「技術・技能伝承」とは

技術・技能継承は、それまでに培ってきた技術を次の世代や社内の関係者に伝達し、時間的・組織的に引き継いで活用することです。 少子化・高齢化が社会的な課題となり、技術・技能伝承を進める場合は、全社レベルで技術や技能を引き上げるか、或いは固有ノウハウの継承かをまず明確にする必要があります。

◆関連解説記事『技術伝承とは(その1) 技術の伝え方』

◆関連セミナー紹介

 


「技術・技能伝承」のキーワード解説記事

もっと見る
技術伝承とは(その9) 最終回

   前回のその8に続いて解説します。    改めて、技術・技能伝承がなぜ進まないかを考えましょう。    グロー...

   前回のその8に続いて解説します。    改めて、技術・技能伝承がなぜ進まないかを考えましょう。    グロー...


技術伝承とは(その8) 暗黙知の可視化プロセス

        前回のその7に続いて解説します。   3. 技術伝承:暗黙知の可視化 &nb...

        前回のその7に続いて解説します。   3. 技術伝承:暗黙知の可視化 &nb...


技術伝承とは(その7) 暗黙知の可視化プロセス

       前回のその6に続いて解説します。   3. 技術伝承:暗黙知の可視化 &nbs...

       前回のその6に続いて解説します。   3. 技術伝承:暗黙知の可視化 &nbs...


「技術・技能伝承」の活用事例

もっと見る
特注・一品生産の現場づくり:ものづくりの現場から(研創)

  ものづくりを現場視点で理解する「シリーズ『ものづくりの現場から』」では、現場の課題や課題解消に向けた現場の取り組みについて取材し、もの...

  ものづくりを現場視点で理解する「シリーズ『ものづくりの現場から』」では、現場の課題や課題解消に向けた現場の取り組みについて取材し、もの...


作業分解事例 (その3) 高齢者依存の鋳造プロセス標準化

1.外国人・高齢者に依存した事業構造   前回のその2に続いて解説します。鋳造業のC社は、従業員20名弱の平均年齢が50歳後半と高齢化が進展している...

1.外国人・高齢者に依存した事業構造   前回のその2に続いて解説します。鋳造業のC社は、従業員20名弱の平均年齢が50歳後半と高齢化が進展している...


作業分解事例 (その2) メンテナンス作業へのパート社員活用

1.収益性が悪化したメンテナンス事業  前回のその1に続いて解説します。鉄道メンテナンス業のB社は、従業員20名(全て正社員)の中小企業です。長年、...

1.収益性が悪化したメンテナンス事業  前回のその1に続いて解説します。鉄道メンテナンス業のB社は、従業員20名(全て正社員)の中小企業です。長年、...