ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > アイデア発想の基本とは

アイデア発想法」の技法解説記事


アイデア発想の基本とは

商品企画の現場でよく用いられる「アイデア発想」ですが、その現場でよく耳にするのは、次のような発言です。

「売れる商品」のアイデアを出しましょう。

「画期的な商品」のアイデアを出しましょう。

「ヒット商品」になるアイデアを出しましょう。

「革新的」なアイデアを出しましょう。

目標としては大事なことですが、 最初のハードルとしては非常に高い要求です。

 

私が新入社員の時、この体験をしました。 上司から、君は若いからアイデアたくさん出るでしょう。 まだ、新人なので固定概念がないからアイデア出るでしょう。 部署を代表を代表として画期的なアイデアを出して下さい。と言われ、考えた上、唸りながら画期的なアイデアを出しました。 そして、企画書にまとめ上司に提出すると、 「この程度?」あまり画期的でない。と言われたのです。

 

まず、アイデア発想の基本として、次の様な基本ポイントがあります。

① アイデアとは既存の要素の新しい組合せ以外の 何ものでもない。 ゼロから生まれるアイデアは存在しない。

② アイデアは企画の素である。 量が質を生む。

 

①については、何かと何かの組み合わせがアイデアになるわけです。

     ○+△→アイデア

例えば、

 ・脂肪燃焼+コーラ→特定保健食品のコーラ

 ・音楽+持ち運ぶ+たくさんの曲→iPod

既存にあるものを組み合わせて新しいアイデアが生まれます。

 

②については、アイデアをたくさん出した中に、 宝となるアイデアがあります。

大なり小なりアイデアをたくさん出す、出し続けることが大切です。

いきなり、売れるアイデア、画期的なアイデアは出ないのです。

アイデアをたくさん出すことによって、 画期的なアイデアが見つかります。

少ないアイデアの中からは宝は見つからないのです。

 

①は○、△など情報を知らないと組み合わせができません。

そのためには、多くの情報を仕入れておくことが必要です。


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(いしかわ ともお) / 専門家A / 有限会社企画システムコンサルティング

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。
商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な検証(アンケート調査)を行います。企画の方向付けを決める顧客… 続きを読む

ものづくりスマートサーチ


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら