アイデアのヒントを探しに人はどこへ行く、ヒントを得る場所・人・媒体とは

1.アイデアを探す場所は

アイデアを探す場所
 アイデアのヒントを探しに人はどこへ行くのでしょうか。「現代人の発想パターン調査」(1984年.創研調査)によると、図1のようにベスト3は「書店」「自然にふれる」「街や商店」です。

 発想につまった時、フラッと書店に出かけて、関係書や他の書物をみる人はかなり多いでしょう。図書館や自宅の書庫などが、あまり充実していない日本人にとって、書店は私設図書館の役割をしています。同様に第3位の「街や商店」も、現代日本人の特長といえましょう。日本くらい世界中の商品やサービスの機会があふれているところはありません。マチはわれわれにとって発想の宝庫といえます。

 2位は「自然にふれる」です。数学者の岡潔博士は、1週間ほど徹底的にその問題を考えたら旅に出たそうです。旅に出てホッとした時、着想が出てくることが多かったからとその理由をかたっています。

 これらをみてわかるように、発想の場所はオフィスや家の中ではなく外が多く、企業の中での自由時間や余裕の大切さを指摘しています。つまり、過度の管理化は創造性の敵ということになります。

 

新ビジネス・新商品開発 目からウロコのアイディア発想法 ~異分野こそアイディアの宝庫~

ものづくり革新セミナーシリーズDVD

18,144円 (税抜 16,800円) 22点在庫あり

2.発想のヒントは人から・メディアから

 発想のヒントにする媒体と、人について考えてみましょう。ちょっと古くなりましたが、2004年の調査を見てみます。現代でも大きくは変わっていないように思われます。

 まず人についてですが、この調査によればベスト3は以下のようになりました。

   (1)職場の同僚 56%
   (2)職場の先輩・上司 46%
   (3)同年輩の知人 36%

 発想につまったら人に話しかける、という人はかなりいます。自分の考えをまとめるためだったり、何かちがった角度からのアドバイスを求めるためだったりです。

アイデアを探す媒体
 このように、良いアドバイスをもらえる人は大切にしたいものです。その意味からも職場の人ばかりでなく、外部の研究会など多くの人脈をつくることが大切です。

 さて、媒体については図2のグラフです。お手軽なWeb情報以外では、雑誌が他の媒体と比べて高くなっています。ここで詳しく見ると、ハード系の人は専門誌、ソフト系の人は一般誌というような傾向がみられました。

 そして、必ずしもその問題と直接関連あるものばかりでなく、無関係なものからもヒントは多いということをつけ加えておきましょう。


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。