ステージゲート・プロセスの本来の意味を紹介し、
実際の各ゲートでの評価項目、ゲートでの議論の方法、
体制などについて議論します

セミナー講師

ベクター・コンサルティング(株) 代表取締役社長 浪江 一公 氏
 ※日本工業大学大学院技術経営研究科(MOT)教授
≪略歴≫
 大手電機メーカー、アーサー・D・リトル(ジャパン)㈱、等を経て、現在ベクター・コンサルティング(株) 代表取締役社長。
 技術マネジメントおよび経営に関するコンサルティングにおいて30年の経験を有す。
 日本工業大学大学院技術経営研究科(MOT)教授を兼任。
 北海道大学工学部、米国コーネル大学経営学大学院(MBA)卒。
≪著書≫
 「プロフィット・ピラミッド超高収益を実現する14のシンプルな法則」(ダイヤモンド社)
 (韓国語及び中国語でも出版)
 「高収益革命のデザイン」(ダイヤモンド社)
 「製造業の高収益革命」(同上)
 「全図解 戦略参謀マップ」(同上)
≪訳書≫
 「ステージゲート法―製造業のためのイノベーション・マネジメント」(英治出版)
 「エマソン 妥協なき経営」(ダイヤモンド社)
 「会社の不文律」(同上)

セミナー受講料

55,000円(税込、昼食・資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。

セミナー趣旨

 ステージゲート・プロセスは、日本ではステージゲート『法』という名前で呼ばれていますが、ステージゲートは決して方法論ではありません。全ての企業のテーマ・マネジメントプロセスはなんらかの形で評価の場、すなわち「ゲート」が存在していますので、すでにステージゲート・プロセスの構造となっています。しかし、多くの企業において、テーマの評価の視点や意思決定の仕組みは明文化されていません。またステージゲートに関しては、日本企業の間で様々な誤解が存在しています。そのような結果、筋がさほど良くないテーマが滞留している、といったことが多くの企業で常態化しています。このように適正に行われていないテーマの評価を、評価の視点を決め、評価・意思決定の方法を定め、きちんとした仕組みとして運用していく必要性および効果には、極めて大きなものがあります。
 また、本来のステージゲート・プロセスは、単にテーマのマネジメントを効果的・効率的に行なうだけでなく、革新的な製品や技術を継続的に生み出すことを目的としています。
 本セミナーではこのようなステージゲート・プロセスの本来的な意味を紹介し、その後それらを踏まえた実際の各ゲートでの評価項目、ゲートでの議論の方法、その他運用法および体制についての議論を行います。

受講対象・レベル

 本セミナーは、ステージゲート・プロセスについて初めて学ぶ方から、既にステージゲート・プロセスを利用されている方まで、広い階層の方々を対象とします。
 ・研究開発部門企画管理者・担当者
 ・実際に製品開発・研究開発に携わる管理者・担当者
 ・新規事業企画・経営企画管理者・担当者の皆様 など

セミナープログラム

1.ステージゲート・プロセスとは本来どのようなものか?
 (1)ステージゲート・プロセスとは?
 (2)ゲートでは製品や事業の成功の視点で評価する
 (3)ステージゲートは方法論ではない
    -ステージゲート『法』という命名は誤り
    -全てのプロセスには既にステージとゲートが存在
    -英語ではStage-gate process
 (4)ステージゲート・プロセスの背景と歴史
 
2.なぜ今きちんとしたステージゲート・プロセスが必要なのか?
 (1)21世紀の日本の産業界の現実 
 (2)日本企業が行く道  
 (3)革新的製品・事業・技術創出には
 (4)ステージゲート・プロセスの狙い

3.ステージゲート・プロセスの誤解
 (1)テーマを切るためのものではない
 (2)経営者の意思決定の『代替』ではない(意思決定の強力な『支援』の仕組み)
 (3)進捗管理の手法ではない
 (4)デザインレビューの一部ではない
 (5)「不確実性の高い初期段階には役に立たない」ものではない

4.不確実性への対応としてのステージゲート・プロセスの11の工夫
 (1)不確実性を低減する
   工夫1:積極的市場との対話
   工夫2:フロントローディング
   工夫3:英知を集める
 (2)不確実性を所与とする
   工夫4:多産多死
   工夫5:投資を段階的に増やす
   工夫6:評価の段階的精緻化
   工夫7:初期には迷ったら前に進める  
 (3)不確実性に起因する判断の誤りを所与とする
   工夫8:中止になっても継続の自由を与える
   工夫9:中止テーマに別予算を与える
 (4)中止にしても成果を活用
   工夫10:中止になっても金庫に保存
   工夫11:成果を外部に提供(オープンイノベーション)

5.ステージゲート・プロセスの種類
6.ゲートの運営:ゲートの役割と評価項目
 (1)不確実性対応のフレームワークを踏まえ具体的な 活動にまで翻訳
 (2)ゲートの役割
 (3)ゲートにおける評価項目の全体像
 (4)評価項目I:「プロジェクトの進捗度」
 (5)評価項目II:「プロジェクトの魅力度」に関する評価項目例
  (★:この部分は評価項目別に詳細に議論)
 (6)各ゲート別評価項目(例)
 (7)評価項目III:「今後の目標・施策・計画」
 (8)「戦略」の構成要素
 (9)クーパー案と本案の関係

7.ゲートの運営:その他の運営
 (1)評価者(ゲートキーパー)の役割
 (2)誰が評価するか?(ゲート会議出席者)
 (3)評価のタイミングは?
 (4)誰が成果物を作るか?
 (5)プロセスマネジャーとは?
    -プロセスマネジャーの役割
    -プロセスマネジャーは誰がなるか?
 (6)議論・意思決定のステップ(準備およびゲート会議の進め方)
    -必ずゲート会議用テンプレートを作る
    -ゲート会議用テンプレートの工夫と注意点
    -ゲート会議での有効な議論・意思決定法

8.ステージゲート・プロセスの導入事例:富士フイルム
9.ステージの活動
 (1)成果物の作り方
 (2)情報源・情報収集法

10.研究開発担当者の抵抗への対処法
11.最後に 
 (1)研究者と経営者とのコミュニケーションツール
 (2)研究者の事業化意識への大きな刺激
 (3)ゲート会議は、経営陣を含め評価者が改めてテーマの意思決定について深く思考する場・学びの場
 (4)事業化・商業化の成功確率の向上の実現
 (5)研究開発マネジメントのプラットフォームとしてのステージゲート・プロセス
【質疑応答・名刺交換】


講師のプロフィール

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。

浪江 一公

専門家専門家A なみえ かずきみ / 東京都 / ベクター・コンサルティング株式会社

今多くの日本企業は「技術で勝って、事業で負ける」という問題を抱えています。ステージゲート法はこの問題を解決する極めて有効は方法論です。米国では製造業の6割が利用し、日本においても100社以上で活用されている手法で、最近では富士フイルム...続きを読む