ホーム > 技法解説 > 環境マネジメント > 省エネルギー

省エネルギー とは

省エネルギー(略して省エネ)とは、より少ないエネルギーで同じ社会的・経済的効果を得られる様にすることです。 日本のエネルギー自給率は6%に過ぎず、ほぼ輸入に頼っていることから、オイルショックをきっかけに省エネ意識が大きく進みました。 同じ環境対策の中でも、コストが上がる場合の多いリサイクルや有害物質削減と異なり、省エネ活動は、成果が上がるほどエネルギー消費が減って、コストも削減できることが特徴です。 工場内では冷暖房や、プロセス用熱源はエネルギー消費量が多い傾向ですが、事業所ごとに異なるため、まずは現状調査から始めます。


省エネルギーの解説記事一覧

省エネルギーの活用事例一覧

省エネハイテク機器 :新環境経営 (その22) New!(2017-04-25)
省エネ推進のための設備改善について (2016-08-31)


省エネルギーの専門家

氏名 会社名
城田 靖彦 日本ビジネス革新コンサルティング(株) 改善活動は人財育成の場です。ポテンシャルを引き出…
石塚 健志 日本ビジネス革新コンサルティング株式会社 330件の指導実績/工場管理全般、中でも省エネル…
羽根田 修 日本ビジネス革新コンサルティング株式会社 日本一の工場コスト削減コンサルタント/装置産業に…
杉本 利夫 エンテック研究所 地球温暖化防止対策活動のために地球を2回半走った…






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら