物流改善とともに大切なこと(その1)

◆改善戻りに対する歯止めとは

 
scm
いろいろな会社で物流改善のお手伝いをさせていただく過程で非常に重要だと感じることがあります。それが「本気で会社が変わろうという意識」です。実際のところ、物流現場に外部の人間が入ってきて改善と称して今までと違った業務のやり方に変えていくことに対する抵抗はあって当然だと思います。
 
 しかし、経営者が何としても物流改善を行って自社を変えていきたいという思いがあるからこそ、外部の力を借りてでも実践したいと考えるのです。よく自社内でできるはずの仕事を外部に依頼することがあります。それは自社で考えていることを外部からお墨付きをもらいたいということとも考えられます。すなわち、「やっぱり外部のコンサルタントも同じことを考えているな」と確認することで、安心することができるのです。
 
 また、外部にそれを言わせることで、社内の嫌われ者になることを避けることもできます。これもある種、上手なコンサルタントの使い方だと言えるでしょう。一方で外部に頼った改善で注意しなければならないことに改善の「歯止め」があります。努力して改善をしたのはいいものの、時が経つにつれて元に戻ってしまうことがあるのです。
 
 それは昔やり慣れた方法に戻してしまうことですが、これを避けるためにはしくみ化したり物理的な制約を設けたりすることで「歯止め」をかけることが重要です。
 
 本題の「本気で会社が変わろうという意識」についてですが、表面上の改善では、上記のように、後戻りの可能性を秘めていることに注意が必要です。しかし、本気で会社を変えたいのであれば、取り組み方も変わってきます。これは、会社が危機的状況に陥り、死に物狂いで改善に取り組んだことのある人ならわかると思います。そういった人はあまりいらっしゃらないと思われますので、本気で会社を変えるための取り組みについて、次回も解説を続けます。
 

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!