ホーム > 技法解説 > 品質マネジメント > 町工場でも、出来る品質管理(その2)

品質マネジメント」の技法解説記事



町工場でも、出来る品質管理(その2)

 前回のその1に続いて解説します。製品の品質を維持・向上させていくことは、お客様の満足につながり、企業の成長に欠かせないことです。品質管理の重要性・必要性は、社長であれ社員であれ十分認識していることでしょう。
 
 しかし、製造部門の第一線では何をやればよいか、多数ある品質管理手法の中から現場で知っておくべき基本的な管理・改善手法は何かについては分からないという町工場も多いのです。不良の兆候察知と未然防止、不良の低減・撲滅、品質事故の拡大防止、再発防止のために職場でなにをどのように行えば良いか、最初は、『品質管理活動とは何か』です。
 

1.品質管理活動

 管理とは、まずその会社の社長が将来、会社をどうしたいのか、会社の方向を決め、経営計画/方針を打ち出すことからです。これを方針管理といい、会社の目指すべき方向性やビジョンといった内容を社員全員に浸透させることから始まります。
 
 次に、この方針に基づいて、その目的を達成するべく、各部門/現場レベルに落とし込んで、日常管理を行います。これを方針展開と言います。各部門はP(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)のサイクルで目標を達成する活動を行います。
 
 そして、日常生産活動を行うに当たっても、工程設計(P)、実際の作業(D)良し悪しを確認(C)するために検査を行い、不具合が発見されたら、QC7つ道具統計的品質管理手法といったデータ分析を行い、原因を特定して改善対策を講じます。この一連の動きが品質管理活動ということになります。
 
 「人」「組織」「しくみ」は、品質管理活動の基本ですが、社員数が圧倒的に少ない町工場では、必然的に「人」のウエートが大きくなります。以外にも、町工場こそ、一人一人の品質管理活動が求められる場なのです。
 

2.品質管理活動とはいったい何か

 
■ 製品・サービスを生み出すのは「人」です。 
 クレーム・不具合ゼロ達成の絶対的なキーポイントは「人」の感性を高めることです。品質管理活動の良し悪しは一人一人の業務処理能力や意識・感性によります。品質やお客さまに関する「これはおかしい」と感ずる感性や、細部へのこだわり、完ぺきをめざす意識が何より重要です。
 
■ しくみは、人的能力を補う役割 
 品質管理活動のしくみは業務遂行のための基本ルールです。しかし、仕事の主役である「人」がルール通り運用し、問題や異常があれば摘出し、対策処置を講じなければ効果は上がりません。
 
■ 品質管理活動は教育に始まって、教育に終わる 
 自らが、仕事を通じて学び、仕事の中から気付くことです。目の前の仕事から学ぶことが実際的で、身につくものであり、応用が利くものです。
 
■ 仕事を通じた機会から学ぶ(学習する組織) 
 自らの仕事: 失敗や成功経験、創意工夫、改善活動、チーム活動、リーダ経験
 人の仕事ぶり: 上司、先輩、同僚、後輩、お客様、取引関係
 事実・現実: 目の前に起こっている事実、現実、問題
 専門家: 書籍、後援会、研究会、個人指導
  
■ 小集団活動の限界 
 小集団活動は、上記の考え方からかけ離れてしまい、誤った品質管理活動となっています。発表会直前の集中活動、リーダーのみに負荷が掛かります。発表テクニックを競う活動。企業の発展、体質改善に主眼を置いた活動は何れ、マンネリ化に陥ります。自主的な取り組みは、取り組みテーマの選定に困難を来して来ます。改善活動(効果期待)よりも、教育、人づくりの活動に主眼を移すべきです。
 
■ 方針管理(トップダウン)、小集団活動(ボトムアップ)のあり方 
 いくら、方針を掲げ、テーマを設定しても「人」の品質管理活動が不十分ではうまくいきません。方針管理(トップダウン)のPDCAを回すには、ボトムアップ活動とうまく噛み合わせる必要があります。そのための仕掛けが必要です。
 


品質マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「浜田 金男」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(はまだ かねお) / 専門家B / 高崎ものづくり技術研究所

ものづくり現場ですぐ使える品質改善技法&ツール開発と普及を目指す!

品質マネジメント」の他の技法解説記事
  • トレーサビリティ、追跡可能性とは

      トレーサビリティとは追跡可能性と言う意味です。Trace(トレース)と言う ”たどる” とかデッサン等の ”なぞる” と言う意味の単語から連想すると覚えやすいと思います。品質管理において最も大切な仕組みの一つがトレーサビリティです。トレーサビリ…

  • 4M変化点管理の目的とポイント

     4M変化点管理で重要なキーワードは「異常」「先手管理」「重点項目」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。取引先からの要望で変化点管理を実施しなさいとよく言われることがあります。取引先は一体どのような意図をもって要望を出しているでしょうか…

  • 4M変化点(4M変動)管理 4つの重要ポイント

     そもそも、4M変化点(4M変動)管理を行う目的は何でしょうか?重要なキーワードは「日常管理のしくみ」「先手管理」「重点管理」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。尚、別稿で4M変更管理の体系化を解説しましたので、そちらも参考にして下さい…

  • 4M変化点管理と多品種少量生産

     今回は、多品種少量生産工場における4M変動管理(変化点管理)について解説します。多品種少量生産工場では、作る製品が毎日のように変わります。ということは、設備、材料、方法、人の4Mが、毎日のように変化することになります。当然ミスが起きやすくなります…

ものづくりスマートサーチ
品質マネジメント」の活用事例
  • 現場を意識した品質管理の成果掲示

     品質管理活動のモチベーションと継続性を高める方法の一つは現場への掲示です。改めて現場を意識した品質管理の成果掲示を整理してみましょう。掲示するものは次のような性質のものがあります。         1.管理作業の必要性や有効性の説明    2…

  • 国際生産成功のための基本的要点 (全9回、追補)

    全9回をお読み下さりありがとうございます。 まず、前回最終回のクエスチョンの解答例です。 問題は「海外で活躍できる人材をどのように育てていますか? (  )内に2~8字入れ下さい。」でした。  1.ものづくりの(基本)を理解し、実施できるよう…

  • 掃除のおばさんの持つ貴重な情報

     私が昔半導体の工場でクリーン化を担当していた頃の話です。頻繁に現場に入っていましたので、時間によってはクリーン廊下で掃除をしているおばさんに会うことも度々ありました。当時は私も若かったので、年配の掃除の方を“掃除のおばさん”と呼んでいました。 …

  • 静電シートの表裏の使い分けについて

     クリーンルーム内では、静電シートを使うことが多いと思います。静電シートとは、あるメーカーの商品名ですが、かなり普及していますので、今では一般的に使われる呼び名です。静電気を逃がす目的(帯電防止)でビニールシートに黒い網目模様が入ったものです。これ…


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら