偶然を生かしたセレンディピティのひらめき (その2) -列車のブレーキ‐

 列車事故に偶然遭遇し、圧縮空気の機械を利用してブレーキに応用した、アメリカの発明家 ジョージ・ウェスティングハウス

                                     
train4
 1867年のある日、貨物列車同士の衝突事故で、アメリカの発明家ウェスティングハウスが乗っていた列車がとまってしまいました。お互いに接近するのに気づきながら、ブレーキがきかないために衝突してしまいました。当時の列車は、手動式のブレーキでした。
 
 この事故がきっかけになって、ウェスティングハウスは強力なブレーキをつくろうと考えました。なかなかいい案が浮かびませんでしたが、ある日、雑誌を読んでいるとスイスのトンネル工事の記事が出ていました。トンネル工事で圧縮空気機械が威力を発揮しているという記事で、これを見た瞬間、ウェスティングハウスは圧縮空気をブレーキに応用することを思いついたのでした。
    
                  出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)
  

この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。