プロフェッショナルスキルを身に付ける(その2)梱包スキル

New

SCM

 

◆ パッケージング・エンジニア

 物流プロフェッショナルスキルの中でも極めて重要と考えられるスキル、それが「梱包スキル」です。物流6機能(輸送、荷役、保管、包装、流通加工、情報)の中では「包装」に該当するものです。

 この梱包スキルですが「そもそも梱包はなぜ必要なのか」おさらいしてみましょう。まずものを移動させる時に製品を保護するという目的があります。さらに保管時に製品品質を保持するとともに、運搬の効率化を図ることです。

 輸送に際しては輸送モードによって異なってくる場合があります。輸送ルートや時間によっても異なることがあるでしょう。例えば船舶で輸送する際、赤道を通過するかどうか、あるいは赤道を通過しないまでも、高温多湿の地域を通過するかどうかで梱包レベルが変わってきます。その最たるものが「防錆(ぼうせい)仕様」にするかどうかです。

  残り60% 続きを読むには・・・


この記事の著者

仙石 惠一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参りました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

SCM

 

◆ パッケージング・エンジニア

 物流プロフェッショナルスキルの中でも極めて重要と考えられるスキル、それが「梱包スキル」です。物流6機能(輸送、荷役、保管、包装、流通加工、情報)の中では「包装」に該当するものです。

 この梱包スキルですが「そもそも梱包はなぜ必要なのか」おさらいしてみましょう。まずものを移動させる時に製品を保護するという目的があります。さらに保管時に製品品質を保持するとともに、運搬の効率化を図ることです。

 輸送に際しては輸送モードによって異なってくる場合があります。輸送ルートや時間によっても異なることがあるでしょう。例えば船舶で輸送する際、赤道を通過するかどうか、あるいは赤道を通過しないまでも、高温多湿の地域を通過するかどうかで梱包レベルが変わってきます。その最たるものが「防錆(ぼうせい)仕様」にするかどうかです。

 遠距離を輸送する場合、船舶輸送なのか航空機輸送なのかによっても差が出てきます。上記のような差は荷主にとってコストの差となって表れます。それだけに梱包仕様は重要であり、物流事業者としてスキルを持つと共に、顧客に的確なアドバイスができることが望ましい姿でしょう。

 これ程重要な機能である包装・梱包でありますが、他の機能に比べて学べる場が少ないような気がしてなりません。社内で梱包スキルを学べる仕組みがあればベストなのですが、実際にはそういった会社は少数派かもしれませんね。外部で学べれば社員を派遣して勉強することになるでしょう。

 輸送会社に頼む梱包は輸送品質を保証するため、過剰包装になる懸念があります。しかし荷主としては最小限の梱包仕様とすることでコストを抑えたいところです。そこで適正な梱包を決定できるスペシャリストが求められます。公平にジャッジできるパッケージング・エンジニアがいれば、結構仕事が来るかもしれません。

 物流業界ではいろいろな勉強の場がありますが、今回お話させていただいた「梱包」に関するカリキュラムを充実させていきたいところです。海外ではこのような仕事を本業とする「パッケージング・エンジニア」がいるそうです。日本でも教育体系の充実とともに、本職であるエンジニアを増やしていきたいと思います。

 次回に続きます。