グローバルサプライチェーンへの貢献(その1)

 
SCM
製造業を中心に日本に留まらず世界で戦うことが求められてきています。製造業が海外進出することに伴って物流会社の海外進出も珍しくなくなってきました。
 今では、複数国をまたがって仕事をすることが一般的です。開発は日本で行い、中間品を東南アジアで生産し、最終組立を別の東南アジアで行いヨーロッパに輸出する、といったビジネスモデルです。
 
 このような状況下では物流は幸か不幸か、大変注目を浴びる存在となりました。ものが存在する限り、物流はなくなりません。今まで以上に、物流の動線が長くなることが予想されます。ではこれに対応できる物流会社は世界にどのくらいあるのでしょうか。もし、荷主の指示のもとに「点から点まで」輸送するという仕事であれば、それができる会社はいくらでもあります。
 
 しかし、サプライチェーンのオーナーである荷主顧客は、この程度の仕事で満足するはずがありません。彼らが望む仕事のレベルはサプライチェーンをコントロールできるレベルです。それはたとえば、グローバル在庫の適正化であり、調達コストのミニマム化であり、販売リードタイムの最短化です。
 

◆ グローバル・サプライチェーン・オーナーの要求

  (1)グローバル在庫の適正化
  (2)調達コストのミニマム化
  (3)販売リードタイムの最短化   
 
 サプライチェーンの規模にもよりますが、このレベルを今時点でこなせる外部企業は少ないのではないでしょうか。
 
 3PLが物流を丸ごと請け負うと同時に物流改革を推進するという位置づけに対し、サプライチェーンマネジメントができる会社は、4PL的位置づけになるかもしれません。
 
 4PLは、物流戦略立案から物流管理、物流オペレーションのコントロールなどを請け負う会社です。この会社が生産や販売の管理までできるようになれば、初めてサプライチェーンのマネジメントができたことになります。
 
 調達、生産、販売、物流のすべてがわかる会社はなかなか見当たりません。逆にこれを目指すことで先駆者利益を享受することができるのです。次回、その2は、在庫のコントロールについてです。
 
  【 関連する筆者の技法解説記事 】
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン