印刷する

ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 技術者・研究者のための「前に進む発想法」

アイデア発想法」の技法解説記事



技術者・研究者のための「前に進む発想法」

1.技術者・研究者は頭が固い

 技術者・研究者は、コチコチ頭の人が少なくありません。思い込みや固定観念にとらわれ、よく壁にぶつかっています。「専門バカ」「技術バカ」と言われるように、自分の専門や技術的なことにしか目を向けないからです。
   
  他社に先駆けて高性能・低コストの新製品・新技術を開発しなければならないのに、前例や従来のやり方が頭から離れません。柔軟に発想を広げ新しいアイデアを生み出す必要があるのに、いつまでも今までの考え方・やり方にこだわっています。
 
 このような状況から抜け出し、新しいアイデアや成果を生み出すのに効果があるのが、ここに紹介する「前に進む発想法」です。わたしは、アイデア発想法の研修・セミナーを企業や公共団体で行なっています。これまで2万人以上が受講しました。その約半分が技術者・研究者ですが、前に進む発想法をしっかり身につけ成果を上げています。
 

2.前に進む発想法

 コチコチ頭であっても、「前に進む発想法」を用いるとアイデアをスムースに出すことができ、成果を上げることができます。そのポイントは、「テーマを明確に立てる」と「書いてアイデアを出す」です。テーマを明確に立て、書いてアイデアを考えれば、誰でもグッドアイデアを出すことができます。次に、その基本ノウハウについて述べます。
 

(1)テーマを明確に立てる

 テーマを明確に立てます。明確とは、具体的である(ハッキリしている)ということです。テーマ(目指す所、目標、的)をハッキリ定めることによって考えやすくなり、アイデアが出やすくなります。
 
 たとえば、テーマを「若手社員の教育」などと立てる人がよくいますが、これでは抽象的で考えにくいです。「新入社員のK君に工具名を覚えてもらう」というように具体的に設定します。すると、的が絞られ考えやすくなります。
 
【参考事例】
 
   ・「書類作成の効率化」→「実験レポートの作成時間を2分の1にする」
   ・「省エネ対策」→「工場のスチーム使用量を20パーセント減らす」
   ・「新しいシャツの開発」→「汗をかいても肌にくっつかないシャツの開発」
 

(2)書いてアイデアを出す

 アイデア発想法続いて、誰でも簡単に使える「T発想法」を用い、柔軟に発想を広げアイデアを出します。
 
 図のように、紙にTの字を書くのでT発想法です。上欄がテーマ欄、左欄がヒント欄、右欄がアイデア欄となります。テーマ欄には、「実験レポートの作成時間を2分の1にする」というように、テーマを明確に立てます(書きます)。ヒント欄には、アイデアを考えるためのヒントを書きます。アイデアは頭で考えても出ません。ところが、ヒントを書くとアイデアが出ます。
 
 ヒントとは、テーマに関する状況や関係者の意見です。これらを一つひとつ具体的に書くことでイメージが広がり、アイデアがスムースに出ます。たとえば、「どんな実験をしているか」「何をレポートに書いているか」「いつレポートを書いているか」「誰がレポートを読むのか」「読む人はどんな意見を持っているか」……といったことをヒントとして書くことで、アイデアが自然と出てきます。「実験が終わったあとでレポートを書いている」をヒントに、「実験中の空いている時間に書けることを書く」とアイデアが出てきます。
 
 レポートに書くのに必要な項目をフォーマット化し、実験中に書けることを書くと、その分レポートを作成する時間を減らせます。ときには、後で書くのは結論だけということになり、レポートの作成時間を大幅に減らすことができます。ちなみに、わたしの研修の受講者は、業務の効率を平均で約3倍アップしています。時間にすると3分の1です。あなたも、ぜひ業務の効率アップを図ってください。
 

3.前に向かって進もう

 以上、「テーマを明確に立てる」「書いてアイデアを出す」のポイントをしっかり押さえることで、誰でも前に進む(成果を上げる)ことができます。新技術開発、コストダウン、新製品開発、生産性の向上、トラブル対応、業務の効率アップなど、様々なテーマにトライしてください。そして、前に向かって進んでください。
 


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「さとう 秀徳」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



わたしが研修・セミナーで目指す所は、受講者が「わかった! やろう! できた!」となることです。単なる講義に終わらず、実際の行動・成果に結びつくことを目指しています。現に、研究・技術・生産などの分野で数多くの成果を上げています。大事なことは、現状にとどまらず前に進み成果を上げることです。このことをし… 続きを読む

アイデア発想法」の質問

ゴードン法 (2016-10-26 08:59:14)
アイデア出しの手法 (2015-11-17 16:04:04)
アイディア発想法について (2012-07-17 17:38:28)

アイデア発想法」の他の技法解説記事

アイデア発想の基本とは (2013-08-07)
ブレーンライティング、紙に書いて行うブレーンストーミングとは (2013-08-16)
集団創造の進め方とチームづくり (2014-12-24)
情報収集の3原則とは (2014-11-20)
強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ! (2014-10-17)
アイデア発想:入出法(インプット・アウトプット法) の進め方 (2014-07-18)
何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その1) (2016-10-24)
創造的な可能性とは (2014-10-10)
プレゼンは「さしすせそ」! (2015-01-30)
系列型収束アイデア発想―因果分析法の進め方 (2014-09-08)

アイデア発想法」の活用事例

失敗の繰り返しが発明を生んだ事例3-安全剃刀、テレビジョン- (2015-10-13)
家族のひと言や行動が刺激になってひらめいた事例2.-電話機 、飛行機 - (2015-09-15)
発想力を考える:ひらめき派と理論派 (2016-03-01)
自然界をヒントにした発想事例1 -ベンゼン核、座標軸、万有引力- (2015-08-07)
自然界をヒントにした発想事例3 -護身用具、緊急救助法- (2015-08-26)
屋内外で発見したことからの発想事例2 -熱気球、パンチカード- (2015-09-04)
光学技術発見の事例 (2015-05-11)
偶然を生かしたセレンディピティのひらめき事例2.-列車のブレーキ‐ (2015-09-26)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例1-活字印刷、合成ゴム- (2015-10-07)
屋内外で発見したことからの発想事例1 -蛍光紙、牛の解体- (2015-09-02)


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス