家族のひと言や行動が刺激になってひらめいた事例1.-編み機 、味の素 -

1.せわしなく手を動かして編み物をする妻をながめているうちに、機械編み機を思いついた、イギリスの聖職者 ウィリアム・リー
amimono

 
 ウィリアム・リーは16世紀から17世紀にかけて生きたイギリスの聖職者だが、発明家としても後世に名を残しています。
 
 ある日、リーは、かたわらでせっせと編み物をしている妻のようすを見るともなく見つめていました。一針ごとにせわしなく動く妻の手元をながめながらボンヤリと考えていたのは、一度で一列の編み目を自動的につくってしまうような編み機ができないものかということでした。
 
 そして思いついたのが、一本の大きな針のかわりに何百もの小さな鉤の列をつくって、一列分をいっぺんに編んでしまうという方法、つまり自動編み機です。
 

セミナー「効率的、確実に目的を達成できる実験の考え方と具体的方法」

10:30 ~ 16:30 

江東区産業会館 第5展示室

49,980円

2.茶の間で昆布のうま味の話をしたことから、味の素を開発した、化学者 池田菊苗

 
 世界の食卓にポピュラーとなった味の素は、家庭の食卓で昆布のうま味が話題になったことから生まれました。
 
 明治4〇年の話である。東京大学教授の池田菊苗は茶の間で、夫人が買ってきた北海道産の昆布のうま味の話を聞いた。それをきっかけに、教授は昆布のうま味に注目し、さっそく大学の実験室で昆布の成分の分析を始めました。
 
 うま味は「グルタミン酸」であることがわかり、その結果は、味の素(商標登録)として製品化された「グルタミン酸ソーダ」の誕生となった。教授は、留学中にロンドンの下宿で夏目漱石と徹夜の文学論を交わし、漱石も大いに刺激を受けたというほどの博学と好奇心の持ち主だった。幅広い話題と議論をいつも家庭の食卓にも持ち込む人物でありました。
  
                出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)

この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン