整頓の標準化:ジャスト・イン・タイム生産(その26)

 

 

【実践編 目次】

第1章 改革の土台をつくる

(1)意識改革で改革の前提をつくる
   すべての改革は意識改革から始まる/3つの改革
(2)「整理」で要るモノ・要らないモノを明確にする
   「5S・3定」で基礎をつくる/「整理」とは捨てるモノを明確にすること
   不要なモノが引き起こすムダと問題/「赤札作戦」で不要なモノをオモテ化する
(3)「整頓」でモノの置き場・置き方を標準化する
   使いやすく、分かりやすく/整頓①田の字レイアウト
   整頓②ストライクゾーン/整頓③先入れ先出し
   整頓④置き場線で区画する/整頓⑤分かりやすく表示する「看板作戦」
   戻しやすさの追求
(4)「清掃」を日常的な点検・保全につなげる←今回の記事
   清掃点検・保全を一連の作業とする
(5)「清潔」は事後処理から予防へと踏み込む取り組み
  「予防3S」のしくみをつくる/予防整理:要らないモノを発生させない
   予防整頓:戻さなければ乱れない/予防清掃:ゴミを発生させないしくみ
(6)「躾け」で職場に緊張感をつくる
   祭づくりの5つの方策

第1章 改革の土台をつくる

 改革を行なう際には、しっかりとした土台づくりが大事です。そのために必要なのが「意識改革」と「5S・3定」。整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)を中心とする現場改革の基本です。

  残り55% 続きを読むには・・・


この記事の著者

古谷 誠

「5S・3定」で改革・改善の基礎をつくり!JIT思想でムダを徹底して取り!心を生かしたモノづくりを目指す!

「5S・3定」で改革・改善の基礎をつくり!JIT思想でムダを徹底して取り!心を生かしたモノづくりを目指す!

 

 

【実践編 目次】

第1章 改革の土台をつくる

(1)意識改革で改革の前提をつくる
   すべての改革は意識改革から始まる/3つの改革
(2)「整理」で要るモノ・要らないモノを明確にする
   「5S・3定」で基礎をつくる/「整理」とは捨てるモノを明確にすること
   不要なモノが引き起こすムダと問題/「赤札作戦」で不要なモノをオモテ化する
(3)「整頓」でモノの置き場・置き方を標準化する
   使いやすく、分かりやすく/整頓①田の字レイアウト
   整頓②ストライクゾーン/整頓③先入れ先出し
   整頓④置き場線で区画する/整頓⑤分かりやすく表示する「看板作戦」
   戻しやすさの追求
(4)「清掃」を日常的な点検・保全につなげる←今回の記事
   清掃点検・保全を一連の作業とする
(5)「清潔」は事後処理から予防へと踏み込む取り組み
  「予防3S」のしくみをつくる/予防整理:要らないモノを発生させない
   予防整頓:戻さなければ乱れない/予防清掃:ゴミを発生させないしくみ
(6)「躾け」で職場に緊張感をつくる
   祭づくりの5つの方策

第1章 改革の土台をつくる

 改革を行なう際には、しっかりとした土台づくりが大事です。そのために必要なのが「意識改革」と「5S・3定」。整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)を中心とする現場改革の基本です。

(4)「清掃」を日常的な点検・保全につなげる

 日常業務の清掃に、点検業務を組み込み、作業者が保全業務までできるしくみをつくる。

◆ 清掃・点検・保全を一連の作業とする

 いつも、 きれいな職場は気持ちのよいものですが、 「5S」の清掃とは、ただ掃除をするというだけでありません。日常的に機械設備の状態をチェックして、故障や不具合を発見したり、メンテナンスを怠らず、いつでも必要なときに動かせるようにすることがその目的です。

 そのためには、 日常の清掃を作業前や後に業務外に行なうものとせず、業務の一環として行なうように習慣化することが必要です。そのうえで、 日常清掃に点検業務を組み入れ、清掃作業の際に、点検業務も一緒に行なうようにします。なぜなら、日々の機械設備の調子をいちばんよく知っているのは、日常的にこれらを扱っている作業者だからです。

 さらに、保全活動にもつなげていきます。保全は保全係の仕事と区別せずに、相棒の面倒を見るつもりで行なうようにしましょう。そのために必要なのは、誰にでも機械設備の保全・管理ができるようなしくみです。清掃・点検・保全を一連の業務とすることで、機械設備のメンテナンスをスムーズに行なうことができるようになります。可動率(べきどうりつ)の向上にもつながります。

 この清掃→点検→保全の流れは、下図の手順で行ないます。

 

JIT

 図.清掃保全の実施手順 

 

 次回は、(5)「清潔」は事後処理から予防へと踏み込む取り組みを解説します。

 【出典】古谷誠 著 『会社を強くする ジャスト・イン・タイム生産の実行手順』中経出版発行(筆者のご承諾により連載)

 


「トヨタ生産方式」の他のキーワード解説記事

もっと見る
ジャスト・イン・タイム生産(その4)概要

  【目次】 第1章 概要を理解しておこう (1) 変化の時代に対応する    いま、なぜジャスト・イン・タイムなのか...

  【目次】 第1章 概要を理解しておこう (1) 変化の時代に対応する    いま、なぜジャスト・イン・タイムなのか...


ジャスト・イン・タイム生産(その13)基本的な考え方

【目次】 第2章 基本的な考え方を押さえておく (1) 「改革」である   「改善」と「改革」の違いとは  「自己啓発」ではなく「自己革新」を行な...

【目次】 第2章 基本的な考え方を押さえておく (1) 「改革」である   「改善」と「改革」の違いとは  「自己啓発」ではなく「自己革新」を行な...


ものづくり原価低減の進め方(その2)

 前回のその1に続いて解説します。中小企業では、社長の正しい考え方、リーダーシップののもとで、改善活動を行うかどうかで、成果があがり定着するかどうかが決ま...

 前回のその1に続いて解説します。中小企業では、社長の正しい考え方、リーダーシップののもとで、改善活動を行うかどうかで、成果があがり定着するかどうかが決ま...


「トヨタ生産方式」の活用事例

もっと見る
回転ずしに見るサプライチェーン

 寿司職人がにぎるカウンター方式のにぎり寿司は、需要予測によってあらかじめ用意されたシャリとネタをバッファ(在庫)として持ち、実需(オーダー)によってネタ...

 寿司職人がにぎるカウンター方式のにぎり寿司は、需要予測によってあらかじめ用意されたシャリとネタをバッファ(在庫)として持ち、実需(オーダー)によってネタ...


見込み生産と受注組立(MTSとBTO)の対比

 今回は代表的な生産方式である見込み生産(MTS:メイク・ツー・ストック)と受注組立(BTO:ビルド・ツー・オーダー)の両者を、乗り物に喩えて比較してみよ...

 今回は代表的な生産方式である見込み生産(MTS:メイク・ツー・ストック)と受注組立(BTO:ビルド・ツー・オーダー)の両者を、乗り物に喩えて比較してみよ...


トヨタ生産方式の導入はなぜ難しい

  1、トヨタ生産方式:高いハードル  トヨタ生産方式(TPS=Toyota Production Sysytem) は実によく話題にな...

  1、トヨタ生産方式:高いハードル  トヨタ生産方式(TPS=Toyota Production Sysytem) は実によく話題にな...