本当の見える化で効率向上(その5) 物流現場監督者の役割とは

New

サプライチェーンマネジメント

◆ 管理ボードとセンター長

 物流現場を管理状態に置くことで、今何をしなければならないかといったアクションにつながります。逆にこれが分かっていないと、異常に対して手を打つことが遅れ、会社に大きな損失をもたらすことにもつながりかねないのです。こういった管理を行っていくことこそが「物流現場監督者」の役割だといえるのです。時々、実作業を行っているセンター長を見掛けますが、これは感心できません。

 センター長は現場のすべての責任を負う立場にありますから、なぜ自分まで現場作業をしなければならないのかは分かっているはずです。自ら作業を行うことではなく、そうならざるを得ない要因をつぶすことがセンター長の仕事なのです。

 センター長のマネジメントの成績が管理ボードに表れるのです。今の物流現場の安全、品質、納期、コスト(SQDC)の状況が管理ボードで分かりますから、作業者もそれを目にすることで自分たちがどういった行動をとらなければならないのかが判断できるのです。

 経営層にとってみれば、今のその物流現場が「正常な運営ができているのか否か」が管理ボードから読み取ることができます。つまりこのボードは経営層にとってもアクションにつながる情報源だといえるのです。いちいち管理監督者にヒアリングしなくても状況を把握できるからです。

 管理ボードの別の活用方法として「従業員のモチベーション向上」が挙げられます。ボードには作業者ごとの「品質の誓い」や「安全の誓い」などを掲示していきましょう。また、良い改善アイテムが出てきたら、その提案者の名前とともに改善内容を掲示するのです。これによってその提案者たる作業者のモチベーション向上が図られるのです。

 誰がどのようなスキルを持っているか理解してもらうためにスキルマップを掲示してもよいでしょう。それと共に教育訓練計画も掲示します。不足しているスキルをどのような方法で向上させていくのかが分かるようにしていきましょう。

 作業者にとってみると、自分に対する投資を会社が行ってくれていることが分かり、その意味でもモチベーションがアップするかもしれません。

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。