ステージに分割してゲートで評価する、ステージゲート法とは何か(前篇)

1. ステージゲート法とは

 ステージゲート法は研究開発テーマや商品アイデア創出に始まり、多数創出されたアイデアを対象に、研究開発や事業化・商品化活動を複数の活動(ステージ)に分割し、次のステージに移行する前には評価を行う場(ゲート)を設け、そこでの評価をパスしたテーマのみを次のステージに進め、最終的に上市に至らしめるという方法です。

 

 

セミナー「ステージゲート・プロセスを活用したR&Dテーマ評価・選定のマネジメント」

10:30 ~ 16:30 

江東区産業会館 第1会議室

49,980円

2. ステージゲート法の源流はDR

 このゲートとステージという考え方には、特に目新しさはないかもしれません。なぜなら、実はステージゲートの源流は、日本のデザイン・レビュー( DR )にあります。1980年代に日本の製造業が米国の市場を席捲し、米国の産業界は大きな痛手と脅威を受けました。そこで米国は産官学共同でその戦略的な対応のためのプロジェクトを発足し、日本の製造業の分析を徹底して行いました。そのような活動の中で、日本の製造業で行われていたDRに基づき開発された手法がステージゲート法です。

 ステージゲート法がDRと異なるのは、徹底してテーマの事業性の評価を重視する点です。もちろん日本のDRも事業の視点が含まれてはいますが、その主眼は技術的課題の抽出と解決に向けられています。

 

3. ステージゲート法の普及度

 米国の製造業では相当な割合で、このステージゲート法が使用されており、米国の製造業の6割以上が採用しているというデータもあります。日本には、1990年代中盤に導入され、現在では日本でも旭化成や富士フイルムといった大企業企業を中心に100社以上で利用されています。ただし、同方法は、企業規模を選ばず有効です。

 

[後編へつづく]


この記事の著者

浪江 一公

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。

今多くの日本企業は「技術で勝って、事業で負ける」という問題を抱えています。ステージゲート法はこの問題を解決する極めて有効は方法論です。米国では製造業の6割が利用し、日本においても100社以上で活用されている手法で、最近では富士フイルムが本…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ステージゲート法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「浪江 一公」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン