「IE」とは

IEとは

IE(Industrial Engineering)とは、1912年に米国テーラーが発表した「科学的管理法」に端を発し、それまで勘と経験で設定していた生産管理、工程管理を論理的に構築し、作業のむだ、むり、むらを除去し、生産性を上げる手法です。 後者はさらにテイラー流の作業測定とギルブレイス流の方法研究に分かれます。
今でも、トヨタの生産方式の現場や多くの工場で使われています
日本語では、「生産工学」などと呼ばれています。
通常は、「アイイー」とか、そのまま「インダストリアルエンジニアリング」と呼んでいます。
「IE」は、無駄のない最善の方法を作り出すための手法です。「生産性向上」と「原価低減」をおこなうことができます。「工程管理」には、必要な知識です。

IE活動とは

IEの手法を使って改善する活動の事を「IE活動」と呼びます。顧客が要望している「性能・品質」の製品や商品・サービスを、最善のコストで、決められた納期までに完成させる必要があります。
設備、作業、レイアウト、管理、運搬、作業工程などを配置や能率、流れ、方法、順序などのデータをIE手法を利用して、科学的に把握を行い、分析することで能率向上の原則、5W1Hに「HowMuch」を加算した「5W2H法」などによって、ロスや無駄を発見したり、最善な方法を検討し改善、能率の向上・維持を行ったりとトータル的な改善を組織として取り組む活動のことです。

 

IE手法を活用する目的

「IE手法」を活用する目的は、作業工程で生産実態を系統的に把握することができることやムダやロスの発生などの事実をなるべく早く発見することができます。
作業工程での生産改善や生産の標準化を流れでに行うことができるようになります。「エネルギー」「材料」「機械」「人」といった限りあるリソースを効率よく使用することが出来るようにすることが目的の一つです。

 

IE手法を使用するメリットと注意するポイント

「IE手法」を使用するメリットは、手順の分析さえ失敗しなければ、誰でも同じ結果を得ることができます。。
事実を明確に分析することができるので検討や改善を行いやすくなります。記号化を行ったり図表化することにより共通の認識を持ちながら検討することができます。
IE手法を使うときに注意することは、「客観的に行う事」「定量的な視点で行うこと」「起こった事実」を現実的に分析を行います。
記号を使ったり図表を利用したりしてグラフ化を行う事も大事になってきます。


「IE」のキーワード解説記事

もっと見る
可動率?それとも稼働率?その違いとは

 稼働率が高い、低いを比べた場合、もちろん高い方が良いように思われます。しかし、稼働率を高めることは手段であり、目的ではありません。  あるメーカーの事...

 稼働率が高い、低いを比べた場合、もちろん高い方が良いように思われます。しかし、稼働率を高めることは手段であり、目的ではありません。  あるメーカーの事...


よく分かるなぜなぜ分析、シート活用と分析の進め方

    品質トラブルや品質不具合、業務トラブルに対し、迅速かつ的確な原因追究が求められています。なぜなぜ分析は、問題を引き起こして...

    品質トラブルや品質不具合、業務トラブルに対し、迅速かつ的確な原因追究が求められています。なぜなぜ分析は、問題を引き起こして...


サーブリック分析とは

サーブリッグ分析とは? サーブリッグ分析とは、アメリカのギルブレス(F.B.Gilbreth,1868-1924)が考案した動作研究の方法で、微動作...

サーブリッグ分析とは? サーブリッグ分析とは、アメリカのギルブレス(F.B.Gilbreth,1868-1924)が考案した動作研究の方法で、微動作...


「IE」の活用事例

もっと見る
市場ニーズの変化に対応する現場:ものづくりの現場から(その4)

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題をはじめ、課題解消に向けた現場の取り組みについて取材し、ものづくり発展に役立つ情報をお...

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題をはじめ、課題解消に向けた現場の取り組みについて取材し、ものづくり発展に役立つ情報をお...


生産性向上に向けた中小企業の取り組み:ものづくりの現場から(その3)

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題をはじめ、課題解消に向けた様々な取り組みを取材し、ものづくりの発展に役立つ情報をお届け...

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題をはじめ、課題解消に向けた様々な取り組みを取材し、ものづくりの発展に役立つ情報をお届け...


生産性向上に向けた中小企業の取り組み:ものづくりの現場から(その2)

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題、課題解消に向けた取り組みについて取材し、ものづくり発展に役立つ情報をお届けしてい...

ものづくりを現場視点で理解する「ものづくりの現場から」では現場の課題、課題解消に向けた取り組みについて取材し、ものづくり発展に役立つ情報をお届けしてい...