管理業務に精力的に取り組む(その2) 物流の生産性とは

New

 
  
SCM
 
 数ある管理業務の中でも「生産性管理」は収益にも直結する仕事のため特に重要であると思われます。では「生産性管理」といっても何を実施していけばよいのでしょうか。例を挙げて考えてみましょう。
 

(1) サプライチェーン:トラック輸送の生産性管理

 トラック輸送のケースで考えてみます。トラックという資源をいかに有効に活用していくかは会社収益にとってはずせないポイントです。一つに「トラック積載率」があります。トラックについてはいかに保有する能力を十分発揮するかを考えなければなりません。
 
 そこでトラックに荷を積むにあたり、重量的にも容積的にも満載に近づけることが求められます。これをデータとして蓄積し、この積載率を向上させる改善活動につなげていくことが重要なのです。
 
 当日積載する荷の重量的積載率、容積的積載率はKPIとして把握します。計画値と実績値の両方で把握していきましょう。これは配車担当者または出荷担当者の評価項目として設定してもよいと思います。つまり積載率が高ければ担当者の評価も上がるということです。
 
 積載率は必ずしも配車や出荷の担当者だけの行為の結果であるとは限りません。しかしあえて彼らの評価項目とすることで、本来の責任部署にも積載率向上への協力を働きかけることにつなげていきたいのです。そうすることで会社全体で積載率への意識が高まり、収益向上にもつながるのです。
 

(2) サプライチェーン:トラック回転率管理

 トラック輸送ではトラック回転率管理も重要です。積載率と同様にトラックという資源を無駄なく使いこなすことで会社収益向上につながるからです。結果としての回転率を把握することも重要ですが、その率に影響を及ぼす要因管理が大切になってくるのです。たとえば荷降ろしや積み込みなどの際に時間をかけすぎるとトラックが滞留してしまい、本来の走行という能力を発揮できなくなってしまいます。
 
 そこでトラック滞留時間の管理を行い、極端にその時間が長ければ短縮する方策を練らなければなりません。よくある例として、フォークリフト待ちやポート待ち、積載荷待ちなど定刻に行っても待ち時間があることがあります。これらを荷主、輸送会社で連携して改善していくのです。
 
  ・ ・ ・ ・ ・
 
 このように物流に関連するさまざまな管理業務に取り組むことは会社収益に大きな影響を与えることになるのです。物流実作業だけに目が行きがちですが、こういった管理業務も同じ重みで考えていくことが重要です。
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン