専門家「笠井 肇」プロフィール

笠井 肇

QFD、TRIZ、QEを駆使した絶対的強みの確立

笠井 肇

専門家専門家A かさい はじめ / 愛知県 / 株式会社アイデア

対応エリア 全国

たった今直面している問題の解決や、将来課題の達成をお客さまとともに考え、結果を出すための道しるべとなります。 総合電機メーカーで培った多種多様な製品経験と、10年以上に及ぶコンサルティングの実績がものをいいます。 画期的な商品作りのために、まず第一歩を踏み出してみませんか?

H P: http://www.idea-triz.com

対応分野

商品企画7つ道具
品質表(QFD)
TRIZ/USIT
TRIZ 40の発明原理 エフェクト 進化のトレンド 9画面法 物質場/発明標準解 トリミング
品質工学(タグチメソッド)
品質工学(タグチメソッド) パラメータ設計(ロバスト設計) 機能性評価
信頼性工学
信頼性工学 FMEA FTA
品質マネジメント
品質マネジメント TQM なぜなぜ分析
生産マネジメント
生産マネジメント VE/VA SLP

経歴

千葉県出身。
1970年 千葉大学工学部工業意匠学科を卒業、同年、株式会社日立製作所に入社。 
同社デザイン研究所において家電製品のデザイン開発に従事したのち同社生活ソフト開発センターにて顧客視点を基軸とした商品企画、製品開発にあたる。
その後 同社研究開発本部における文字フォント、ユーザインタフェースの研究開発推進、映像メディア事業部での映像メディアソフトを含むトータル映像システムの事業推進、開発設計手法の導入展開活動を歴任後、同社モノづくり技術事業部 開発・設計技法推進センター長としてQFD、TRIZ、タグチメソッドなど開発設計手法の全社普及・展開活動に従事。
2002年 同社を退社後、TRIZ、QFDなどの手法を適用したコンサルティング、技術教育講師を中心に活動し現在に至る。

業務実績

国内の電機、電子機器、輸送機器、医療装置、工作機械、制御装置、化学品、化粧品など幅広い分野においてのべ75社、160テーマでTRIZやQFD、タグチメソッドを活用したコンサルティング実績を持つ。 
また、韓国を含む6社(団体)でTRIZやQFDの技術研修講師を務める。
社団法人 産業環境管理協会が推進する「環境ビジネス人材育成セミナー」「SC省資源化促進事業」などの環境関連事業にTRIZの切り口から参画。
著書に『開発設計のためのTRIZ入門 -発明を生む問題解決の思考法-』日科技連出版社、『環境適合設計ツールの活用入門 -コアツール LCA、QFDE、TRIZの効果的活用方法とその事例-』(共著)日科技連出版社。