商品企画のシステム化、商品企画の七つ道具

 企業の命題は商品を作る,新しいサービスを創り,継続的に売上を上げること,利益を上げることです。

もの作り,サービスにおいて企画は非常に重要でありますが,商品企画というとアイデア出しに焦点を当てがちです。

 

社内の企画会議でアイデア出しの会議を行い,そのアイデアの中から主観でアイデアを絞り商品化してゆく流れは多く見られます。

この流れの中で売れる商品企画が残れば全く問題はありません。社内で生み出されたアイデアを商品化して,売り方を考える企業も多いです。

また,低価格戦略を掲げて安く売る企業も見受けられます。

膨大な費用とエネルギーを掛けて成功率が1割にも満たない商品・サービスが沢山あるのです。この成功の可否は非常に属人的です。

 

一方消費者の視点からすると,長引く不況が続き,消費の縮小が叫ばれています。

ものが満ちあふれている現在,新しいものを購入する意欲は低くなっています。

欲しいものがない時代にヒット商品を生み出す必要があるのです。

従来の商品企画は「ひらめき」,「個人のセンス・才覚」,「度胸」が支配し科学的なアプローチはなじまないといわれてきました。

 

しかし,商品企画七つ道具では定量的な統計解析手法と定性的な調査発想手法を改良して組み合わせた企画方法を提唱します。

利益を生むのは顧客価値を追求した高付加価値商品の創造が目標です。


この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「商品企画7つ道具」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン