ホーム > 技法解説 > 技術マネジメント > 技術マネジメント

技術マネジメント とは

技術マネジメントは多くの項目を含みますので、ここでは個別項目に含まれない内容を扱います。 開発しただけでは売り上げ、利益を生み出さず、社会にも役立っていません。そのあと市場が要求し、受け入れられる製品にすることの方が困難であり、死の谷が待ち受けています。

技術マネジメントのセミナー

機械設計の企画書/設計書/構想設計の書き方・使い方
開催日 (登録日:2017-12-12 / 開催日:2018-5-25)
説明 圧倒的な速さを実現する新構想設計力養成! ★ 3次元CADで構想設計を行い,実際の設計ができるようになり,実務の全体が把握できるようになる。 講師 國井技術士設計事務所 所…
効率的、確実に目的を達成できる実験の考え方と具体的方法
開催日 (登録日:2018-1-9 / 開催日:2018-5-23)
説明 実験ノウハウ、計画の立て方、進め方、後進へのコツの伝え方…etc~ 実験を制するものはR&Dを制す!? ~ 【京都開催大好評につき東京でも開催!】  "実験&qu…
技術を踏まえて考える 高分子分野の新規開発テーマ
開催日 (登録日:2018-1-16 / 開催日:2018-5-17)
説明 見つける・育てる・実らせる  新規開発テーマの探索や創出・実行方法について、一般的な方法論を学んでいると「自分の分野だったらどうだろうか」「自分の扱う材料の場合はどう考えた…
研究開発・課題解決を行うために必要な技術者思考
開催日 (登録日:2017-12-14 / 開催日:2018-5-16)
説明 効率良く確実に目標を達成するために必要な能力とは"成果"が出せる技術者になるための考え方とノウハウ ★ 今年は演習を加えより分かりやすくより実践的に…&nbs…
市場起点×コア技術戦略×オープンイノベーションによる三位一体の研究開発マネジメントの基礎とその活動
開催日 (登録日:2018-1-12 / 開催日:2018-4-27)
説明 ~「ものづくり」から脱却し「価値づくり」をするための初めの一歩 ~ ■研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動■■コア技術とはの理解とその設定法■■オープン・イノベー…
研究開発部門における技術経営人材育成講座
開催日 (登録日:2018-1-17 / 開催日:2018-4-20)
説明 ★ 大手企業のコンサルティングプロジェクトや研修の実践事例を交えた、「若手技術者を育成する」ための講座です! 講師 (株)日本総合研究所 未来デザイン・ラボディレクター兼プリ…
設計部門の「見える化」による生産性向上方法
開催日 (登録日:2018-1-10 / 開催日:2018-4-20)
説明  際限なく増え続ける業務、短納期化する設計開発期間、増えるどころかむしろ減らされる人員。昨今より一層厳しさを増す設計部門の経営環境下、設計・開発業務の遂行が困難になってきています…
暗黙知の形式知化 ~組織的にノウハウを伝承するポイント~
開催日 (登録日:2018-1-12 / 開催日:2018-4-17)
説明 ☆ 講師が長年クライアント現場でナレッジマネジメントを推進してきた経験から、とりくみの本質、推進上の悩ましさを解く考え方、アプローチ方法、推進テクニックをお伝えします! 講師 …
市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成プロセスとその活動
開催日 (登録日:2018-1-12 / 開催日:2018-4-16)
説明 ~ 意味のある、成功するロードマップ作成の具体的な方法論 ~ <価値づくり特集セミナー>★ 作成そのものが目的ではなく、競合企業に先んじて革新的…
技術ロードマップ作成入門と実践的活用法
開催日 (登録日:2017-12-13 / 開催日:2018-3-29)
説明 ★ 技術ロードマップから経営者と共有する統合ロードマップまで★ 市場ニーズと技術シーズを統合し、研究開発・新事業テーマの未来を可視化する 講師 (株)テクノ・インテ…
技術を核にした事業競争力の強化へむけた技術棚卸/コア技術選定の進め方【演習付】
開催日 (登録日:2018-1-15 / 開催日:2018-3-28)
説明 ビジョンを達成するためには?自社の強みはなにか? 講師 (株)日本能率協会コンサルティング 技術戦略センターチーフ・コンサルタント 山中 淳一 氏<ご略歴>1999年3月 埼…
(簡潔でわかりやすい)技術英語を書くポイント
開催日 (登録日:2017-12-10 / 開催日:2018-3-27)
説明 技術者こそ英語に向いています! ★ 基本的かつ実践的な知識を身につけましょう!★ 技術者の特性を踏まえて、英文を書くときのスタイルを理解 講師 中津山経営コンサルティング …
研究開発部門のマーケティング 実践編
開催日 (登録日:2017-12-19 / 開催日:2018-3-27)
説明 〜 市場志向の研究開発の具体的実現法 〜<2日目:「実践編」のみコース> ★ 今やマーケティングは、『企業存続のための必須』の能力です!★ 研究者が担わなければならないマーケテ…
研究開発部門のマーケティング 基礎理論とその実践
開催日 (登録日:2017-12-19 / 開催日:2018-3-26)
説明 〜 市場志向の研究開発の具体的実現法 〜<1日目:「基礎理論編」><2日目:「実践編」> ★ 今やマーケティングは、『企業存続のための必須』の能力です!★ 研究者が担わなければ…
研究開発部門のマーケティング 基礎理論編
開催日 (登録日:2017-12-19 / 開催日:2018-3-26)
説明 〜 市場志向の研究開発の具体的実現法 〜<1日目:「基礎理論編」のみコース> ★ 今やマーケティングは、『企業存続のための必須』の能力です!★ 研究者が担わなければならないマー…
研究開発テーマを(定量的に)評価するための基礎知識と全体評価体系システムの要件
開催日 (登録日:2018-1-12 / 開催日:2018-3-19)
説明 ~ 革新的なテーマを正しく確実に判断し意思決定していくために ~ <価値づくり特集セミナー>★ 不確実性・複雑性に対処しながら分かり易い評価体系…
<顧客ニーズを見いだし、事業成果につながる製品・技術開発をするための> 技術マーケティングの基礎&実務
開催日 (登録日:2017-12-16 / 開催日:2018-3-13)
説明 【2日間完全習得】~ 基礎知識から市場・顧客分析、戦略構想、開発テーマ企画・創出まで ~ <好評につき再開講!>★ 技術者・研究者にも、マーケティングの考え方が必要不可欠な時代…
【名古屋開催】新たな事業成果を生み出す「社内イノベータ」に「なる」「ならせる」ための技術者としてのマインドセット
開催日 (登録日:2017-12-9 / 開催日:2018-3-6)
説明 ~ いち技術者から製品・事業化をリードできるイノベータ人材に変わるためには ~ <価値づくり特集セミナー> ★ イノベータの突然変異的な出現を待…
失敗学セミナー実践コース
開催日 (登録日:2017-12-9 / 開催日:2018-3-6)
説明 【3月・東京開催】今までの原因分析と対策は間違っていた!  様々な失敗や不具合、トラブルに対し、その解決策・未然防止策の一つとして注目されているのが、畑村洋太郎氏(東京大学名誉…
シニアマネージャーに求められる組織改革実践力向上セミナー
開催日 (登録日:2018-1-16 / 開催日:2018-3-5)
説明 【3月・東京開催】企業成長のカギはここにあり!  企業として成長力を発揮するにはどうすべきか、ということが問いかけられています。この問いかけに対して、本セミナーでは、シニアマネ…
技術者、研究者のための実践的な時間管理
開催日 (登録日:2017-12-6 / 開催日:2018-2-28)
説明 長期的な仕事と短期的な仕事の両立!予定外の仕事への対策!チーム全体の効率化! などタイムパフォーマンスを高める考え方と手法を伝授!! 講師 有限会社ビズアーク 時間管理術研究…
自社保有技術の棚卸とコア技術の設定
開催日 (登録日:2017-12-10 / 開催日:2018-2-27)
説明 ★ コア技術設定は自社の技術戦略の要となる、極めて重要な戦略的な意思決定です。★ 自社が保有する技術を俯瞰的に把握し、適正な技術戦略を構築する! 講師 ベクター・コンサルティ…
研究者・技術者のためのパテントマップ入門
開催日 (登録日:2017-11-30 / 開催日:2018-2-26)
説明 無駄をなくし、発明の生産効率を上げるための特許マップや、他社が手がけていない新しい課題を発見するための特許マップについても解説!!~演習付き~ 講師 アイディエーション・ジャ…
設計部門の「見える化」による生産性および業務品質向上方法
開催日 (登録日:2017-12-25 / 開催日:2018-2-23)
説明 ☆ 設計部門の業務の実態を数値データで定量的に「見える化」し、業務量平準化、ムダ取り、生産性向上に活かす! 講師 トータルマネジメントシステム研究所 代表 角川 真也 氏  …
暗黙知の形式知化と行動心理による進化型技術継承
開催日 (登録日:2017-11-30 / 開催日:2018-2-22)
説明 ~組織と技術の自律的成長を生む技術継承の戦略と方法~ 講師 ジャパン・リサーチ・ラボ 代表 博士(工学) 奥村 治樹 氏 兼 大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師  …
研究開発部門が担うべきマーケティング活動の全体像(マーケティング・サイクル)とその具体的活動【実践編】
開催日 (登録日:2017-12-3 / 開催日:2018-2-22)
説明 ~ 営業部門に頼らないマーケティング ~~ マーケティングサイクルを回していくノウハウ ~~ 製品・事業アイデア創出・定義/修正 ~~ 情報収集、情報発信、顧客へのヒアリング…
メーカー技術者・研究者のためのマーケティング入門
開催日 (登録日:2017-12-6 / 開催日:2018-2-21)
説明 技術者・研究者が知っておくべきマーケティングの基礎知識・市場情報収集やヒアリングを行う際の情報ソースとその収集・分析方法 講師 日本工業大学 技術経営大学院 教務委員長 教授…
失敗学と創造学セミナー
開催日 (登録日:2017-8-4 / 開催日:2018-2-20)
説明 【2月・東京開催】品質問題を解くヒントがここにある! 失敗に学び創造性を伸ばす!  様々な失敗や不具合、トラブルに対し、その解決策・未然防止策の一つとして注目されているのが、畑…
研究開発部門が主導すべき高収益ビジネスモデルの構築とその実現
開催日 (登録日:2017-12-3 / 開催日:2018-2-19)
説明 ~ 新事業の成功の要諦 ~ ~ 高収益がどのようなメカニズムで創出されるのか ~~ その実現に向けた研究開発部門の役割と具体的な活動とは ~~ 価値創出とその実現、競争の回…
自社コア技術から発想するテーマ創出法~技術機能展開法を利用して~
開催日 (登録日:2018-1-15 / 開催日:2018-2-15)
説明 ~技術機能展開法を利用して~ 【本セミナーの狙いと内容】  今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、そこから学び、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 …
革新的テーマ・アイデアを『継続的』に生み出す『体系的』『組織的』な仕組みづくり
開催日 (登録日:2017-11-27 / 開催日:2018-2-13)
説明 ~ 競合に先んじて新規テーマを創出するための様々な方策・活動とその運用 ~ ■革新的テーマを創出する大きなメカニズム■■そこに基づく、革新的テーマを創出する全体体系■■革新…
設計開発部門改革の第1歩 
開催日 (登録日:2017-12-3 / 開催日:2018-2-9)
説明 製品コストは設計段階で決まる!設計部門の大改革! 講師 (株)アステックコンサルティング コンサルティング本部コンサルタント 荻原 豪 氏【講師紹介】 大手家電メーカーにおい…
効率的、確実に目的を達成できる実験の考え方と具体的方法
開催日 (登録日:2017-11-27 / 開催日:2018-1-31)
説明 ★ 実験計画法のような単なるテクニックだけではなく、実験そのものの考え方や計画の立て方、実験実務の進め方といった根幹部分に重点を置いて解説! 講師 ジャパン・リサーチ・ラボ …
研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ
開催日 (登録日:2017-12-9 / 開催日:2018-1-29)
説明 ~研究開発活動に直結する情報収集の進め方~~新事業・新商品開発における効果的な情報収集手法~~自社の技術を起点にした市場との向き合い方~ <価値づくり特集セミ…
【名古屋開催】イノベーションを阻む壁を崩す力
開催日 (登録日:2017-11-27 / 開催日:2018-1-25)
説明 「常識の壁」「組織・組織文化の壁」「制度・ルールの壁」 ~ 常識に囚われない心理と思考力 ~文字では綴りきれないイノベーションの真髄に迫る! ★ 第1回、第2回と好評を博…
研究開発マネジメントと未来洞察を活用した新規事業テーマ創造
開催日 (登録日:2017-11-25 / 開催日:2018-1-24)
説明 時代の要請は、イノベーションマネジメント領域へ! ★ 新規事業テーマを創造するための具体的なプロセスについて、事例を交えて解説!★ 未来洞察手法をテーマに落とし込むには? 講…
研究開発部門が担うべきマーケティングの機能・役割と実現・実行するための知識と活動【基本理論編】
開催日 (登録日:2017-11-27 / 開催日:2018-1-23)
説明 ~ 研究開発・技術部門しか創出できない『顧客』価値を実現するためのはじめの一歩 ~ ■研究者として知らなければならないマーケティングの基本概念■■良いテーマ創出のために日々…



技術マネジメントの解説記事一覧

実践!技術マネジメント:7つのプロセスと35のチェックポイント (2013-11-02)
すり合わせ技術は、ものづくり企業の強みか (2015-12-08)
ものづくり、表と裏の競争力とは (2014-08-13)
技術開発戦略の6つの判断基準 (2014-04-11)
仕事のプロセスを改善ストーリー(SRストーリー)で可視化 (2014-05-10)
ロードマップの役割とは (2015-07-16)
危機管理とリスクマネジメントの違いとは (2014-07-23)
技術棚卸はトレンド分析と表裏一体 (2015-07-29)
設計品質の作り込みと、人的設計ミス防止策(その1) (2016-09-29)
ロードマップの作り方 (2015-07-25)
設計品質の作り込みと、人的設計ミス防止策(その2) (2016-09-30)
設計品質の作り込みと、人的設計ミス防止策(その3) (2016-10-03)
設計品質の作り込みと、人的設計ミス防止策(その4) (2016-10-04)
大学との連携の形態を考える、産学連携のあり方 (2015-12-17)
研究テーマの多様な情報源(その30)技術戦略 (2016-01-07)
研究テーマの多様な情報源(その31)技術戦略 (2016-01-15)
研究テーマの多様な情報源(その32)技術戦略 (2016-01-19)
研究テーマの多様な情報源(その33)技術戦略 (2016-02-01)
オープンイノベーションを成功させる 『発注者のエンジニアリング』 (2016-02-02)
研究テーマの多様な情報源(その34)技術戦略 (2016-02-12)
技術力の根源とは何か (2014-04-05)
研究テーマの多様な情報源(その35)技術戦略 (2016-02-23)
リスクマネジメントは身近な問題 (2016-02-29)
AI(人工知能)が加速させるモノづくりの進化 (2016-03-08)
研究テーマの多様な情報源(その36)技術戦略 (2016-03-09)
新素材のマーケティングにおける基本概念 (2016-03-17)
市場調査は仮説と検証の繰り返し (2016-03-22)
研究テーマの多様な情報源(その37)技術戦略 (2016-03-24)
素材の市場開発とは (2016-03-30)
研究テーマの多様な情報源(その38)技術戦略 (2016-04-01)
製品設計における「正の思考」と「負の思考」のバランスの重要性 (2016-04-07)
製品設計における文書化の重要性とは (2016-04-08)
製品設計におけるトレードオフのコントロール(その1) (2016-04-13)
製品設計におけるトレードオフのコントロール(その2) (2016-04-14)
研究テーマの多様な情報源(その39)技術戦略 (2016-04-14)
製品設計における納入仕様書の役割(その1) (2016-04-15)
製品設計における納入仕様書の役割(その2) (2016-04-18)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その1) (2016-05-10)
研究テーマの多様な情報源(その29)オープン・イノベーションを社内で実現する方法 (2015-11-17)
短期開発プロセスのしくみづくり(その1) (2015-01-15)
侵害予防調査の基本的な考え方とポイント (2016-07-21)
製品ライフサイクルとサプライチェーン (2013-08-23)
プラスチック材料の特性を考慮した強度設計(その1) (2016-05-10)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その2) (2016-05-17)
短期開発プロセスのしくみづくり(その2) (2015-01-21)
ユニバーサルデザイン7原則とは (2014-08-20)
プラスチック材料の特性を考慮した強度設計(その2) (2016-05-11)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その3) (2016-05-26)
短期開発プロセスのしくみづくり(その3) (2015-02-04)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その4) (2016-06-10)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その5) (2016-06-24)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その6) (2016-07-08)
自社技術の棚卸し,保有している技術に基づく新製品発掘 (2014-07-02)
保有技術の棚卸しスッテプとポイント (2015-08-06)
製品設計の「規範」: 機能・性能・仕様の使い分け (2016-07-01)
3ステップメソッド:リスク低減の原則 (2016-07-21)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その7) (2016-07-25)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その8) (2016-08-05)
研究開発の生産性向上とは (2016-08-24)
研究テーマの多様な情報源(その17)価値づくりの研究開発におけるオープン・イノベーション (2015-09-10)
研究所主導の新商品開発プロセスとは (2016-08-30)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その9) (2016-09-02)
新たな時代の「ものづくり」(前編) 従来と異なる分野で事業化する (2014-09-05)
ホンダ「ワイガヤ」の本質 (2014-11-11)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その10) (2016-09-20)
新たな時代の「ものづくり」(後編) 商品企画と技術力の活かし方 (2014-09-13)
設計標準の必要性と作り方(その1) (2016-07-08)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その11) (2016-09-30)
設計標準の必要性と作り方(その2) (2016-07-11)
短期開発プロセスのしくみづくり(その4) (2015-02-18)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その12) (2016-10-14)
費用対効果と投資効果はどう違うのか (2015-01-13)
設計標準の必要性と作り方(その3) (2016-07-15)
真の「デザイン」は、「設計」の概念! (2015-06-06)
ITの投資効果の目的を再考してみよう (2015-01-19)
IS/ISNOT思考法は、問題分析の基本 (2014-08-27)
製品開発とコストダウン(その1) (2016-08-18)
製品開発とコストダウン(その2) (2016-08-19)
コスト設計とコストダウン(その3)最終回 (2016-08-23)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その13) (2016-10-28)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その14) (2016-11-14)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その15) (2016-11-25)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その16) (2016-12-09)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その17) (2016-12-26)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その18) (2017-01-06)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その19) (2017-01-20)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その20) (2017-02-03)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その21) 研究者自身が感じる脅威とは (2017-02-17)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その22) ビジネスモデルの欠落 (2017-03-03)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その23) 自社の強みとは (2017-03-17)
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その24) 未来志向で見直す自社の強み (2017-03-30)
普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その19) New!(2017-12-28)
設計機能(その1)機能とは (2016-09-15)
設計機能(その2)設計上の機会損失 (2017-07-24)
設計機能(その3)機能の分類 (2017-07-26)
設計機能(その4)ニーズとシーズ (2017-07-31)
設計機能(その5)機能要件と非機能要件 (2017-08-02)
製品設計:ミス防止対策(その1) (2017-01-18)
製品設計:ミス防止対策(その2) (2017-01-19)
製品設計:ミス防止対策(その3) (2017-01-26)
製品設計:ミス防止対策(その4) (2017-01-27)
製品設計:ミス防止対策(その5) (2017-01-31)
製品設計:ミス防止対策(その6) (2017-02-03)
研究テーマの多様な情報源(その16)オープンイノベーションの戦略性 (2015-08-11)
新製品垂直立上げ失敗の原因とは (2017-07-28)
試作から量産に向けての課題解決 (2017-08-01)
設計品質作り込み:設計のしくみとは (2017-09-05)
リスクベース設計とは (2017-09-21)
設計の信頼性・安全性を考える (2017-10-03)

技術マネジメントの活用事例一覧

プロジェクト管理の仕組み (その45) トレーサビリティの保証 (2017-07-21)
プロジェクト管理の仕組み (その44) トレーサビリティの保証 (2017-07-20)
プロジェクト管理の仕組み (その43) トレーサビリティの保証 (2017-07-18)
プロジェクト管理の仕組み (その42) サブシステムの開発目標 (2017-07-11)
プロジェクト管理の仕組み (その41) サブシステムの開発目標 (2017-07-05)
プロジェクト管理の仕組み (その40)システム設計8 (2017-06-23)
イノベーション戦略のキーツールとは (2017-06-22)
プロジェクト管理の仕組み (その39)システム設計7 (2017-06-19)
プロジェクト管理の仕組み (その38)システム設計6 (2017-06-07)
プロジェクト管理の仕組み (その37)システム設計5 (2017-06-05)
プロジェクト管理の仕組み (その36)システム設計4 (2017-06-01)
コーポレート研究の課題とは (2017-05-29)
プロジェクト管理の仕組み (その35)システム設計3 (2017-05-25)
プロジェクト管理の仕組み (その34)システム設計2 (2017-05-24)
プロジェクト管理の仕組み (その33)システム設計1 (2017-05-23)
プロジェクト管理の仕組み (その32)マトリクス体制での品質保証3 (2017-05-19)
プロジェクト管理の仕組み (その31)マトリクス体制での品質保証2 (2017-05-18)
プロジェクト管理の仕組み (その30)マトリクス体制での品質保証1 (2017-05-16)
プロジェクト管理の仕組み (その29) 品質の仕組みとは3 (2017-05-11)
プロジェクト管理の仕組み (その28) 品質の仕組みとは2 (2017-05-10)
プロジェクト管理の仕組み (その27) 品質の仕組みとは1 (2017-05-09)
プロジェクト管理の仕組み (その26) 仕組みの見直しに成功する組織2 (2017-05-02)
プロジェクト管理の仕組み (その25) 仕組みの見直しに成功する組織1 (2017-04-28)
プロジェクト管理の仕組み (その24) プロジェクトの問題を見極める2 (2017-04-26)
技術資源の有効活用: 事例紹介 (その2) (2017-04-25)
プロジェクト管理の仕組み (その23) プロジェクトの問題を見極める1 (2017-04-24)
プロジェクト管理の仕組み (その22) 開発工数メトリクス2 (2017-04-21)
プロジェクト管理の仕組み (その21) 開発工数メトリクス1 (2017-04-20)
企画プロジェクトが越えるべき2つの難所 (2017-04-19)
プロジェクト管理の仕組み (その20) 作業要素の進捗分析3 (2017-04-19)
技術資源の有効活用: 事例紹介 (その1) (2017-04-18)
プロジェクト管理の仕組み (その19) 作業要素の進捗分析2 (2017-04-13)
プロジェクト管理の仕組み (その18) 作業要素の進捗分析1 (2017-04-06)
プロジェクト管理の仕組み (その17) 開発生産性とは (2017-04-04)
プロジェクト管理の仕組み (その16) ソフトウェア開発の成果物による進捗管理 (2017-03-31)
プロジェクト管理の仕組み (その15) 進捗管理の精度を上げる:第3回 (2017-03-27)
プロジェクト管理の仕組み (その14) 進捗管理の精度を上げる:第2回 (2017-03-23)
プロジェクト管理の仕組み (その13) 進捗管理の精度を上げる:第1回 (2017-03-21)
プロジェクト管理の仕組み (その12) 進捗の見える化:第3回 (2017-03-16)
プロジェクト管理の仕組み (その11) 進捗の見える化:第2回 (2017-03-10)
プロジェクト管理の仕組み (その10) 進捗の見える化:第1回 (2017-03-08)
プロジェクト管理の仕組み (その9) 手戻りのフィードバック・ループを小さくするとは (2017-03-03)
プロジェクト管理の仕組み (その8) ソフト開発の手戻りを小さくするには (2017-03-01)
プロジェクト管理の仕組み (その7) ソフトウェア開発スケジュールと結合テスト (2017-02-27)
プロジェクト管理の仕組み (その6) 進捗管理可能なソフト開発計画 (2017-02-23)
プロジェクト管理の仕組み (その5) ソフト開発計画の作成方法 (2017-02-17)
グループシンクとチームダイナミクスの境界線 (2017-02-13)
プロジェクト管理の仕組み (その4) プロジェクトの進捗管理 (2017-02-13)
プロジェクト管理の仕組み (その3) プロジェクトの計画策定 (2017-02-08)
プロジェクト管理の仕組み (その2) CMMIの要件管理 (2017-02-01)
生産性向上の鍵、イノベーションへの挑戦 (2017-01-30)
プロジェクト管理の仕組み (その1) 基本の仕組みを進化・深化させるとは (2017-01-30)
設計部門とリスク管理(その3) (2017-01-25)
設計部門とリスク管理(その2) (2017-01-24)
設計部門とリスク管理(その1) (2017-01-23)
設計部門と組織政治の影響(その3) (2017-01-18)
設計部門と組織政治の影響(その2) (2017-01-17)
設計部門と組織政治の影響(その1) (2017-01-16)
設計部門の仕組み構築(その3) (2017-01-10)
設計部門の仕組み構築(その2) (2017-01-06)
設計部門の仕組み構築(その1) (2017-01-05)
設計部門の課題と原因分析(その3) (2016-12-22)
設計部門の課題と原因分析(その2) (2016-12-20)
設計部門の課題と原因分析(その1) (2016-12-16)
設計部門の仕組み改革(その3) (2016-12-15)
設計部門の仕組み改革(その2) (2016-12-14)
設計部門の仕組み改革(その1) (2016-12-13)
仕組み見直しとグローバル化(その3) (2016-12-12)
仕組み見直しとグローバル化(その2) (2016-12-09)
仕組み見直しとグローバル化(その1) (2016-12-08)
追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その3) (2016-12-07)
追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その2) (2016-12-06)
擦り合わせ能力を活かすマネジメントとは(その1) (2016-12-02)
擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その3) (2016-12-01)
擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その2) (2016-11-30)
擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その1) (2016-11-29)
スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その3) (2016-11-28)
スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その2) (2016-11-22)
スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その1) (2016-11-21)
技術人材が目指す第3のキャリアとは (2016-10-25)
筋のよい技術の見極め (2016-09-09)
R&Dの価値創造力を高めるシンプルツール、iMapとは、 (2016-08-04)
技術力向上の鍵を握る価値創造力とは (2016-07-29)
研究開発部門にスパークを起こすとは (2016-07-26)
先行技術テーマを企画段階で評価するには (2016-07-20)
スペック追及は技術開発の目標ではない (2016-07-19)
顧客価値の理解を深めるには (2016-07-15)
技術高度化の5戦略 (2016-07-14)
技術経営を考える (2016-07-13)
R&Dマネジメントの基本 (2016-07-12)
イノベーションに取り組む第1歩はR&D (2016-07-11)
手段としてのオープンイノベーション (2016-07-07)
技術プラットフォームの重要性 (2016-07-05)
価値創造の鍵を握るアナログ知 (2016-06-29)
海外と積極コミュニケートを! (2016-02-01)
製品・技術開発力強化策の事例(その8)‐現場観察のチェックポイント‐ (2015-11-17)
製品・技術開発力強化策の事例(その7)‐産学交流からの開発テ-マと市場の観察‐ (2015-11-15)
製品・技術開発力強化策の事例(その6)‐市場の観察から開発テ-マを得る‐ (2015-11-13)
製品・技術開発力強化策の事例(その4)‐技能と技術の融合化によるITを応用した技術開発‐ (2015-11-11)
製品・技術開発力強化策の事例(その3)‐企業内に発生している問題点を徹底的に追求 ‐ (2015-11-09)
製品・技術開発力強化策の事例(その2)‐顧客の難しい要求に取り組む ‐ (2015-11-06)
製品・技術開発力強化策の事例(その1)‐操作性改善‐ ‐修理情報活用‐ (2015-11-05)
富士フィルムにおけるコア技術の活用戦略 (2015-08-08)
新事業開発のステップを事例で考える (2015-07-23)
オープンイノベーションにおけるライトハウスカスタマーの事例2件 (2015-07-01)
高齢化社会の「アンメットニーズ」ー米国3M社の事例 (2015-04-17)
異分野市場での事業化事例 (その1) ハイヒール型プルタブオープナー  (2014-09-25)
女性視点の製品アイデア発想事例 (2014-08-12)


技術マネジメントの専門家

氏名 会社名
粕谷 茂 ぷろえんじにあ 「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のた…
峯 唯夫 特許業務法人レガート知財事務所 「知的財産の町医者」として、あらゆるジャンルの相…
間舘 正義 日本コストプランニング株式会社 製品を切り口に最適コスト追求のためのコスト・ソリ…
松村 晴彦 ハリーコンサルティング事務所 現地現物主義で、アジア・サプライ・チェーンを応援…
中村 大介 株式会社 如水 若手研究者の「教育」、研究開発テーマ創出の「実践…
江崎 秀之 マネージメントアシスタンス株式会社 中小製造業の海外展開を、セミナーや企業支援実績の…
西水 晃 ACE西水経営士事務所  “KKDD経営”からの脱却を目指し、「科学的経…
下川 眞季 株式会社ダヴィンチ・ブレインズ 技術をお金に変える元ソニーの女性エジソン。日本国…
長内 悟 NEDS 特許調査と特許情報のお悩みを解決します!
根本 隆吉 KPIマネジメント株式会社 中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です…
泉 克文 泉特許事務所 発明の「本質」を捉えた特許化で特許率80%超えと…
遠山 純夫 遠山コンサルオフィス ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解…
備後 元晴 BINGO特許事務所 「特許を取った方がいい」と心の中で思ってはいるも…
野沢 有 株式会社エルドリーム 「建設」に関連する事業全般(開発から運用)、製品…
菊池 猛 とんがり知財事務所 売れる独自製品を連発する ヒット製品プロデューサー
日比 幸人 ビジネスアートコンサルツ有限会社 経営工学知見を生かした「論理的考察による課題解決…
皆川 健多郎 大阪工業大学 ものづくり改革プロ育成指導講師
神谷 勝文 株式会社 ワールドテック 自動車関連製造で培ったモノづくり技術力を上流から…
延岡 健太郎 一橋大学イノベーション研究センター 製造業における価値づくり経営を研究しています
向原 文典 向原技術士事務所 材料製品全般の表面処理技術、腐食防食技術、性能評…
内平 直志 北陸先端大学 研究開発プロジェクトの成功確率を高めるためのマネ…

技術マネジメントの教材New!


オープンイノベーションによる 新事業創出、早期事業化とその実践事例

戦略/マーケティング > 事業戦略
戦略/マーケティング > マーケティング
技術マネジメント > 技術マネジメント
講師:(株)ニューチャーネットワークス 高橋 透 他
税別価格:80,000円

コスト削減・管理と工業化スピードアップの落とし所

技術マネジメント > 技術マネジメント
技術マネジメント > 経済性工学
講師:山田 明 三井化学(株) 他
税別価格:45,000円

5~10年先の市場を獲得するための“未来予測”による研究開発テーマの決め方

戦略/マーケティング > 事業戦略
戦略/マーケティング > マーケティング
技術マネジメント > 技術マネジメント
講師:東京大学 佐々木 一 他
税別価格:80,000円


製造業業務研修シリーズ その2 開発・設計コース
New!
技術マネジメント > 技術マネジメント
講師:ワクコンサルティング株式会社
税別価格:15,000円







オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら