品質工学におけるエネルギー比型SN比とは 【連載記事紹介】

データ分析

 

エネルギー比型SN比の連載記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載紹介の一覧へ戻る

◆エネルギー比型SN比とは

エネルギー比型SN比は、品質工学における新しい評価尺度であり、SN比の比較対象間でデータの数や信号値の大きさが異なる場合でも、公平な比較が可能です。実務者にとって従来のSN比の制約を気にしながらケースバイケースで使いこなすのは煩雑で、間違いの原因ともなります。連載では、従来のSN比の課題を具体例でひも解きながら、エネルギー比型SN比の数理や利点を解説し、エネルギー比型SN比の計算例とともにその活用成果を解説しています。

 

◆こんな方におすすめ!=従来のSN比の課題を知りたい=

従来のSN比で使用上の留意点があることはあまり知られていません。比較対象間で入力信号の大きさが異なるなどの場合(そうならざるを得ない場合)に実務上での対処方法は明示されておらず、「技術者が自己責任で考えて対処すべきもの」として、各事例での個別判断にゆだねられていたと考えます。エネルギー比型SN比について、 ものづくりドットコム登録専門家の鶴田氏が詳しく紹介しています。

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

【エネルギー比型SN比 連載記事一覧】

1. 技術評価におけるSN比

2. データ数による影響

3. 個別的な計算方法

4. 計算の複雑さ

5. 信号の大きさによる影響

6. データ数による影響

7. 個別的な計算方法

 

◆関連解説『品質工学(タグチメソッド)とは』

 


「品質工学(タグチメソッド)」の他のキーワード解説記事

もっと見る
ほんまもんの技術者とは (その3)

5.システムの創造ができるπ型技術者であれ  事業戦略によるテーマを満足するシステムを創造することが技術者の第一の仕事ですが,最近企業を訪れて管理...

5.システムの創造ができるπ型技術者であれ  事業戦略によるテーマを満足するシステムを創造することが技術者の第一の仕事ですが,最近企業を訪れて管理...


ほんまもんの技術者とは (その4)

7.やり直しをせずに「成果」を出す技術者であれ  農耕民族である日本人の多くは,勤勉努力で汗を流して仕事をすることが美徳であり,成果が出なくても日頃の努...

7.やり直しをせずに「成果」を出す技術者であれ  農耕民族である日本人の多くは,勤勉努力で汗を流して仕事をすることが美徳であり,成果が出なくても日頃の努...


品質工学による技術開発(その9)技術開発で活用される技法

  1.技術開発段階で活用される技法や仕組み 本連載ではこれまで,技術開発のあるべき姿やそのプロセスの全体像,その中で活用されるロバスト...

  1.技術開発段階で活用される技法や仕組み 本連載ではこれまで,技術開発のあるべき姿やそのプロセスの全体像,その中で活用されるロバスト...


「品質工学(タグチメソッド)」の活用事例

もっと見る
TRIZを含む科学的アプローチの推進 ~全社的な開発力向上と事業貢献を目指した取り組み

♦開発期間短縮、課題解決力向上などに成果  今回は2019年に創立100周年を迎え、グローバルカンパニーとして世界シェア70%の消化器内視鏡...

♦開発期間短縮、課題解決力向上などに成果  今回は2019年に創立100周年を迎え、グローバルカンパニーとして世界シェア70%の消化器内視鏡...


科学的手法(TRIZ,QFD,タグチメソッド)の社内展開:オリンパスの事例

 2011年のTRIZシンポジウムでオリンパス株式会社の緒方隆司さんが発表し、参加者投票 「私にとって最もよかった発表」で表彰された、「TRIZを含む科学...

 2011年のTRIZシンポジウムでオリンパス株式会社の緒方隆司さんが発表し、参加者投票 「私にとって最もよかった発表」で表彰された、「TRIZを含む科学...


品質問題を未然防止するタグチメソッドの適用事例 

  1.  タグチメソッド ~ 仕組み以前にコンセプトが理解しにくい  以前3回にわたって「考え方」「機能性評価」「直交表」につい...

  1.  タグチメソッド ~ 仕組み以前にコンセプトが理解しにくい  以前3回にわたって「考え方」「機能性評価」「直交表」につい...