屋内外で発見したことからの発想事例2 -熱気球、パンチカード-

1.煙突の上で紙切れが舞っているのを見て熱気球を発明した、フランスの発明家 モンゴルフィエ兄弟

  
 ジョセフ・ミシェル・モンゴルフィエと、ジャック・エティエンヌ・モンゴルフィエの兄弟が、熱気
球を発明するきっかけとなったのは、煙突から立ちのぼる煙です。
  
 ある日、工場の煙突を何げなくながめていると、煙突から煙が空に上り、その上で紙切れがヒラヒラ
と舞っている。熱い空気はものを持ち上げる上昇気流を起こす。ということは、熱い空気を閉じ込めた
容器は空に上るはずだ。
  
 二人は、湿ったワラを燃やして発生させた大量の煙を、布と紙でつくった大型気球に詰めて上昇させ
る実験に成功。次に、気球にゴンドラをつけ、そこにアヒルやヒツジを乗せて実験したあと、ついに人
間を乗せた熱気球の初飛行に成功する。1783年のことです。

セミナー「効率的、確実に目的を達成できる実験の考え方と具体的方法」

10:30 ~ 16:30 

江東区産業会館 第5展示室

49,980円


2.車掌が切符にパンチを入れるのを見て、パンチカードのシステムを考案した、アメリカの技術者 ハーマン・ホレリス

 
 19世紀の後半、コンピュータが開発される以前のことです。情報をコード化するシステムとしてパ
ンチカードのシステムを考案したのが、アメリカ人の技術者ハーマン・ホレリスです。
  
 ホレリスは、一時期、国勢調査をする会社に勤めたことがありました。調査の結果は手作業で整理し
ていましたので、統計ができ上がるころには、次の調査が始まっているという具合です。そこで機械化
の方法が求められていました。
  
 ホレリスは、調査カードのまわりに刻みを入れる電動式の機械というイメージを持っており、マサチ
ューセッツ工科大学で教鞭をとっている時代に、長い紙テープにパンチしてドラムに巻きつけるという
方法を考案しましたが、テープの長さが数キロにもなってしまうというので、断念しました。
  
 あるとき、ワシントンからセントルイスに向かう列車の中で、車掌が切符の数か所にパンチを入れて
いるのを見ました。車掌にたずねると、列車には指名手配の犯人が乗っていることもあるので、例えば
「目が黒い」「背が高い」「鼻が低い」など、切符の決まった位置にパンチすることによって、乗客の
特徴を記録しているというのです。
  
 これを聞いて、ホレリスはひらめきました。自動的にカードに穴を開け、その穴の位置によってコー
ド化された情報を読み取ればよい。この方式で、分類、集計などが格段にスピードアップされるはずだ
。彼はこつこつと自分の手で機械をつくり、1889年のパリ万国博覧会に出品して、評判になりまし
た。翌年、国勢調査を引き受けたホレリスは、6週間で統計作業を終わらせることができたそうです。
彼の設立した会社は、後にワトソンに買収されて、IBMになりました。
  
                   出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)

この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン