ホーム > 技法解説 > 生産マネジメント > MRP

MRP とは

MRP(Material Requirement Planning)とは資材所要量計画と訳され、BOM(Bill of Material)と呼ばれる部品表を元に、計画販売数量、現在庫量、部品納期から、部品発注量、発注時期、生産計画などを計算する仕組みです。 さらに負荷管理/能力管理まで取り込んだMRPⅡ(Manufacturing Resource Planning)に進化していますが、いずれにせよすべての数値を確定させないと動かない壮大なプッシュ型生産管理であり、最終工程から需要をカンバンで引っ張るトヨタ生産方式とは対極をなします。

MRPのセミナー

生産管理の基礎と成果を出す生産管理システムの活用法
開催日 (登録日:2017-11-22 / 開催日:2018-1-17)
説明 リードタイム、納期在庫の正しい関係、MRP問題の解消法、生産管理システムを使いこなす秘訣 ・効率的な生産に不可欠な生産管理システムを正しく活用するための講座 ・製造業を取…

MRPの解説記事一覧

MRPの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


MRPの専門家

氏名 会社名
本間 峰一 株式会社ほんま 高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生…
間舘 正義 日本コストプランニング株式会社 製品を切り口に最適コスト追求のためのコスト・ソリ…
野中 帝二 トリニティ プログラム 労働人口が減少する中、生産性を維持・向上しつつ、…
関 龍彦 インダストロジー株式会社 利益の出る生産管理を提案/実現します。投資効果を…
隈井 慶 ワクコンサルティング株式会社 ワクコンサルティング 営業窓口を担当します隈井で…
根本 隆吉 KPIマネジメント株式会社 中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です…
落海 武 落海コンサルタント 現場が変われば利益が上がる! 50社近くの製造業…
林 隆男 ライジングコンサルタンツ株式会社 「ものづくり・人づくり・仕組みづくり」を指導理念…

MRPで解決できる課題

6件中 16件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
3 生産 発注管理を最適化したい
3 生産 生産情報を正確、迅速に入手したい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい
1 市場品質 測定器校正のトレーサビリティを確保したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら