作業を作業者に教え、その遵守を確認することです。これが物流品質の歯止めになっているのです。物流作業者の立場で考えると自己流の作業のやり方が楽かもしれません。楽な状況を補正されるのは嫌がるかもしれません。また作業者が自己流のやり方を続けていても問題が発生しなければ監督者もチェックを怠る可能性があります。
  
 その間隙を突くかのように物流品質不良が発生するのです。監督者としては悔やんでも悔やみきれません。しかしそれは後の祭りとしか言いようがありません。時々物流監督者が実作業をやっている場合があります。これが理由として監督業務を実施できないという話が出てくることがあるのです。
 
 この状態について「忙しいからやむを得ない」と判断する管理者・経営者は管理者失格と言えるでしょう。監督者にはそれなりの給料を払っているわけですから、もしこれを認めるのであれば監督者の給料を作業者並みに下げなければ経営は成り立たないことになるはずです。ではこの監督者の作業入りの本当の理由は何でしょうか。
 
 一つには作業者の休暇が重なって本当に工数不足となってしまったケースが考えられます。この作業者の工数計画時には一定の欠員が出ても仕事がこなせるように多能工化と出勤率の工数への加味が必要でしょう。
 
 もう一つは監督者が好んで一般作業に入る事例です。これを見抜けている管理者はどれくらいいるでしょうか。監督者の本業は監督業務であって一般作業ではありません。しかし一般作業の方が楽だから一日の内何時間か作業を行っているケースがあるのです。
 
 この二つをごっちゃにしてしまうと問題の本質が見えてきません。管理者の立場からはじっくりと現場を観察し、問題の核心を把握することが重要なのです。
 

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!