ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 問題解決の基本手順

アイデア発想法」の技法解説記事



問題解決の基本手順

1.問題解決で個人と集団プロセスの相違

 下表1に問題解決の手順を6種類のせました。この順番は、時代順でもありますが、単にステップが複雑になっているだけの問題ではなさそうです。

 ポイントを絞ると、(1)と(2)は完全な個人発想のプロセス論、(5)、(6)は集団発想のプロセス論で、(3)、(4)はその中間にあたるものといえそうです。

 ヘルムホルツ、ワラスは科学者です。この時代の科学者は基本的に1人でジックリ研究していましたので、自分の思考プロセスを分析した結果がこれらのプロセス論といえます。一方オズボーンは広告会社の社長、ビュールは機械工学者で指導者でもありましたから、集団の創造をいかにするかという体験からのプロセス論です。

 個人と集団発想のプロセスの差は、集団発想では問題把握の部分と問題解決の部分の2つが分離されているのに対して、個人発想の方では問題解決の部分が特に強調されているということです。

  表1 6種類の問題解決手順

問題解決手順の6種類

2.個人発想ステップの基本

 一番簡単なヘルムホルムの手順で説明します。「準備」はpreparationの訳ですが、私は「熟考」と言いかえています。つまり、「問題についてジックリ考える」ということです。問題を強烈に意識して考えれば、それは問題意識となり脳の中に強く残ります。

 次の「あたため」はincubation(孵化)の訳で、「問題から離れて他のことをする」ことを意味します。言いかえれば、脳に残った問題意識が無意識思考をして、古い記憶や外部の情報で使えそうなものはないかと探索する段階ということです。

 そして「ひらめき」(illumination)の時を迎えます。つまり、ある時突然にパッとひらめく、というわけです。むろん、ひらめきの場所は千差万別です。

 これは無意識思考の大切さを語っているわけですが、同時に徹底的に熟考することの大切さをも指摘しています。悩みに悩んだら、その事から離れてみよ、というわけです。



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の他の技法解説記事
  • 系列型収束アイデア発想―因果分析法の進め方

    1.因果分析法とは   問題の原因を見つけ出してカード化します。そのカードを原因→結果とつなげながら本質的な原因を追求してゆく方法です。収束技法の一種となります。 2.因果分析法の進め方 ①原因カードの中で重要なカードを20枚以内にしぼり…

  • アイデアのヒントを探しに人はどこへ行く、ヒントを得る場所・人・媒体とは

    1.アイデアを探す場所は  アイデアのヒントを探しに人はどこへ行くのでしょうか。「現代人の発想パターン調査」(1984年.創研調査)によると、図1のようにベスト3は「書店」「自然にふれる」「街や商店」です。  発想につまった時、フラッと書店に出…

  • アイデア発想の基本とは

    商品企画の現場でよく用いられる「アイデア発想」ですが、その現場でよく耳にするのは、次のような発言です。 「売れる商品」のアイデアを出しましょう。 「画期的な商品」のアイデアを出しましょう。 「ヒット商品」になるアイデアを出しましょう。 「革…

  • プレゼンは「さしすせそ」!

     アイデア発表に限りませんが、プレゼンの仕方で聞く人にとっての印象は大きく変わり、アイデアの評価を左右します。ここではプレゼンにあたって注意すべきことを掲示してみます。 1.プレゼンの事前準備6ポイント  まずプレゼンの前に行なっておかなけ…

Closed Q&A
アイデア発想法」の活用事例
  • 必要に迫られればアイデアが出る-紙と缶詰の場合

    1.漢王朝の記録を後世に残すために、すき具を使って紙を発明  世界で初めての紙は、古代エジプトのパピルスであることはよく知られています。ナイル河畔に生えている植物の茎を薄く切って水につけ、植物繊維を密着させて張り合わせ、乾燥させて紙状にしたもので…

  • 屋内外で発見したことからの発想事例1 -蛍光紙、牛の解体-

    1.暗い部屋の片隅で蛍光紙が発光しているのを見て、X線を発見した、ドイツの物理学者 ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン  X線の発見は、現代物理学の出発点となる画期的な出来事です。発見したドイツの物理学者レントゲンの名にちなみ、X線は今でも…

  • 発明事例-実験で出たガスの臭いから未知の生成物を直観、合成ゴム発明の物語

     アセチレンの研究に没頭していたアメリカの化学者ジュリアス・オーサー・ニューランドは、ある時アセチレンを銅とアルカリ金属の塩化物の溶液に通すと奇妙なにおいがすることに気づきました。このにおいのほかに、これといって激しい反応があるわけではありませんで…

  • 価値創造の鍵を握るアナログ知

    1.アナログ知を高めるとは  最近公文式教室のCMをテレビで見かけます。公文式教室は50年以上の歴史があり、現在は日本にとどまらず48の国・地域で学習指導を行い、KUMONとして知られています。今回は、学習塾として有名なKUMONを題材に取り…


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら