「信頼性工学」とは

信頼性工学は、製品の寿命の評価したり、延ばしたりする技法と考え方に対する呼称で、安全工学と似ている部分もあります。FMEAやFTA、デザインレビューなどが代表的な方策です。


「信頼性工学」のキーワード解説記事

もっと見る
設計業務のコツ8カ条

 これまで設計業務30年の経験を集大成してみました。悪戦苦闘して自分なりのコツを見つけることも悪くありませんが、ベテランの話も参考にしてみてください。 …

 これまで設計業務30年の経験を集大成してみました。悪戦苦闘して自分なりのコツを見つけることも悪くありませんが、ベテランの話も参考にしてみてください。 …


電子デバイスの信頼性設計プロセスとその手法

1. 信頼性設計と量産性  「部品、機器の品質は80%以上が設計で決定される」といわれています。製品設計を「狭義の品質」すなわち、初期特性と外観のみで捉…

1. 信頼性設計と量産性  「部品、機器の品質は80%以上が設計で決定される」といわれています。製品設計を「狭義の品質」すなわち、初期特性と外観のみで捉…


製品設計においてアレニウスの式を活用するには

1.加速試験とアレニウスの式  プラスチックやゴム、接着剤などの有機材料は、熱や水分などにより少しずつ劣化します。しかも、その劣化の程度が大きいため、使用期…

1.加速試験とアレニウスの式  プラスチックやゴム、接着剤などの有機材料は、熱や水分などにより少しずつ劣化します。しかも、その劣化の程度が大きいため、使用期…

「信頼性工学」の活用事例

もっと見る
部品機能の重要性 カーボンブラック工場の事例

 私は設備を安定稼働させるための機能は元々設備に組み込まれており、部品の機能を知る事が何よりも重要と考えています。その事例をひとつ紹介しましょう。 &nbs…

 私は設備を安定稼働させるための機能は元々設備に組み込まれており、部品の機能を知る事が何よりも重要と考えています。その事例をひとつ紹介しましょう。 &nbs…