ミーティング参加者の気持ちを前向きにさせるファシリテーションテクニックとは

投稿日

  ミーティング参加者の気持ちを前向きにさせるファシリテーションテクニックとは
【目次】

    今回は、会議やミーティングでの発言を活かし、参加者の気持ちを前向きにさせるファシリテーションテクニックについておはなしします。

     

    1. 肯定的な反応

    「坂田さん、なんか雰囲気が変わってきましたよ。」と、若手リーダーからメールが届きました。このリーダーは、会議を開いても雰囲気が重く、意見やアイデアもなかなか出てこない事に、悩みを抱いていました。

     

    原因は、前任の課長が意見を言ったりすると「で?それがどうしたの?」を口癖のように言い続けていて、これに対してメンバー達が何も言えなくなってしまった、とのこと。この雰囲気をすぐにでも変えたいと、私のもとに相談がきていました。

     

    このとき、私がアドバイスしたことは「なるほどね~」でした。会議を盛り上げるには、ちょっとした工夫。「なるほどね~」という肯定的な反応は、会議を活発にし、笑顔や笑い声を増やしたり、会議の雰囲気が改善され、参加者間のコミュニケーションがより円滑になります。

     

    「なるほどね~」は「あなたの言っていることを聞いて、理解しましたよ。」という相手にとって肯定的な意味が込められています。これは、発言をした人にとって、ポジティブなフィードバックとして受け止められやすく、発言者は自身の意見や発言が理解され、受け入れられていると感じ、自信を持つことができるのです。また、人は、他者からの肯定的な反応や支持を得ると、さらにその行動を続けたくなる心理があります。

     

    理解されている!受け入れられている!ウケている!と感じると「もっと発言をしたい!」「もっと、話し続けたい!」となるのです。

     

    「なるほどね~」という反応は、発言者に対する社会的な支持(ソーシャルリインフォースメント)を示しており、発言者が「もっと発言をしたい!」というモチベーションを高めます。また、リーダーのメールには「誰かが発言をしたら、”なるほどね~”という言葉をみんなで言ってみる。」というルールを会議の中に取り入れたそうです。

     

    すると「なるほどね~」と反応すると、会議室内に笑いが起こったというのです。これにより、発言者と他の参加者の間に親近感が生まれ、リラックスした雰囲気を醸し出し、笑いを誘うようになります。

     

    2. 心理的安全性

    肯定的な反応は、会議の参加者全員にとっての心理的安全性を高めます。

     

    心理的安全性が高まると、参加者は安心して意見を述べたり、冗談を言ったりすることができるため、自然と笑いが増えるのです。笑いは伝染しやすいもので、一人の笑い声が他の参加者にも伝わることがあります。

     

    私たちの脳には、ミラーニューロンという「ものまね神経」があり、他人の感情や思いを自分の心の中に映し出す機能を持っています。誰かが笑うと、自分も笑う。誰かが楽しいと、自分も楽しい。この反応は、ミラーニューロンが活性化されて起こる感情の変化なのです。

     

    この、ミラーニューロンの働きにより、一人が「なるほどね~」と笑顔で反応すると、他の参加者も同じように笑顔になり、笑いが広がるのです。さらには、肯定的な反応を続けることで、オキシトシン(信頼関係や絆を深めるホルモン)とドーパミン(快楽や報酬に関連する神経伝達物質)が脳内で分泌されます。これにより、会議の参加者間の結びつきが強まり、リラックスして楽しい雰囲気が生まれます。

     

    私は、この原理原則を背景に「なるほどね~」を多くのリーダーに勧めています。

     

    私に相談をしてくれたリーダーは「メンバーが私の知らない細かい事や、困り事なども話してくれるようになり、職場の中で何が起きているのか把握しやすくなりました。」と話していました。この小さな情報は、チームのリスクを見極め、事前に対策をとるこ...

      ミーティング参加者の気持ちを前向きにさせるファシリテーションテクニックとは
    【目次】

      今回は、会議やミーティングでの発言を活かし、参加者の気持ちを前向きにさせるファシリテーションテクニックについておはなしします。

       

      1. 肯定的な反応

      「坂田さん、なんか雰囲気が変わってきましたよ。」と、若手リーダーからメールが届きました。このリーダーは、会議を開いても雰囲気が重く、意見やアイデアもなかなか出てこない事に、悩みを抱いていました。

       

      原因は、前任の課長が意見を言ったりすると「で?それがどうしたの?」を口癖のように言い続けていて、これに対してメンバー達が何も言えなくなってしまった、とのこと。この雰囲気をすぐにでも変えたいと、私のもとに相談がきていました。

       

      このとき、私がアドバイスしたことは「なるほどね~」でした。会議を盛り上げるには、ちょっとした工夫。「なるほどね~」という肯定的な反応は、会議を活発にし、笑顔や笑い声を増やしたり、会議の雰囲気が改善され、参加者間のコミュニケーションがより円滑になります。

       

      「なるほどね~」は「あなたの言っていることを聞いて、理解しましたよ。」という相手にとって肯定的な意味が込められています。これは、発言をした人にとって、ポジティブなフィードバックとして受け止められやすく、発言者は自身の意見や発言が理解され、受け入れられていると感じ、自信を持つことができるのです。また、人は、他者からの肯定的な反応や支持を得ると、さらにその行動を続けたくなる心理があります。

       

      理解されている!受け入れられている!ウケている!と感じると「もっと発言をしたい!」「もっと、話し続けたい!」となるのです。

       

      「なるほどね~」という反応は、発言者に対する社会的な支持(ソーシャルリインフォースメント)を示しており、発言者が「もっと発言をしたい!」というモチベーションを高めます。また、リーダーのメールには「誰かが発言をしたら、”なるほどね~”という言葉をみんなで言ってみる。」というルールを会議の中に取り入れたそうです。

       

      すると「なるほどね~」と反応すると、会議室内に笑いが起こったというのです。これにより、発言者と他の参加者の間に親近感が生まれ、リラックスした雰囲気を醸し出し、笑いを誘うようになります。

       

      2. 心理的安全性

      肯定的な反応は、会議の参加者全員にとっての心理的安全性を高めます。

       

      心理的安全性が高まると、参加者は安心して意見を述べたり、冗談を言ったりすることができるため、自然と笑いが増えるのです。笑いは伝染しやすいもので、一人の笑い声が他の参加者にも伝わることがあります。

       

      私たちの脳には、ミラーニューロンという「ものまね神経」があり、他人の感情や思いを自分の心の中に映し出す機能を持っています。誰かが笑うと、自分も笑う。誰かが楽しいと、自分も楽しい。この反応は、ミラーニューロンが活性化されて起こる感情の変化なのです。

       

      この、ミラーニューロンの働きにより、一人が「なるほどね~」と笑顔で反応すると、他の参加者も同じように笑顔になり、笑いが広がるのです。さらには、肯定的な反応を続けることで、オキシトシン(信頼関係や絆を深めるホルモン)とドーパミン(快楽や報酬に関連する神経伝達物質)が脳内で分泌されます。これにより、会議の参加者間の結びつきが強まり、リラックスして楽しい雰囲気が生まれます。

       

      私は、この原理原則を背景に「なるほどね~」を多くのリーダーに勧めています。

       

      私に相談をしてくれたリーダーは「メンバーが私の知らない細かい事や、困り事なども話してくれるようになり、職場の中で何が起きているのか把握しやすくなりました。」と話していました。この小さな情報は、チームのリスクを見極め、事前に対策をとることができる貴重なものです。

       

      変わり始めた職場の雰囲気。大切に育て続けてほしいと思います。

      •  ポジティブなフィードバック 
      •  オキシトシンとドーパミンの効果
      •  ミラーニューロンの活性化

      会議を盛り上げるには、ファシリテーションが効果的。「なるほどね~」会議出席者全員で、使ってみましょう。

       

      ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細解説に直リンク!!
       【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

       

         続きを読むには・・・


      この記事の著者

      坂田 和則

      現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

      現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!


      「人財教育・育成」の他のキーワード解説記事

      もっと見る
      相手をその気にさせる労働安全衛生マネジメントとは

          1.対話術 伝える難しさをどう乗り越えるか 「言葉だけで 作業を説明され、 それを実施してみて欲しい」と言われたら、...

          1.対話術 伝える難しさをどう乗り越えるか 「言葉だけで 作業を説明され、 それを実施してみて欲しい」と言われたら、...


      自分自身のマーケティング 技術者のキャリア整理法(その1)

       以前、「リストラに負けない研究・技術者のキャリアデザイン」というタイトルでキャリアデザインの概要を解説しました。その中で、キャリアには、大きく分けて3つ...

       以前、「リストラに負けない研究・技術者のキャリアデザイン」というタイトルでキャリアデザインの概要を解説しました。その中で、キャリアには、大きく分けて3つ...


      内容が明確に伝わる技術文書の書き方(その13)

        「6つのルールと18の書き方」に関し、「6つのルール」および「18の書き方」の概要について解説しています。「6つのルールと18の書き方...

        「6つのルールと18の書き方」に関し、「6つのルール」および「18の書き方」の概要について解説しています。「6つのルールと18の書き方...


      「人財教育・育成」の活用事例

      もっと見る
      ‐能力開発のシステム創り 製品・技術開発力強化策の事例(その48)

      ◆能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その47に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...

      ◆能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その47に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...


      人的資源マネジメント:自分の「徳」を知って成果を出す(その1)

       「徳」という単語は高い人間性を表現するときに使われます。たとえば、「徳がある人」「徳を高める」「徳を積む」というような使い方をします。「徳」というのは道...

       「徳」という単語は高い人間性を表現するときに使われます。たとえば、「徳がある人」「徳を高める」「徳を積む」というような使い方をします。「徳」というのは道...


      「相手中心」で喜ばれる会話と怒りをよぶ会話の具体例

        1. 押しつけは怒りを呼ぶ。だったら、相手に任せればいい?  「A案とB案を比べるとA案が有利なのは明らかですから、A案を採用すべき...

        1. 押しつけは怒りを呼ぶ。だったら、相手に任せればいい?  「A案とB案を比べるとA案が有利なのは明らかですから、A案を採用すべき...