創造的変革はCREATEが条件

1.CREATEの条件

 私は創造的革新のポイントを「創造」の英語の動詞「CREATE」の6つの頭文字で説明しています。

  ①Change Agent・・・・変革者
  ②Reason・・・・・・・・・・理由
  ③Environment・・・・・環境
  ④Aim・・・・・・・・・・・・・・目標
  ⑤Technology・・・・・・技術
  ⑥Energy・・・・・・・・・・・情熱

 創造はまず人です。何としても現状を変えなくてはと真剣に考え、実践しようとする人、つまり「変革者」が欠かせません。

 次に大切なのは変革の「理由」です。なぜ変革が必要なのかを周囲に納得させなければなりません。そのためには、変革者を支持してくれる「環境」が大切です。つまり組織上部のバックアップが何よりも重要です。

 このような環境が整ったら、次は到達すべき「目標」を決めることです。ゴールを決めない創造はありえません。そして解決のためにありとあらゆる「技術」を動員すべきです。最後は目標達成へのたゆまぬ努力、つまり「情熱」なのです。

2.日産変革の条件も同じ

 日産の大変革者を例に説明しましょう。「変革者」はCOO(最高執行責任者)のカルロス・ゴーンさん。変革の「理由」は言うまでもありません。実は日産は、変革せねばと全社員が思い、抜本的でないと意味がないと誰もが考えていました。しかし誰も手を下そうとしませんでした。

 変革推進の「環境」づくりは社長の塙さん。彼は「ゴーンさんに全て任せてます」と社内の異論を封じ込めています。

 ゴーンさんは変革の「目標」を2002年までに5工場閉鎖、2万1千人削減など数字で明示しています。この目標は、徹底した現場回りと、最新の情報「技術」などで割り出したものです。そして全従業員に衛星中継で同時に発表しました。ゴーンさんはこれが期限までに成功しなければ辞任すると言い切り、自らの退路を断ち変革への「情熱」を燃やしています。

 日産の変革は創造的変革の条件をずばり表していました。

創造性発揮チャート

図1創造性の促進チャート

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!