「MRP」とは

MRPとは

MRP(Material Requirement Planning)とは資材所要量計画と訳され、BOM(Bill of Material)と呼ばれる部品表を元に、計画販売数量、現在庫量、部品納期から、部品発注量、発注時期、生産計画などを計算する生産管理手法です。 さらに負荷管理/能力管理まで取り込んだMRPⅡ(Manufacturing Resource Planning)に進化していますが、いずれにせよすべての数値を確定させないと動かない壮大なプッシュ型生産管理であり、最終工程から需要をカンバンで引っ張るトヨタ生産方式とは対極をなします。

MRPの解説記事

MRP関連のセミナー紹介

 


「MRP」のキーワード解説記事

もっと見る
生産管理パッケージ活用の留意点 【 連載紹介 】

  生産管理パッケージ活用の留意点、その全てが、無料でお読みいただけます!   ◆こんな方におすすめ!=生産管理パッケージの...

  生産管理パッケージ活用の留意点、その全てが、無料でお読みいただけます!   ◆こんな方におすすめ!=生産管理パッケージの...


生産管理システムはどうあるべきか(その7)工程間滞留時間の分析

   前回のその6に続いて、最終回を解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (5) 工程間滞留時間の分析がで...

   前回のその6に続いて、最終回を解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (5) 工程間滞留時間の分析がで...


生産管理システムはどうあるべきか(その6)パッケージ利用とスクラッチ開発

   前回のその5に続いて解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (3) パッケージ利用ではなくスクラッチ開...

   前回のその5に続いて解説します。 3.生産管理システム導入を成功させるためには何が必要か (3) パッケージ利用ではなくスクラッチ開...