印刷する

ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > アイデア発想の基本とは

アイデア発想法」の技法解説記事



アイデア発想の基本とは

商品企画の現場でよく用いられる「アイデア発想」ですが、その現場でよく耳にするのは、次のような発言です。

「売れる商品」のアイデアを出しましょう。

「画期的な商品」のアイデアを出しましょう。

「ヒット商品」になるアイデアを出しましょう。

「革新的」なアイデアを出しましょう。

目標としては大事なことですが、 最初のハードルとしては非常に高い要求です。

 

私が新入社員の時、この体験をしました。 上司から、君は若いからアイデアたくさん出るでしょう。 まだ、新人なので固定概念がないからアイデア出るでしょう。 部署を代表を代表として画期的なアイデアを出して下さい。と言われ、考えた上、唸りながら画期的なアイデアを出しました。 そして、企画書にまとめ上司に提出すると、 「この程度?」あまり画期的でない。と言われたのです。

 

まず、アイデア発想の基本として、次の様な基本ポイントがあります。

① アイデアとは既存の要素の新しい組合せ以外の 何ものでもない。 ゼロから生まれるアイデアは存在しない。

② アイデアは企画の素である。 量が質を生む。

 

①については、何かと何かの組み合わせがアイデアになるわけです。

     ○+△→アイデア

例えば、

 ・脂肪燃焼+コーラ→特定保健食品のコーラ

 ・音楽+持ち運ぶ+たくさんの曲→iPod

既存にあるものを組み合わせて新しいアイデアが生まれます。

 

②については、アイデアをたくさん出した中に、 宝となるアイデアがあります。

大なり小なりアイデアをたくさん出す、出し続けることが大切です。

いきなり、売れるアイデア、画期的なアイデアは出ないのです。

アイデアをたくさん出すことによって、 画期的なアイデアが見つかります。

少ないアイデアの中からは宝は見つからないのです。

 

①は○、△など情報を知らないと組み合わせができません。

そのためには、多くの情報を仕入れておくことが必要です。



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な検証(アンケート調査)を行います。企画の方向付けを決める顧客… 続きを読む

アイデア発想法」の質問

ゴードン法 (2016-10-26 08:59:14)
アイデア出しの手法 (2015-11-17 16:04:04)
アイディア発想法について (2012-07-17 17:38:28)

アイデア発想法」の他の技法解説記事

何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その1) (2016-10-24)
アイデア発想:入出法(インプット・アウトプット法) の進め方 (2014-07-18)
創造力を育てる5ヶ条とは (2015-02-04)
創造的な可能性とは (2014-10-10)
何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その3) (2016-10-27)
情報収集の3原則とは (2014-11-20)
アイデア発想法、シネクティクス法の進め方 (2014-07-31)
創造思考、「1人の時」「他の事をしている」と「突然」に! (2014-11-07)
創造的変革はCREATEが条件 (2014-12-08)
強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ! (2014-10-17)

アイデア発想法」の活用事例

発明事例-実験で出たガスの臭いから未知の生成物を直観、合成ゴム発明の物語 (2015-06-10)
偶然を生かしたセレンディピティのひらめき事例2.-列車のブレーキ‐ (2015-09-26)
しつこく繰り返して、発見や発明を生んだ事例1-噴射式復水器、蓄音機- (2015-09-28)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例1-活字印刷、合成ゴム- (2015-10-07)
家族のひと言や行動が刺激になってひらめいた事例2.-電話機 、飛行機 - (2015-09-15)
寝床はひらめきを生むゆりかご (2015-06-23)
ヒット商品をひらめく時-シャープペンシルと芳香剤 (2015-06-01)
連想ゲームで発想した事例 -電池と振り子時計- (2015-07-27)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例2-ナイロン、炭化タングステン- (2015-10-09)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例4 -ベッセマー製鋼法、セルロイド- (2015-10-15)


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)