拡張分析とは:データ分析講座(その331)効率的なビジネス意思決定を支援

投稿日

データサイエンスタスクを自動化する拡張分析とは:データ分析講座(その331)

 

ビジネスにおいてデータは重要な意思決定の礎となっています。しかし、そのデータに対する分析タスクと、分析した結果の解釈は、往々にして複雑で時間がかかる作業です。その解決策として注目を集めているのが、AIや機械学習を活用した「拡張分析(Augmented Analytics)」です。今回は、拡張分析がデータサイエンスの課題をどのように解決し、効率的なビジネス意思決定を支援するのかについて説明します。

【記事要約】

拡張分析は、データ分析と意思決定のプロセスを劇的に改善し、効率化する革新的なアプローチです。その中核には、AIと機械学習が位置付けられ、これらの技術により、データの探索から解釈までの全てが自動化されます。拡張分析の活用は、より深い洞察の提供、時間の節約、そしてデータドリブンな意思決定を迅速に行うことを可能にします。一方で、透明性の欠如やデータの品質、セキュリティとプライバシーなどの課題もあるため、その適用には慎重さが求められます。

【目次】

    1. 拡張分析:データサイエンスとその課題

    データサイエンスは、情報化社会におけるビジネスの成功の鍵を握る領域となっています。大量のデータから洞察を引き出し、それを有益な戦略や意思決定に反映させることが、競争優位性を保つために必要不可欠となっています。データサイエンスの領域は幅広く、統計分析、機械学習、数理最適化など、多岐にわたります。しかしながら、これらのタスクは一般的に高度な専門知識を必要とし、複雑で時間のかかる作業となることがしばしばです。

     

    さらに、データの規模が増大し、その複雑性が増すと、これらの課題はより顕著となります。従来の手法では、大量のデータを効果的に処理し、分析し、有用な情報に変換するのは困難であり、人間の分析者だけでは負担が大きいのです。このような背景から、AIや機械学習を活用してデータ分析のプロセスを自動化し、効率化する新たなアプローチが求められています。

     

    その答えが「拡張分析(Augmented Analytics)」であり、これはデータサイエンスに革新をもたらす可能性があります。

     

    2. 拡張分析(Augmented Analytics)とは?

    拡張分析(Augmented Analytics)は、ガートナーが2017年に初めて提唱した概念で、人工知能(AI)と機械学習(ML)の最先端技術を活用して、データ分析の各プロセスを自動化する手法を指します。具体的には、データの準備、データ分析、データからの洞察の生成、そして洞察をもとにしたビジネス意思決定を支援します。

     

    拡張分析により、大量のデータを短時間で処理し、様々なパターンやトレンドを自動的に抽出することが可能となります。また、結果の解釈や共有も自動化され、非専門家でも簡単に結果を理解し、それに基づく意思決定を行うことができます。拡張分析の目的は、従来のデータ分析のプロセスを効率化し、データからの洞察をより迅速に、より広範囲に提供することです。これにより、従来は時間と専門知識を必要としていたデータ分析作業が、より手軽に、よりアクセシブルになります。

     

    その結果、組織全体でのデータの活用が進み、データドリブンな意思決定が促進されます。

     

    3. 拡張分析の主な機能

    拡張分析は、データの探索から解釈までの全てを自動化します。求められる機能を見てみましょう。

     

    自動データ整理(Automated Data Preparation)

    データを分析可能な形式に整理する作業を自動化します。データクレンジング、データ変換、欠損値処理などの時間がかかる作業を効率的に行い、分析の準備時間を大幅に短縮します。

    データの自動探索(Automated Data Discovery)

    AIとMLを用いて、データ内の潜在的なパターンや関連性を自動的に探索します。従来は人間が手作業で行う部分を自動化し、大量のデータから迅速に有用な情報を抽出します。

    洞察の生成(Insight Generation)

    データから自動的に洞察を生成します。パターン、トレンド、異常値などを自動的に抽出し、その意義を理解しやすい形で提示します。

    自然言語の理解と生成(Natural Language Processing and Generation)

    自然言語処理(NLP)と自然言語生成(NLG)を活用して、人間が自然に理解できる形でデータを解釈し、洞察を伝えます。ユーザーが自然言語で問いを立てると、システムはそれを理解し、適切なデータ分析を行い、結果を自然言語で返すことができます。

    予測分析の自動化(Automated Predictive Analytics)

    AIとMLを活用して、データから未来のトレンドやパターンを予測します。これにより、ユーザーは事前に対策を立てることができます。

    データの自動可視化(Automated Data Visualization)

    データを視覚的に表現することで、ユーザーが洞察を直感的に理解できるようにします。AIは最適な可視化手法を選択し、ユーザーがデータを容易に解釈できるようにします。

     

    これらの機能により、拡張分析はデータ分析の手間を軽減しながら、洞察の生成を最適化し、データに基づく意思決定を支援します。ただ、これらの機能をすべて実装した拡張分析ツールは、まだ存在しません。

     

    4. 拡張分析を可能にする主要な技術

    拡張分析に求められる機能は、AI(人工知能)やML(機械学習)の進歩によって実現されつつあります。以下に、主な技術を見ていきましょう。

     

    機械学習(ML)、深層学習(Deep Learning)

    これらの技術は、拡張分析の基礎を築いています。MLアルゴリズムは、データのパターンを理解し、それを基に予測を立てる能力を持っています。これにより、大量のデータから迅速に有意義な洞察を引き出すことが可能になります。MLの一部門である深層学習は、非常に複雑なパターンを学習する能力があります。これは、テキスト、音声、画像など、構造化されていないデータの分析に特に有効です。

    AutoML(自動機械学習)

    機械学習モデルの開発プロセスを自動化する手法です。機械学習モデルを開発するためには、データの前処理、特徴量エンジニアリング、モデルの選択と評価、ハイパーパラメータの調整など、多くの手順が必要です。これらの作業は専門的なスキルを必要とし、時間も手間もかかります。AutoMLは、これらの作業の多くを自動化することで、機械学習の専門知識がない人々でも、機械学習モデルの構築と活用を可能にします。

    自然言語処理(NLP)、自然言語生成(NLG)

    NLPとは、人間が日常的に使う自然言語をコンピュータが理解し、生成するための技術のことを指します。人間が自然に使う言語を理解し、適切に反応する能力は、人間とコンピュータ間のコミュニケーションを改善し、より人間らしいインタラクションを可能にします。NLGとは、特にテキストデータの生成に焦点を当てたNLPの一部領域です。具体的には、コンピュータが人間が理解できる自然言語のテキストを自動的に生成する技術を指します。

    クラウドコンピューティング

    クラウドコンピューティングは、大量のデータを保存し、分析するためのスケーラブルなインフラストラクチャを提供します。また、分析ツールやAI、MLサービスへのアクセスを容易にします。

    ビッグデータテクノロジー

    データベースシステムや分散処理フレームワークなどのビッグデータテクノロジーは、大規模なデータセットを効率的に管理し、分析することを可能にします。

     

    これらの技術を活用することで、拡張分析は大量のデータを迅速に処理し、深い洞察を提供し、ビジネス意思決定を強力にサポートします。

     

    5. 拡張分析のメリットとデメリット

    拡張分析はデータ分析の新たなパラダイムであり、数々のメリットを持つ一方で、いくつかのデメリットも存在します。メリットとデメリットを理解した上で、拡張分析を適切に活用することで、ビジネスの意思決定を強化し、競争優位性を獲得することが可能になります。

    (1)メリット

    効率的なデータ分析

    AIとMLによる自動化により、大量のデータを短時間で処理し、価値ある洞察を引き出すことができます。また、データの整理や洞察の生成など、従来手作業で行われていた部分が自動化されるため、効率性が大幅に向上します。

    深い洞察の提供

    AIとMLは、人間が見落とす可能性のあるパターンや関連性を探し出す能力を持っています。これにより、データからより深い洞察を得ることができます。

    非専門家でも利用可能

    NLPやNLGの活用により、分析結果を人間が理解しやすい形で提供します。これにより、非専門家でも結果を理解し、それに基づく意思決定を行うことが可能になります。

    予測分析の提供

    AIとMLは、データから未来のトレンドやパターンを予測する能力を持っています。これにより、リスク管理や戦略計画に役立てることができます。

     

    (2)デメリット

    技術的な課題

    AIやMLのモデルは、適切なトレーニングと調整が必要です。これには高度な専門知識が必要となります。また、データの質や量によっては、精度の高い洞察を得ることが難しい場合もあります。

    プライバシーとセキュリティ

    拡張分析では大量のデータが処理されます。その中には、個人情報や機密情報が含まれることもあります。そのため、データのプライバシーとセキュリティの確保が重要となります。

    依存の問題

    AIとMLによる自動化により、組織がこれらの技術に過度に依存するリスクがあります。これにより、人間の専門家の役割が軽視される可能性があります。

     

    6. 拡張分析の事例

    拡張分析の技術は発展途上でありますが、一部の機能を使った事例は多数あります。このことは、拡張分析がビジネスの多くの側面において有用であることを示しています。では、幾つかの例を紹介します。

     

    (1)製造業での品質管理

    ある自動車メーカーは、製品の品質管理を改善するために拡張分析を活用しています。工場内の各ステージで収集される大量のデータをAIとMLのモデルにフィードし、製品に問題がある可能性を予測します。これにより、生産ラインを止めることなく、リアルタイムで品質問題を特定し、修正することが可能になります...

    データサイエンスタスクを自動化する拡張分析とは:データ分析講座(その331)

     

    ビジネスにおいてデータは重要な意思決定の礎となっています。しかし、そのデータに対する分析タスクと、分析した結果の解釈は、往々にして複雑で時間がかかる作業です。その解決策として注目を集めているのが、AIや機械学習を活用した「拡張分析(Augmented Analytics)」です。今回は、拡張分析がデータサイエンスの課題をどのように解決し、効率的なビジネス意思決定を支援するのかについて説明します。

    【記事要約】

    拡張分析は、データ分析と意思決定のプロセスを劇的に改善し、効率化する革新的なアプローチです。その中核には、AIと機械学習が位置付けられ、これらの技術により、データの探索から解釈までの全てが自動化されます。拡張分析の活用は、より深い洞察の提供、時間の節約、そしてデータドリブンな意思決定を迅速に行うことを可能にします。一方で、透明性の欠如やデータの品質、セキュリティとプライバシーなどの課題もあるため、その適用には慎重さが求められます。

    【目次】

      1. 拡張分析:データサイエンスとその課題

      データサイエンスは、情報化社会におけるビジネスの成功の鍵を握る領域となっています。大量のデータから洞察を引き出し、それを有益な戦略や意思決定に反映させることが、競争優位性を保つために必要不可欠となっています。データサイエンスの領域は幅広く、統計分析、機械学習、数理最適化など、多岐にわたります。しかしながら、これらのタスクは一般的に高度な専門知識を必要とし、複雑で時間のかかる作業となることがしばしばです。

       

      さらに、データの規模が増大し、その複雑性が増すと、これらの課題はより顕著となります。従来の手法では、大量のデータを効果的に処理し、分析し、有用な情報に変換するのは困難であり、人間の分析者だけでは負担が大きいのです。このような背景から、AIや機械学習を活用してデータ分析のプロセスを自動化し、効率化する新たなアプローチが求められています。

       

      その答えが「拡張分析(Augmented Analytics)」であり、これはデータサイエンスに革新をもたらす可能性があります。

       

      2. 拡張分析(Augmented Analytics)とは?

      拡張分析(Augmented Analytics)は、ガートナーが2017年に初めて提唱した概念で、人工知能(AI)と機械学習(ML)の最先端技術を活用して、データ分析の各プロセスを自動化する手法を指します。具体的には、データの準備、データ分析、データからの洞察の生成、そして洞察をもとにしたビジネス意思決定を支援します。

       

      拡張分析により、大量のデータを短時間で処理し、様々なパターンやトレンドを自動的に抽出することが可能となります。また、結果の解釈や共有も自動化され、非専門家でも簡単に結果を理解し、それに基づく意思決定を行うことができます。拡張分析の目的は、従来のデータ分析のプロセスを効率化し、データからの洞察をより迅速に、より広範囲に提供することです。これにより、従来は時間と専門知識を必要としていたデータ分析作業が、より手軽に、よりアクセシブルになります。

       

      その結果、組織全体でのデータの活用が進み、データドリブンな意思決定が促進されます。

       

      3. 拡張分析の主な機能

      拡張分析は、データの探索から解釈までの全てを自動化します。求められる機能を見てみましょう。

       

      自動データ整理(Automated Data Preparation)

      データを分析可能な形式に整理する作業を自動化します。データクレンジング、データ変換、欠損値処理などの時間がかかる作業を効率的に行い、分析の準備時間を大幅に短縮します。

      データの自動探索(Automated Data Discovery)

      AIとMLを用いて、データ内の潜在的なパターンや関連性を自動的に探索します。従来は人間が手作業で行う部分を自動化し、大量のデータから迅速に有用な情報を抽出します。

      洞察の生成(Insight Generation)

      データから自動的に洞察を生成します。パターン、トレンド、異常値などを自動的に抽出し、その意義を理解しやすい形で提示します。

      自然言語の理解と生成(Natural Language Processing and Generation)

      自然言語処理(NLP)と自然言語生成(NLG)を活用して、人間が自然に理解できる形でデータを解釈し、洞察を伝えます。ユーザーが自然言語で問いを立てると、システムはそれを理解し、適切なデータ分析を行い、結果を自然言語で返すことができます。

      予測分析の自動化(Automated Predictive Analytics)

      AIとMLを活用して、データから未来のトレンドやパターンを予測します。これにより、ユーザーは事前に対策を立てることができます。

      データの自動可視化(Automated Data Visualization)

      データを視覚的に表現することで、ユーザーが洞察を直感的に理解できるようにします。AIは最適な可視化手法を選択し、ユーザーがデータを容易に解釈できるようにします。

       

      これらの機能により、拡張分析はデータ分析の手間を軽減しながら、洞察の生成を最適化し、データに基づく意思決定を支援します。ただ、これらの機能をすべて実装した拡張分析ツールは、まだ存在しません。

       

      4. 拡張分析を可能にする主要な技術

      拡張分析に求められる機能は、AI(人工知能)やML(機械学習)の進歩によって実現されつつあります。以下に、主な技術を見ていきましょう。

       

      機械学習(ML)、深層学習(Deep Learning)

      これらの技術は、拡張分析の基礎を築いています。MLアルゴリズムは、データのパターンを理解し、それを基に予測を立てる能力を持っています。これにより、大量のデータから迅速に有意義な洞察を引き出すことが可能になります。MLの一部門である深層学習は、非常に複雑なパターンを学習する能力があります。これは、テキスト、音声、画像など、構造化されていないデータの分析に特に有効です。

      AutoML(自動機械学習)

      機械学習モデルの開発プロセスを自動化する手法です。機械学習モデルを開発するためには、データの前処理、特徴量エンジニアリング、モデルの選択と評価、ハイパーパラメータの調整など、多くの手順が必要です。これらの作業は専門的なスキルを必要とし、時間も手間もかかります。AutoMLは、これらの作業の多くを自動化することで、機械学習の専門知識がない人々でも、機械学習モデルの構築と活用を可能にします。

      自然言語処理(NLP)、自然言語生成(NLG)

      NLPとは、人間が日常的に使う自然言語をコンピュータが理解し、生成するための技術のことを指します。人間が自然に使う言語を理解し、適切に反応する能力は、人間とコンピュータ間のコミュニケーションを改善し、より人間らしいインタラクションを可能にします。NLGとは、特にテキストデータの生成に焦点を当てたNLPの一部領域です。具体的には、コンピュータが人間が理解できる自然言語のテキストを自動的に生成する技術を指します。

      クラウドコンピューティング

      クラウドコンピューティングは、大量のデータを保存し、分析するためのスケーラブルなインフラストラクチャを提供します。また、分析ツールやAI、MLサービスへのアクセスを容易にします。

      ビッグデータテクノロジー

      データベースシステムや分散処理フレームワークなどのビッグデータテクノロジーは、大規模なデータセットを効率的に管理し、分析することを可能にします。

       

      これらの技術を活用することで、拡張分析は大量のデータを迅速に処理し、深い洞察を提供し、ビジネス意思決定を強力にサポートします。

       

      5. 拡張分析のメリットとデメリット

      拡張分析はデータ分析の新たなパラダイムであり、数々のメリットを持つ一方で、いくつかのデメリットも存在します。メリットとデメリットを理解した上で、拡張分析を適切に活用することで、ビジネスの意思決定を強化し、競争優位性を獲得することが可能になります。

      (1)メリット

      効率的なデータ分析

      AIとMLによる自動化により、大量のデータを短時間で処理し、価値ある洞察を引き出すことができます。また、データの整理や洞察の生成など、従来手作業で行われていた部分が自動化されるため、効率性が大幅に向上します。

      深い洞察の提供

      AIとMLは、人間が見落とす可能性のあるパターンや関連性を探し出す能力を持っています。これにより、データからより深い洞察を得ることができます。

      非専門家でも利用可能

      NLPやNLGの活用により、分析結果を人間が理解しやすい形で提供します。これにより、非専門家でも結果を理解し、それに基づく意思決定を行うことが可能になります。

      予測分析の提供

      AIとMLは、データから未来のトレンドやパターンを予測する能力を持っています。これにより、リスク管理や戦略計画に役立てることができます。

       

      (2)デメリット

      技術的な課題

      AIやMLのモデルは、適切なトレーニングと調整が必要です。これには高度な専門知識が必要となります。また、データの質や量によっては、精度の高い洞察を得ることが難しい場合もあります。

      プライバシーとセキュリティ

      拡張分析では大量のデータが処理されます。その中には、個人情報や機密情報が含まれることもあります。そのため、データのプライバシーとセキュリティの確保が重要となります。

      依存の問題

      AIとMLによる自動化により、組織がこれらの技術に過度に依存するリスクがあります。これにより、人間の専門家の役割が軽視される可能性があります。

       

      6. 拡張分析の事例

      拡張分析の技術は発展途上でありますが、一部の機能を使った事例は多数あります。このことは、拡張分析がビジネスの多くの側面において有用であることを示しています。では、幾つかの例を紹介します。

       

      (1)製造業での品質管理

      ある自動車メーカーは、製品の品質管理を改善するために拡張分析を活用しています。工場内の各ステージで収集される大量のデータをAIとMLのモデルにフィードし、製品に問題がある可能性を予測します。これにより、生産ラインを止めることなく、リアルタイムで品質問題を特定し、修正することが可能になります。

       

      (2)小売業での顧客体験の改善

      ある大手EC業者は、拡張分析を活用して、顧客の購買パターンを理解し、個々の顧客に対するパーソナライズされた体験を提供しています。顧客の購入履歴、クリック履歴、ソーシャルメディアの行動などから洞察を得て、個々の顧客に最適な商品を推奨することで、顧客満足度を高めています。

       

      (3)金融業界での不正行為の検出

      ある保険会社は、大量のトランザクションデータを分析して不正行為を早期に検出するために、拡張分析を活用しています。AIとMLを使って、不正なトランザクションの兆候を見つけ出すことで、損失を最小限に抑えることが可能となっています。

       

      7. 拡張分析の未来と可能性

      拡張分析は、AIと機械学習を活用して、ビジネスインテリジェンスとデータ分析を革新的に進化させています。実際のビジネス環境での適用範囲は広がりつつあり、多くの企業がこの技術を採用して競争力を高めようとしています。

       

      AIとML技術の進歩に伴い、拡張分析はさらに発展し、洞察を引き出すスピードと精度が向上するでしょう。特に、深層学習や強化学習といった高度なMLアルゴリズムの進化は、より複雑なパターンを解析し、より高度な予測を可能にすることでしょう。

       

      また、拡張分析の普及に伴い、非専門家でもデータ分析の結果を利用できるようになります。これにより、組織全体でのデータ利活用が進み、よりデータ駆動の意思決定が可能になるでしょう。しかし、一方で、拡張分析の活用には新たな課題も伴います。AIとMLのモデルの透明性や公正性、データのプライバシーやセキュリティ、技術的なハードルなど、解決すべき問題もまた増えていきます。未来において、これらの課題を解決し、拡張分析の可能性を最大限に引き出すことが求められます。

       

      それは、データを活用してビジネス価値を創出する新たな時代の幕開けを意味するでしょう。しかし、その可能性は無限大であり、ビジネス全体のパフォーマンス向上に大いに貢献することでしょう。

       

      関連解説記事:データサイエンスとは?データサイエンティストの役割は?必要なツールも紹介

       

      【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

       

         続きを読むには・・・


      この記事の著者

      高橋 威知郎

      データネクロマンサー/データ分析・活用コンサルタント (埋もれたデータに花を咲かせる、データ分析界の花咲じじい。それほど年齢は重ねてないけど)

      データネクロマンサー/データ分析・活用コンサルタント (埋もれたデータに花を咲かせる、データ分析界の花咲じじい。それほど年齢は重ねてないけど)


      「情報マネジメント一般」の他のキーワード解説記事

      もっと見る
      ビジネスで活きる指標とは? データ分析講座(その244)

        ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細解説に直リンク!!   もっとも手軽なデー...

        ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細解説に直リンク!!   もっとも手軽なデー...


      点予測と区間予測 データ分析講座(その210)

        よくデータサイエンスや機械学習などの技術を使い予測モデルを構築するケースも増えています。その中でよく目にするのが点予測です。点予測とは...

        よくデータサイエンスや機械学習などの技術を使い予測モデルを構築するケースも増えています。その中でよく目にするのが点予測です。点予測とは...


      データ活用プラットフォームとデータサイエンス データ分析講座(その298)

        データをいかに活用しビジネスを加速させればいいのか。そのためのツールとして、データ活用プラットフォームがあります。呼び方は様々で、単に...

        データをいかに活用しビジネスを加速させればいいのか。そのためのツールとして、データ活用プラットフォームがあります。呼び方は様々で、単に...


      「情報マネジメント一般」の活用事例

      もっと見る
      デジタルデータの保存とは

              今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所...

              今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所...


      ‐情報収集で配慮すべき事項(第1回)‐  製品・技術開発力強化策の事例(その9)

       前回の事例その8に続いて解説します。ある目的で情報収集を開始する時には、始めに開発方針を明らかにして、目的意識を持って行動する必要があります。目的を明確...

       前回の事例その8に続いて解説します。ある目的で情報収集を開始する時には、始めに開発方針を明らかにして、目的意識を持って行動する必要があります。目的を明確...


      情報システム導入企業の悩みとは

              今回は、次の事例から、自社の生産システムにあった生産管理ソフトの選択をどうすべきかを解説します。   1. 想定事例  電...

              今回は、次の事例から、自社の生産システムにあった生産管理ソフトの選択をどうすべきかを解説します。   1. 想定事例  電...