ホーム > 技法解説 > 品質マネジメント > 4M変化点(4M変動)管理 4つの重要ポイント

品質マネジメント」の技法解説記事



4M変化点(4M変動)管理 4つの重要ポイント

 
4M変更管理
そもそも、4M変化点(4M変動)管理を行う目的は何でしょうか?重要なキーワードは「日常管理のしくみ」「先手管理」「重点管理」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。尚、別稿で4M変更管理の体系化を解説しましたので、そちらも参考にして下さい。

  

1.4M変更申請とは

 取引先からの要望で変化点管理を実施しなさいとよく言われることがあります。取引先は一体どのような意図をもって、そのような要求をしてくるのでしょうか?例えば、勝手に工程を変更してはいけない、材料を変えてはいけないなど、何か変更が生じた時には事前に「変更許可申請書」を提出せよ、という意味合いがあると思います。
 
 ただ、変更許可申請をどのような基準のもとに提出したらいいか、頭を悩ます場合も多いのです。例えば、人が入れ替わる毎に提出しなければならないのか?また、設備が古くなったので入れ替えたら、それも許可をもらわないといけないのか?など、現場の負担が過大となることもあって、判断に苦しみます。
 
 しかし、取引先から指摘されるまでもなく、4Mの変化点が生じた時に「不良を流出させない」「取引先に迷惑を掛けない」ためにはどうすればいいか?常に考えて対応策を考えておかなければならないのですが、往々にして受け身の対応になっているのです。このような現状を踏まえ、4M変化点(4M変動)管理の目的、役割を正しく理解した上で、効果的に管理を実施するための必要事項を詳しく解説します。
 

2.モノの生産前に講じておく予防策

 本来の予防策(予防処置)の意味は、機械の保守点検基準を決める、ポカヨケ治具を準備する、作業者を教育するなど、モノを生産する前に、工程の設計(QC工程図)や、生産準備段階で、不良が生じないようできる限り万全の策を講じます。
 
 そして、モノの生産が始まったら、決められた手順、決められた方法を守って、整然と作業を行います。ところが、整然とした作業を乱す、様々な要因が発生します。そのきっかけとなるのが、変化点です。
 

3.4M変化点管理の目的

 いくら生産前に予防対策を万全に講じても、生産現場では、変化点がきっかけとなって不具合が生じてしまいます。生産現場において、様々な変化点が生じても不具合が生じないよう日常的に管理を行うことを、「変化点管理」または「4M変更管理」などと呼びます。
 
 変化点管理は、予防処置とも捉えられますが、もうすでに生産が始まってからの管理なので、厳密には予防処置とは言いません。(予防処置は1項の生産を始める前に工程設計段階、準備段階で講ずる処置を指します)
 
 この生産前の予防処置で防ぎきれない項目(予防処置のモレ、不備)を、製造現場で不具合が発生しないように日常的に管理すること、これが変化点管理の目的です。
 

4.先手管理と重点管理の意味

 変化点管理の位置づけと目的が明確になったら、次に工程で、何を管理すれば不具合が発生しなくなるのか、項目を抽出して管理方法を決めます。意図的であれ、意図的でない変化点であれ、工程が乱れないように管理する項目を決め、日常管理の中で手順化しておきます。
 
【異常】
 
 不良ではないが、放置すると不良につながる現象で、異音がする、寸法管理限界値を超えた、初物、中間、最終チェックで寸法が変化したなど、あらかじめ定義しておく
 
【不良(不具合)】
 
 寸法規格はずれ、検査不良、機械の停止、ヒューマンエラーなど
 
 不良(不具合)が発生する前に異常を検出して、速やかに対処し、不良を未然に防止する、あるいは、不良が次工程へ流れないように管理する、それが「先手管理」であり、何に重点を置くか(重要部品、重要工程など)を決めて管理を行うことを「重点管理」と言います。
 

5.変化点管理で重要な4つのポイント

(1)異常を定義する

 何を異常と定義するか点検項目、手順、判定基準を明確にします。これは、先手管理を行うために、自社の今までの実績や 経験から、抽出すべき内容であり、世の中で決まっているわけではありません。異常が発生するのは、何らかの変化点が生じていると考えられるのでそれを突き止めて対策を講じます。
 

(2)重点管理項目を決める

 すべてを均一に管理することはできないので、重要製品、重要寸法、重要工程などを決めて点検点・管理点を定義します。重点管理では、一般の管理とは異なり、異常の監視周期の頻度を上げる、工程の点検項目・品質特性の監視項目を増やすなどの管理方法を取り、異常を漏らさず検出します。
 

(3)予測可能な変化点発生時の管理方法の明確化

 設計変更、工程変更、段取り替え、人の交替など、事前に変化点発生時期や内容が分かっている場合は、事前に準備する項目や手順を決めておき、それぞれに応じて(1)(2)を適用します。
 

(4)予測不可能な突発的な変化点発生時の管理方法の明確化

 停電、不具合発生による作業中断、機械の故障など、突発的に発生する変化点の場合には、あらかじめ発生時の処理手順を決めておきます。
 

6.管理者の役割

 変化点管理は、生産品目が頻繁に変化する、また人の変動が激しい工場に於いて、日常管理として実施しなければならない重要な管理項目と言えます。製造現場の管理者・監督者は、4M変化点管理の目的、位置づけを正しく理解し、自らの責務として日常管理の中で、(1)〜(4)の管理方法を明確にしておかなければならないのです。
 


品質マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「浜田 金男」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!




浜田 金男」のセミナー

小規模設計部門に適したFTA・FMEA手順【設計ミス防止対策】
開催日 (登録日:2017-2-10 / 開催日:2017-3-31)
説明 ●設計の基本的な考え方は「お客様目線」で設計することです。 お客様がどのような使い方をするだろうか? 使っているうちに、この部品は壊れないだろうか? 使った時に事故や故障が起きな…

品質マネジメント」の他の技法解説記事

町工場でも、出来る品質管理(その2) (2016-12-15)
新しい時代のQCサークル活動の提案 (2015-11-16)
慢性不良への対応 その2 偶然のばらつきでも因子を絞れば解析できる (2014-08-27)
不良原因解析2段階法の解説(その2) (2015-11-27)
多品種少量生産時代のQCDとは New!(2017-02-16)
4M変更管理(変化点管理)で不良発生を未然に防止 (2016-02-02)
工程能力の理解 その1.工程能力とは (2015-09-16)
その他の統計手法 その1、箱ひげ図 / Box and Whisker plot (2015-10-06)
品質管理の7つの基本 New!(2017-02-09)
現場には、非常に多くの勘違い!品質問題における原因究明とは (2014-06-08)

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら