ホーム > 技法解説 > ステージゲート法 > ステージに分割してゲートで評価する、ステージゲート法とは何か(前篇)

ステージゲート法」の技法解説記事



ステージに分割してゲートで評価する、ステージゲート法とは何か(前篇)

1. ステージゲート法とは

 ステージゲート法は研究開発テーマや商品アイデア創出に始まり、多数創出されたアイデアを対象に、研究開発や事業化・商品化活動を複数の活動(ステージ)に分割し、次のステージに移行する前には評価を行う場(ゲート)を設け、そこでの評価をパスしたテーマのみを次のステージに進め、最終的に上市に至らしめるという方法です。

 

 

2. ステージゲート法の源流はDR

 このゲートとステージという考え方には、特に目新しさはないかもしれません。なぜなら、実はステージゲートの源流は、日本のデザイン・レビュー( DR )にあります。1980年代に日本の製造業が米国の市場を席捲し、米国の産業界は大きな痛手と脅威を受けました。そこで米国は産官学共同でその戦略的な対応のためのプロジェクトを発足し、日本の製造業の分析を徹底して行いました。そのような活動の中で、日本の製造業で行われていたDRに基づき開発された手法がステージゲート法です。

 ステージゲート法がDRと異なるのは、徹底してテーマの事業性の評価を重視する点です。もちろん日本のDRも事業の視点が含まれてはいますが、その主眼は技術的課題の抽出と解決に向けられています。

 

3. ステージゲート法の普及度

 米国の製造業では相当な割合で、このステージゲート法が使用されており、米国の製造業の6割以上が採用しているというデータもあります。日本には、1990年代中盤に導入され、現在では日本でも旭化成や富士フイルムといった大企業企業を中心に100社以上で利用されています。ただし、同方法は、企業規模を選ばず有効です。

 

[後編へつづく]



ステージゲート法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「浪江 一公」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



今多くの日本企業は「技術で勝って、事業で負ける」という問題を抱えています。ステージゲート法はこの問題を解決する極めて有効は方法論です。米国では製造業の6割が利用し、日本においても100社以上で活用されている手法で、最近では富士フイルムが本手法を活用し、「第二の創業」を成功させたと言われています。経… 続きを読む

浪江 一公」のセミナー

研究開発部門に求められるマーケティングの知識と活動
開催日 (登録日:2017-2-16 / 開催日:2017-4-19)
説明  今、日本企業は、先進国企業を徹底して研究し、それに加え極めて戦略的かつ積極的・大胆な展開をする新興国企業の追撃を受けており、この傾向は今後も益々強くなることは明らかです。  こ…

ステージゲート法」の他の技法解説記事

開発テーマ、強力なテーマ中止の抵抗力とは (2013-08-08)
革新的テーマ創出のための環境「失敗を罰しない」(前編) (2014-09-24)
企業において死命を制する研究開発テーマ、創出の仕組み (2013-12-10)
ステージゲート推進の主役はプロジェクトチーム (2013-10-29)
ステージゲート初期での利益を考える (2013-11-11)
市場を広く捉えて革新的テーマを手に入れる (2014-02-27)
研究テーマの多様な情報源(その9 ラガード)遅れる人とは (2015-02-16)
顧客コンサルティング、五感で定量的に顧客を理解する! (2014-04-16)
革新的テーマ創出のための環境「失敗を罰しない」(後編) (2014-09-30)
一人の責任者がすべきステージゲートの最終的な意思決定 (2013-07-24)

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら