ホーム > 技法解説 > 品質マネジメント > 現場には、非常に多くの勘違い!品質問題における原因究明とは

品質マネジメント」の技法解説記事



現場には、非常に多くの勘違い!品質問題における原因究明とは

1.発生原因究明の意味

 最近、大手・中堅企業の品質管理や品質保証の管理者向けに、品質に関する研修会を開催したところ、多くの方にご参加いただき、改めて品質問題に悩む管理者が多いことを実感しました。実は、品質管理や品質保証に関する勘違いが結構多いものです。例えば社内不良やクレームが発生したら、発生原因の究明を行い、再発防止策を講じることは当たり前ですが、ここに大きな錯覚が潜んでいます。

 ある自動車部品の成形工場で異物混入の不良が発生し、クレームとなってしまいました。さっそく、品質保証課長が中心となり、発生原因の究明にかかりました。しかし、いろいろ調査しても原因を特定ができませんでした。顧客からは「なぜ?」を5回繰り返して真因を突き止める「なぜなぜ5回シート」の提出を要求されているため、結局、それに合わせて「作文」することになったそうです。徹夜して仕上げた「なぜなぜ5回シート」の真因には「材料に問題があった」と書かれました。

 確かに、品質問題が発生したときに、発生原因を究明することは大切でしょう。しかし現実問題として、品質問題を解決するという視点で考えれば、必ずしも発生原因を究明する必要はありません。

2.顧客の心理

 結論から言えば、顧客は発生原因に関心がありません。なぜ問題が発生したのか?ということに興味もなければ、詳細な報告書がほしいわけでもありません。顧客にとって、たとえ徹夜で仕上げたとしても、なぜなぜ5回の発生原因報告書は価値がないのです。もちろん、膨大な報告書を作成してくれたという努力を認めてくれるかもしれませんが、根本的な解決になっていません。

 身近な例を挙げれば、読者であるあなたが車を所有しており、その車が故障したので、修理工場へ故障した車を持っていったとします。車を預けて一週間後、修理が完了したとの連絡を受け、修理工場に車を取りに行きました。修理を担当したメカニックが、今回の故障原因と修理内容をあなたに説明する。そのメカニックは良かれと思って一生懸命説明してくれるが、聞き慣れない専門用語や表現のためほとんど理解できません。

 そもそも、あなたは車の技術的なことについて知識もなければ関心もなく、あなたが車のオーナーとして関心があるのは、「修理した車は安心して乗れるのか」ということだけです。あなたがメカニックから聞いたい言葉は、「ちゃんと修理しましたので問題ありません。安心してご乗車ください」でしょう。
 これと原理は同じです。顧客は、クレームを起こした工場の工程や特質性などの知識もなければ、関心もありません。要は、「今後、二度と不良品を納入しませんので、ご安心ください」という言葉が聞きたいのです。

3.原因より正しい条件

 「正しい製造条件と正しい製造手順でモノをつくれば、生産されるのは良品のみである」これが原因と結果の法則です。つまり不良の原因を究明しなくても、正しい製造条件と製造手順を確立すれば、結果的に不良がなくなるわけです。

 身近な例を挙げるなら、ハンバーグを焼く時に火加減と加熱時間を間違え、ハンバーグを焦がしてしまったとします。焦げた不良品をつくってしまったわけです。この時、焦げた原因を詳細に分析するよりも、ハンバーグの料理レシピを再確認する方が有効ではないでしょうか。レシピ通りに作り直せばよいのです。

 もう一つ例を挙げます。ある製品を100個作って、3つが不良品になったとしましょう。不良率3%ということです。ここで大切なのは、97個の良品ができているという事実です。3つの不良の原因を追究し、不良をゼロにして、100個つくって100個良品になるという考え方もあれば、一方で、97個の良品ができる製造条件と製造手順を明確にして、良品を97個から100個にすることでも、結果的に不良はゼロになるのです。このとき、3つの不良が発生した詳細な原因追及は必要ありません。

 あるグラビア印刷工場では、原料となる薄いフィルムを接着して貼りあわせる工程があり、この時に、「しわ」ができる不良が発生していました。ベテラン工場長いわく、この不良は慢性的に発生しており、このくらいの不良率であれば業界標準レベルですよ、ということでした。過去にいろいろと原因を調査したが、原因を特定することができなかったようです。

 そこで、「しわ」ができてしまう原因追及ではなく、「しわ」ができない製造条件を確立するために実験を行ってもらいました。温度、湿度、速度、タイミング、材質、接着量、ロール機の調整方法など、いろいろな実験を繰り返すことで、「しわ」ができない条件に近づけることができました。これにより、毎月慢性的に発生していた不良による原料ロスを大幅に削減できたのです。
 

4.製造現場改善のために

 製造現場には、非常に多くの勘違いが存在します。やっかいなことに、自分ではそれに気がついていません。間違っているかもしれないという意識を持って、仕事のやり方を検証していけば、きっと大きな進歩が得られるのではないかと思います。現状のやり方、考え方に対して常に、「本当だろうか?」と問いかけること、そして、何事も現場で試してみるという姿勢が大切です。



品質マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!


お金をかけずに、10ヶ月間で、あなたの工場の生産性を25%向上させます!

品質マネジメント」の他の技法解説記事
  • 品質管理の7つの基本

     品質管理の基本として、7つのチェックポイントについて解説します。   1. 多品種少量受注生産工場の品質改善  日本の多くの中小製造業は、「多品種少量、受注加工生産型企業」です。また、ほとんどの企業は、ISO9000に基づいた品質管理体…

  • 4M変化点管理の目的とポイント

     4M変化点管理で重要なキーワードは「異常」「先手管理」「重点項目」「予測できる変化点」「予測できない変化点」です。取引先からの要望で変化点管理を実施しなさいとよく言われることがあります。取引先は一体どのような意図をもって要望を出しているでしょうか…

  • 4M変化点管理と多品種少量生産

     今回は、多品種少量生産工場における4M変動管理(変化点管理)について解説します。多品種少量生産工場では、作る製品が毎日のように変わります。ということは、設備、材料、方法、人の4Mが、毎日のように変化することになります。当然ミスが起きやすくなります…

  • その他の統計手法 その1、箱ひげ図 / Box and Whisker plot

     ヒストグラムは分布形状を知る上で非常に有効なツールですが、形状を形作るにはそれなりのデータ数が必要となります。サンプル数が5~20程度と少ないと歪な分布となる為、形状把握には適さない事があります。 一方で箱ひげ図は分布の詳細情報はヒストグラム…

Closed Q&A
品質マネジメント」の活用事例
  • 完璧な作業標準。でも実際は

    1.事例:中国企業の工場  ものづくりの現場に作業標準または作業手順書は必須です。ないとどうなるかを考えてみれば、必須の理由がおのずとわかります。 ただし、あればよいと言う訳ではありません。きちんとした作業ができるための標準書となっているかが…

  • 静電シートの表裏の使い分けについて

     クリーンルーム内では、静電シートを使うことが多いと思います。静電シートとは、あるメーカーの商品名ですが、かなり普及していますので、今では一般的に使われる呼び名です。静電気を逃がす目的(帯電防止)でビニールシートに黒い網目模様が入ったものです。これ…

  • 現場を意識した品質管理の成果掲示

     品質管理活動のモチベーションと継続性を高める方法の一つは現場への掲示です。改めて現場を意識した品質管理の成果掲示を整理してみましょう。掲示するものは次のような性質のものがあります。         1.管理作業の必要性や有効性の説明    2…

  • 生産スピード向上と品質管理

     電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条件や設備のステータスの確認は、人による目視チェックでした。チェックシートを用いたマニュアル管理…


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら