ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 問題解決の基本手順

アイデア発想法」の技法解説記事


問題解決の基本手順

1.問題解決で個人と集団プロセスの相違

 下表1に問題解決の手順を6種類のせました。この順番は、時代順でもありますが、単にステップが複雑になっているだけの問題ではなさそうです。

 ポイントを絞ると、(1)と(2)は完全な個人発想のプロセス論、(5)、(6)は集団発想のプロセス論で、(3)、(4)はその中間にあたるものといえそうです。

 ヘルムホルツ、ワラスは科学者です。この時代の科学者は基本的に1人でジックリ研究していましたので、自分の思考プロセスを分析した結果がこれらのプロセス論といえます。一方オズボーンは広告会社の社長、ビュールは機械工学者で指導者でもありましたから、集団の創造をいかにするかという体験からのプロセス論です。

 個人と集団発想のプロセスの差は、集団発想では問題把握の部分と問題解決の部分の2つが分離されているのに対して、個人発想の方では問題解決の部分が特に強調されているということです。

  表1 6種類の問題解決手順

問題解決手順の6種類

2.個人発想ステップの基本

 一番簡単なヘルムホルムの手順で説明します。「準備」はpreparationの訳ですが、私は「熟考」と言いかえています。つまり、「問題についてジックリ考える」ということです。問題を強烈に意識して考えれば、それは問題意識となり脳の中に強く残ります。

 次の「あたため」はincubation(孵化)の訳で、「問題から離れて他のことをする」ことを意味します。言いかえれば、脳に残った問題意識が無意識思考をして、古い記憶や外部の情報で使えそうなものはないかと探索する段階ということです。

 そして「ひらめき」(illumination)の時を迎えます。つまり、ある時突然にパッとひらめく、というわけです。むろん、ひらめきの場所は千差万別です。

 これは無意識思考の大切さを語っているわけですが、同時に徹底的に熟考することの大切さをも指摘しています。悩みに悩んだら、その事から離れてみよ、というわけです。


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(たかはし まこと) / 専門家A / 株式会社創造開発研究所

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!
「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら