ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 情報収集の3原則とは

アイデア発想法」の技法解説記事



情報収集の3原則とは

1.情報収集の3原則は「規・即・集」

 創造とは「課題を情報の結合により新しい解決をはかる事」と定義できます。我々は解決のために各種の情報を獲得しようとするわけですが、情報はさまざまな媒体、あらゆる場面から入ってきます。情報そのものには、何ら規格がありません。紙、映像、音、あるいは味覚、人の感覚器官のすべてから、われわれは情報を入手しているのです。

 そこで、情報収集の第1の原則は「規格化」です。新聞、雑誌の切り抜きはすべてA4サイズの用紙に貼る、作成文書は全てパソコンに入れる、などはその端的な例です。

 第2の原則は「即時化」です。情報は、どこにいつ転がっているか、わかりません。街でふと見たポスターの言葉がヒントになったといった経験はあなたもお持ちでしょう。アイデアのひらめきも時と所かまわずです。となると、私たちはあらゆる時、あらゆる場所で情報を即座に記録するメモ用紙やカメラなどの手段を手にすることが必要です。

 第3の原則は「集中化」です。情報マニア達は、「人の講演」は必ずテープに記録したり、新聞、雑誌をクリッピングし、ファイルしています。しかし、それらを用いて何かを創造はしません。これでは何のための情報収集かわかりません。情報は何かを創造するために集めるものです。だから創造のためにすぐ情報が出せるよう集中化が必須です。創造のための情報収集は、自分のテーマを確立し、「規・即・集」で集めましょう。

 

2.記録メディアから情創メディアへ

 人が創造のために情報を利用する現代では、大量の情報を活用して創造するのが常識です。ところがVTRやサウンドテープのように、再生に必ず一定の時間を取られるメディアは、情報側が主体であって利用者側が主役とはなりえません。これらは記録のためで、再利用には制約の多いメディアなのです。

 私は情報収集のメディアを、記録メディアか情創メディアかに区別します。保存のためや繰り返して利用する記録メディアは、音声レコーダー、留守番電話、ビデオレコーダー、ビデオカメラなどです。しかし、情報創造には再生が即座にできる「静止画」が基本となります。だから、情創メディアとしては電子黒板やデジタルカメラなどが、有効なマシーンです。

 時間を食うメディアは、あとで全く同じ時間をとられるということを、くれぐれも忘れてはなりません。記録メディアのビデオレコーダーは場面を後で再生できますから、詳細な情報収集用として使用すべきです。だから倍速が何倍かで言葉が明確なモデルや、必要な場面をコピーできるモデルは情創メディアとして有効なものといえます。

 

3.情創メディアの基本はメモ

 情報収集のメディアは大きく分けて、携行型と設置型に分けられます。

 携行型のメディアとしては、手帳、デジタルカメラ、メモノートやノートパソコンがあります。設置型のメディアには、切り抜きファイルやDVDやBDのビデオレコーダー、デスクトップ型パソコンなどがあります。

 メモは、カード派の阿久悠さん(作詞家)、ノート派の柳田邦男さん(作家)と二派に分かれますが、メモ作成のコツは同じで、以下がポイントです。

   ① すぐその瞬間にメモする
   ② 1件を1カードか1ページに
   ③ 日付と情報源を記入する
   ④ 常に整理分類する

 私は今、メモ用にポストイットを使っています。思いついたときすぐメモし、スケジュールや連絡などは手帳に、アイデアや重要情報はノートに貼ったり転記します。メモ用紙は静止画そのものであり、立派な情創メディアです。

 ともあれ、情報創造のためには、基本的には静止画で、すぐ大量に取り出して利用できる情創メディアが便利といえます。



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の他の技法解説記事
  • 大量の発想データを整理するには「ブロック法」を活用しよう!

    1.ブロック法とはなにか?  ブロック法は、発想データを項目別にまとめあげデータの粗整理を行なう手法で、大量のデータを大まかに整理するのに便利です。 2.ブロック法の利用手順  まず事前に、データをカード化したり、アイデア発想会議を行い、…

  • 発散思考と収束思考の使い分け

    1.発散思考と収束思考の活用法  アメリカの著名な心理学者、J・P・ギルフォードは人間の頭脳を「内容」「操作」「所産」に分け、内容を用い、操作して、所産を産むのが頭脳であると規定しました。     ● 内容 ――― 視覚的、聴覚的、記号的、意味…

  • アイデア発想の基本とは

    商品企画の現場でよく用いられる「アイデア発想」ですが、その現場でよく耳にするのは、次のような発言です。 「売れる商品」のアイデアを出しましょう。 「画期的な商品」のアイデアを出しましょう。 「ヒット商品」になるアイデアを出しましょう。 「革…

  • プレゼンは「さしすせそ」!

     アイデア発表に限りませんが、プレゼンの仕方で聞く人にとっての印象は大きく変わり、アイデアの評価を左右します。ここではプレゼンにあたって注意すべきことを掲示してみます。 1.プレゼンの事前準備6ポイント  まずプレゼンの前に行なっておかなけ…

Closed Q&A
アイデア発想法」の活用事例
  • 発想力を考える:ひらめき派と理論派

     東京五輪のロゴの模倣問題を発端に担当デザイナーの他の作品にも次々と模倣疑惑が広がりましたが、作品そのものだけでなく、身内に官僚がいるので出来レースだったとかデザインと関係のないところまで面白おかしく書き立てられました。    私はデザインや作…

  • 蒸気機関時代のアイデア発想事例

    1.恩師から吸収した科学的思考から蒸気機関の熱効率をアップし、蒸気機関を完成させたイギリスの発明家ジェームズ・ワット  人との出会いが人生の転機になる例は多いものですが、ワットにとって、ブラック博士とジョン・ロビンソンとの出会いがまさにそれでした…

  • 失敗の繰り返しが発明を生んだ事例3-安全剃刀、テレビジョン-

    1.専門家に一蹴されたアイデアを温め続けて安全剃刀を商品化した、アメリカの発明家キング・キャンプ・ジレット  発明一家の出身でありながら、40歳になるまで輝かしい発明とは縁のなかったキング・キャンプ・ジレットは、ある朝ひらめきます。それは、鏡…

  • 光学技術発見の事例

    1.たまたま二枚のレンズを使って遠くを見て、筒眼鏡を発明したオランダのレンズ研磨工ハンス・リッペルスハイ  17世紀の初め、オランダは眼鏡の生産地でした。レンズ研磨士のハンス・リッペルスハイは、磨き具合を調べるためにレンズを目先にかざして、遠くの…


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら