生産管理システムはどうあるべきか(その1)多工程受注生産の生産管理

MRP

1.多工程・繰返し型受注生産の生産管理

 多くの部品加工工場、特に中堅規模の工場から共通して相談を持ち掛けられる問題があります。それは各工場が使っている生産管理システムが自社の業務を的確にサポートできていないという問題です。こうした工場のシステムは注文書など生産伝票を発行する機器で止まっていることが多いのです。

 中堅規模の部品加工工場は、小規模の町工場とは異なり単工程加工型の生産工場は少ないのです。通常は複数工程を流して部品加工生産しています。親会社からの注文も個別単位の受注ではなく、同じ製品を繰返し受注して生産しているところが多いのです。このような繰返し多工程型の工場では、加工部品の工程進捗管理をしっかり行わないと納期遅れが多発したり、仕掛品在庫が急増するといった問題が生じやすいわけです。

 ところが市販されている中堅工場向けの生産管理パッケージの多くは繰返し受注生産型部品加工工場の生産管理への対応が十分ではありません。大半のパッケージはMRPロジックという計画生産型の部品在庫補充調達システムがベースとなっており、部品加工工場が必要とする工程管理機能が貧弱だからです。とくにERPパッケージの工程管理機能が問題になっています。経営者が流行に踊らされてERPを導入した工場から「システムが機能しないために納期遅れが続出した」といった悲鳴が相次いでいます。

 読者の皆様の工場はいかがでしょうか。納期対策で追い込まれた部品加工工場では、生産管理パッケージとは別にエクセルを使って工程管理したり、工場担当者(工程追っかけマン)が各現場を飛び回って進捗確認していることが多く、自社工程や外注先に十分な製造能力があった時代はこの仕組みでも何とかなったわけです。

 しかし、現在の日本のものづくり現場は人手不足が深刻化しており、エ...

MRP

1.多工程・繰返し型受注生産の生産管理

 多くの部品加工工場、特に中堅規模の工場から共通して相談を持ち掛けられる問題があります。それは各工場が使っている生産管理システムが自社の業務を的確にサポートできていないという問題です。こうした工場のシステムは注文書など生産伝票を発行する機器で止まっていることが多いのです。

 中堅規模の部品加工工場は、小規模の町工場とは異なり単工程加工型の生産工場は少ないのです。通常は複数工程を流して部品加工生産しています。親会社からの注文も個別単位の受注ではなく、同じ製品を繰返し受注して生産しているところが多いのです。このような繰返し多工程型の工場では、加工部品の工程進捗管理をしっかり行わないと納期遅れが多発したり、仕掛品在庫が急増するといった問題が生じやすいわけです。

 ところが市販されている中堅工場向けの生産管理パッケージの多くは繰返し受注生産型部品加工工場の生産管理への対応が十分ではありません。大半のパッケージはMRPロジックという計画生産型の部品在庫補充調達システムがベースとなっており、部品加工工場が必要とする工程管理機能が貧弱だからです。とくにERPパッケージの工程管理機能が問題になっています。経営者が流行に踊らされてERPを導入した工場から「システムが機能しないために納期遅れが続出した」といった悲鳴が相次いでいます。

 読者の皆様の工場はいかがでしょうか。納期対策で追い込まれた部品加工工場では、生産管理パッケージとは別にエクセルを使って工程管理したり、工場担当者(工程追っかけマン)が各現場を飛び回って進捗確認していることが多く、自社工程や外注先に十分な製造能力があった時代はこの仕組みでも何とかなったわけです。

 しかし、現在の日本のものづくり現場は人手不足が深刻化しており、エクセルや工程追っかけマンによる管理だけでは納期変更や製造遅れに追いつかない状況に陥っています。こうした問題に直面した部品加工工場からの生産管理システム活用に関する悩みの相談が増えています。

 次回は、何が生産管理システムの利用を難しくしているのか。から解説を続けます。

 この記事は、『プレス技術』2020年1月号に掲載の内容を筆者が改編したものです。 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

本間 峰一

高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生産管理システムを利益に貢献するシステムに再生させます!

高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生産管理システムを利益に貢献するシステムに再生させます!


「MRP」の他のキーワード解説記事

もっと見る
生産管理パッケージ活用の留意点(その6)

◆生産管理パッケージ導入のポイント    前回のその5、MRPパッケージの苦手部分を補強するに続いて解説します。今回は、実際に生産管理パッケ...

◆生産管理パッケージ導入のポイント    前回のその5、MRPパッケージの苦手部分を補強するに続いて解説します。今回は、実際に生産管理パッケ...


生産管理パッケージ活用の留意点(その1)

◆パッケージの標準機能だけでは管理効果は得られない    本連載では基幹業務システム導入の中でも最も専門知識を必要とされる生産管理パッケージ...

◆パッケージの標準機能だけでは管理効果は得られない    本連載では基幹業務システム導入の中でも最も専門知識を必要とされる生産管理パッケージ...


生産管理システムはどうあるべきか(その7)工程間滞留時間の分析

   前回のその6に続いて、最終回を解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (5) 工程間滞留時間の分析がで...

   前回のその6に続いて、最終回を解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (5) 工程間滞留時間の分析がで...