5S活動で挫折しない進め方とは

 
  
5S
 
 今回は、次の想定事例をもとにして、5S活動で挫折しない進め方を考えます。 

1. 5S活動:想定事例

 従業員30名の部品加工企業の経営者です。製造の基本として5Sに重要性は理解しており、従業員と一緒に整理整頓のツールを決めていつも指示しているのですが、生産に追われて気づいてみると仕掛品や手直し品が通路に積まれ、工具も本来の場所に戻ってきません。5S活動で挫折しない進め方を解説して下さい。

2. 5S活動で挫折しない進め方

 5S活動が継続できない、または衰退してしまう要因は主に次の2点です。
 
  •  5S本来の意味が全員に浸透していない。
  •  5S本来の意味が全員に浸透していないことで「指示」が「命令」になってしまい、全員がやらされ意識で行ってしまっている。
 
 5S継続に欠かせないポイントは、本来の意味をしっかりと全員に浸透し「いやいや」から「楽しむ」活動へと変えることです。
 
 「楽しい」という意識を部下(従業員)に持たせるためには、指導・指示する方自体が楽しまなければ部下へは伝わりません。5Sの重要性を理解しているのであれば、自ら楽しむ活動として従業員の方々へ伝えて頂ければ、必ず継続することと思います。
 
 5Sの成果は、コスト削減・生産性向上・・・など様々な効果が表れますが、一番の成果・効果は自分の仕事が楽になったかどうかを確かめて頂くことです。
 
 通常、5Sを知らずに活動してしまうと、従業員の方々は「今の仕事も忙しいのに・・・」などと仕事を増やされている感じを受けてしまいがちです。
 
 従業員にお伝えする場合は、経営効果も当然大切ですが「自分たちの仕事も楽にするために行う活動」であることを理解させることです。また、5S活動に関し「忙しいから落ち着いてから・・・」と言われる方もいらっしゃいますが、人間の心理的にも忙しい時こそ知恵が出てきます。
 
 私の経験上も、活動が活発に行われるときは繁忙期の方が生産性は向上します。皆さん、忙しくなると当然「どうやったら早く生産できるか」「早く仕事を終わらせられるか」と考えます。
 
 その考え方に、5Sやジャストインタイム生産方式の考え方をプラスすればいいことですので、そのため、教える(教育)ことが大切になってきます。従業員の方々へ「やらされ感」が出てしまうと、終了後には「大変だったね」だけしか残りません。そうならないためにも、ぜひ意識改革(5S本来の理解)から取り組まれることをお勧めいたします。
 

この記事の著者

前田 康秀

私と一緒に、5S改革でビジネスライフを充実させていきましょう!仕事と改革は、「信頼性」と「責任感」を持ち「ワクワクする気持ち」で行うことが大切です!

5S改革を専門として、全国の製造業を中心に様々な業種の企業様に対し、経営支援をさせて頂いております。 人の育成(意識改革)から5S導入、内容によってはJIT生産方式を含めた5S改革で、企業が抱える問題の解決へ向けて、全力で対応しておりま…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「5S」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「前田 康秀」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン