印刷する

ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 集団での問題解決ふたつのアプローチ

アイデア発想法」の技法解説記事



集団での問題解決ふたつのアプローチ

1.集団での問題解決ステップについて

 下の図1は私がまとめた集団での問題解決ステップ論であり、次の5つからなっています。

  ①問題提起(問題を定義づける)
  ②問題把握(問題自体を分析する)
  ③課題設定(解決すべき課題を決める)
  ④課題解決(解決策と手順を決める)
  ⑤総合評価(実行前に検討評価をする)

 集団として問題解決する際は、個人発想とはっきりした違いがあります。それは全員が今、どんなステップなのか、何をする段階なのか共通して理解していなければ、集団思考がうまくいかないからです。

 そして、集団の場合は問題解決を組織的に行えるわけです。だから、その問題についての情報収集の為の「問題把握」のステップと、解決策を考える「問題解決」のステップを明確に区分することが重要になります。

 

2.問題解決の2つのアプローチ方法

 問題解決のすすめ方には個人と集団の違いと同時に、時間軸を考えに入れることで差が出てきます。右図はその2つのアプローチの違いを示したもの問題解決のふたつのアプローチです。

 左記の「理想設定型アプローチ」はその名の通り、未来にはこうなるべきという理想の状況をまず考え出し、次に現実とのギャップをいかにうめていくか、という手順を取ります。

 一方、「現状分析型アプローチ」は現在はどうなのかその問題点をじっくり把握した上で、将来どうあるべきかという対策を考え出すというやり方です。

 もし問題が、抜本的に変えるべきものや自由に計画できるものなら理想型を、改良的な問題や組織問題など人間がからむものは現状型の方が向いているといえましょう。

 そしてこれからは、単に現状の改善を考えるばかりでなく、未来の構想をもっともっと考えることが要求されます。その意味から言えばこれからは理想設定型が今以上に要求されることになるでしょう。企業もTQC(総合品質管理)の時代から、リストラやリエンジニアリング等抜本的改革の時代へと移行しています。世界基準を目指して企業が抜本的な変革を行うためには今まで以上に理想設定型アプローチによる問題解決が求められます。                         図1問題解決2つのアプローチ



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の質問

ゴードン法 (2016-10-26 08:59:14)
アイデア出しの手法 (2015-11-17 16:04:04)
アイディア発想法について (2012-07-17 17:38:28)

アイデア発想法」の他の技法解説記事

発散思考と収束思考の使い分け (2014-11-27)
系列型収束アイデア発想―因果分析法の進め方 (2014-09-08)
情報収集の3原則とは (2014-11-20)
プレゼンは「さしすせそ」! (2015-01-30)
空間型アイデア収束技法「クロス法 」、発想カードを出してスタート (2014-08-21)
創造思考、「1人の時」「他の事をしている」と「突然」に! (2014-11-07)
何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その3) (2016-10-27)
技術者・研究者のための「前に進む発想法」 (2016-08-26)
阻害条件を排除して、創造性を伸ばすには (2014-12-17)
集団創造の進め方とチームづくり (2014-12-24)

アイデア発想法」の活用事例

発想力を考える:ひらめき派と理論派 (2016-03-01)
家族のひと言や行動が刺激になってひらめいた事例2.-電話機 、飛行機 - (2015-09-15)
偶然を生かしたセレンディピティのひらめき事例2.-列車のブレーキ‐ (2015-09-26)
自然界をヒントにした発想事例3 -護身用具、緊急救助法- (2015-08-26)
必要に迫られればアイデアが出る-紙と缶詰の場合 (2015-06-16)
災い転じてアイデアとなす -苦しい時こそ発想のチャンス- (2015-07-06)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例4 -ベッセマー製鋼法、セルロイド- (2015-10-15)
屋内外で発見したことからの発想事例2 -熱気球、パンチカード- (2015-09-04)
自然界をヒントにした発想事例2 -砂漠鉄道、ダイナマイト、複式紡績機- (2015-08-17)
偶然を生かしたセレンディピティのひらめき事例1.-ペニシリン、ポリエチレン‐ (2015-09-17)


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)